Tom Sennerud (G) – DIEZEL (1995)(日本語)

2ndシングルのタイトル曲”When Sorrow Comes Alive”は、乳児の時逝去したDieselの愛息Dennisに捧げられています。

 

 

 

1.俺達の新譜”WILLPOWER”を完成させた所さ。シングルの”Love Has Got It’s Hold”のプロモーションをTVでやっているよ。もうすぐツアーに出る予定なんだ。
2.一番新しいアルバムは”WILLPOWER”さ。みんながアルバムの曲を気に入ってくれるといいな。好きな曲は、”Love Has Got It’s Hold”、”Dancin'”と”Hangin’ ‘Round The Angels”さ。
3.国や家族や文化にとても心を配る働き者の人達。
4.(ミュージシャンとしては)生活が成り立つ様にプレイする事。(自分自身としては)他人に対して親切である事。

 

 

5.Diesel:激しいドラマーで、働き者で、とても親切な奴。Frode:親切で、いい親父で、魂のこもった歌を歌ういいシンガー。Jon:俺の親友の1人。俺達の中で何事をも管理している奴。Sid:滅茶苦茶いいミュージシャンでいいシンガーでもあるよ。俺の兄弟になれそうな奴なんだ。俺自身:他の奴等と同じ位いい奴になろうとしているんだ。
6.TOTO、LOS LOBOTOMYS、Steve Lukather、MR. MISTER、Michael McDonald、TUBES、Gary Moore等。
7.早く逢えるといいね。

Jon Johannessen (G) – DIEZEL (1995)(日本語)

2ndシングルのタイトル曲”When Sorrow Comes Alive”は、乳児の時逝去したDieselの愛息Dennisに捧げられています。

 

 

 

1.最近は自分自身で、あるいはバンドと一緒にこの夏のギグの為のリハーサルをしているよ。俺は落ち着きが無さ過ぎて休みが取れないんだ。だからどっちつかずでホームスタジオで時間を潰しているのさ。
2.最新アルバムは”WILLPOWER”さ、俺達は、強力な売れ線の曲と伝統的なHRの間の完璧なバランスを発見したと思うよ。好きな曲は、”Love Has Got It’s Hold”、”In The Wilderness”、そして”Hangin’ ‘Round The Angels”さ。
3.強烈な文化、働き者の人々、俺がまさに訪れたい所なんだ!
4.ミュージシャンとしてのゴールは、自分で作り得る最高の曲を書く事と出来る限り学ぶ事さ。俺個人のゴールは、大家族を持つ事の他に、料理番組のホストとして日本でTV番組を持つ事(冗談なんかじゃないよ!)。今こそ西洋の俺達が素晴らしいレシピのお返しをする番さ!

 

 

5.Diesel:正直で、激しいドラマーで、常に何かに忙しい奴さ。俺達のクオリティーを管理しているんだ。Frode:かっこ良くて穏やかで、俺が常に求めていたシンガーなんだ。Tom:まさにミュージシャン。素晴らしいギタリスト、そして素晴らしい友達さ。Sid:素晴らしいミュージシャンで楽しい奴さ。こんな兄弟が居たらいいなぁと思う様な奴なんだ。俺自身:音楽の為に1日25時間生きる男さ。
6.好きなミュージシャンはPat Travers、Ted Nugent、Steve Vai、そしてFrank Zappaさ、好きなバンドは、AEROSMITH、VAN HALENとTHE ROLLING STONESなんだ。俺達のプロデューサーのLeif Johansenは、PHENOMENAや21 GUNSの仕事でも分かる様に常に上位に居るよ。
7.俺達の新譜”WILLPOWER”を楽しんでくれ。出来るだけ早くそっちへ行って君達の為にプレイするよ!

Frode Henriksen (Vo) – DIEZEL (1995)(日本語)

2ndシングルのタイトル曲”When Sorrow Comes Alive”は、乳児の時逝去したDieselの愛息Dennisに捧げられています。

 

 

 

1.俺は次のアルバムの曲作りを始めているよ。バンドとしてはライヴのリハーサルの真っ最中さ。休暇と言う程の時間はないけれど、時には太陽の下でリラックスする様に心掛けているんだ。
2.最新アルバムはDIEZELの”WILLPOWER”さ。強力なメロディーといい歌詞が入っていると思うよ。みんなには俺の歌に注目して欲しいな、ハハ!好きな曲は(この質問は難しいよ、全部素晴らしいからね!)は”When Sorrow Comes Alive”かな。
3.訪れたいと思っているエキサイティングな国。
4.ミュージシャンとしてのゴールは、好きな音楽を出来るだけ作る事かな。俺自身本当に音楽の為に生きている様なものだから、俺自身のゴールも大体同じだろうなぁ。

 

 

5.Diesel:独自のドラム・スタイルを持ったカリスマ的存在。何かに集中すると大抵成し遂げてしまうんだ。凄い奴さ。Jon:俺の知る限りまとめ上手な奴の1人さ。いいソングライターで、素晴らしいギタリストで本当の友達なんだ。Tom:奴は本当にギターの扱いを良く知っている男だ。良い曲を書くし、ユーモアのセンスもある。全体としていい奴さ。Sid:本当にいいミュージシャンさ。マズい気分になったりしないし、いつもいい話を持って来る。居てとても楽しい奴だよ。俺自身:積極的になる様にしているし、まずマズい雰囲気に陥らない。歌う事が好きで、曲を書く努力もしているよ。
6.俺の音楽の好みは幅広いよ。好きなのは、NIGHT RANGER、TOTO、FOREIGNER、VAGABOND、Mr. BIG等幾らでも続けられるよ。強力な曲がある限り好きになっちゃうんだ。
7.俺達のアルバムを買って、聴いて、君の友達にどれだけ素晴らしいかを伝えてくれ。君達みんなに逢えるのを楽しみにしているよ。取り敢えずはさよならさ。

Jon Johannessen (G) – DIEZEL (1996)(日本語)

ノルウェーのワーナー・チャペル・レーベルにて。1996年。

 

 

 

 

S-ROCKの兄弟姉妹達へ。
俺達のバンドDIEZELは2ndアルバムの制作に一生懸命取り組んでいるんだ、この春にはその結果を聴いて貰えるんじゃないかな。
DIEZELの俺達6人から愛を込めて。元気でね。