Trond Øien (G) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

 

1.TINDRUMは俺のガールフレンドさ。究極の居心地だよ!最も大好きな事をずっとやりたかった方法で実現出来ているんだからね。マリリン・モンローとブリジット・バルドーと同時にイイ事をするみたいなものさ!!
2.俺に影響を一番与えたのはEddie Van Halen氏だと思うんだ。彼等の1stアルバムを聴いて以来夢心地なんだ。つまり、彼はギター演奏の全体の考え方を変えてしまったって事さ!一方で、誰かに影響されるというよりも奮起させられる事の方が多いんだよ。ギタリストからだけじゃなくて、彼等が手掛けている何かが並外れて
素晴らしければ誰からだってワクワクさせられるのさ。彼等がミュージシャンである必要なんて全くないよ!ライターでも、画家でも、俳優でも、素晴らしい人格の持ち主ってだけでもいいんだ。そういう事が俺の視野を広げてくれるし、仕事において利益になっていると思うんだ。俺のキャリアの中では、2、3のバンドとしかツアーしたり、演ってきた事がない。でももし俺の心に尋ねるなら、俺のキャリアはTINDRUMを結成した日に始まったんだ!って言えるさ。
3.曲のタイトルのリストは次の通りさ。Drums Of War(1stシングルだよ)、Horoscope、Stranger In Paradise、Midnite Dynamite、Rain、Hello, The World Is Calling、Can’t Get Enough、Miracle Of Love、Keep Runnin’とOnce Bitten, Twice Shyだよ。
俺が誇りに思うデビュー・アルバムに仕上がったんだ。DRUMS OF WARっていうタイトルさ。Svein Dag Haugeのプロデュースで、ノルウェーの首都オスロでレコーディングされたんだよ。ノルウェーでの発売は9月9日に決まってるんだ。
4.あれは完全に運命だったと思うんだ!

 

 

5.7歳の時には既に母さんのEKOのアコースティック・ギターを持って鏡の前でポーズを取ってたのを覚えてるんだ。でも13歳で初めてのエレクトリック・ギターを手に入れる迄は演り始めなかったんだ。古いテープ・レコーダーを回しながらプレイしてて、最高!って思ってんだ。それから15か16になる迄近所の奴等と沢山のバンドで演ってたよ。でも本当に最初のバンドはバンドというより、共通の好みを持つ仲間、って感じだった。確かWILD DOGSとか何とかって呼んでたと思うよ。
6.彼等を公平に評価する言葉なんて見つからなかったよ!彼等は素晴らしいし、大好きなんだ!
俺自身?面と向かって話さない限り自分自身を語るなんてとても難しいよ。でも質問の下の俺の答えは、俺と俺の人生観について多くを語っていると思うよ!
7.山がどれだけ高いかなんて問題じゃないんだ。登らない限り君は頂上には辿り着けないんだ!!夢を諦めるな、その為に戦うんだ、信じるんだ、そして最後には成就するんだよ!

Tove (Vo) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

1.沢山の経験よ…。TINDRUMはいいバンドだし、貴方達の前に立つのが好きなのよ…。
2.MISSLEADっていうHMバンドで歌い始めたわ。かつて影響されたのはJUDAS PRIESTやACCEPT、IRON MAIDENだったけど、他のジャンルのものも聴いているの。勿論今もHMは好きなんだけど、何かを教えてくれる人から何かを学ぶのが好きなのよ。
3.他の誰かが貴方達に話してると思うわ。
4.選んだ訳じゃなかったわ。バンドで歌いたいか尋ねられる迄は歌う事なんて全く分からなかったもの、そして今も挑戦しているの、でも今はTINDRUMだわ。「私、歌えるわ!」って気付いたのよ。

 

 

5.最初のページを見て。
6.Trond、Morten、Sid…何て言えばいいの?みんないい人達よ。私自身もいい人よ、素敵な事が好きなの、例えば高いTVとか速い車とかね。
7.先生になりたかったのよ、そして貴方達みんながノルウェーが好きって事だから、練習の為にノルウェーの文章を贈るわ(方言よ)。”Tæpp ætt dæra så itte smæret rætner”(S-ROCK注:Tove本人に尋ね、この意味は”Close the door so the butter don’t decay”(ドアを閉めておこう、そうすればバターは腐らない)だと確認しました)

DIEZEL (1995) (English)

“WILLPOWER” album released in 1995.

 

Answers for our questionnaire from DIEZEL in 1995 from S-ROCK issue vol. 1 published in 1995. These questionnaire were planned to be in NHRSPG issue vol. 2, NHRSPG became S-ROCK after that.

Scanned files from the issue are online as we don’t find original papers.

 

 

Band members of DIEZEL when they answered our questionnaire in 1995:

Frode Henriksen (Vo)
Jon Johannessen (G)
Tom Sennerud (G)
Sid Ringsby (B)
Diesel Dahl (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Would you describe each member of your band including yourself?
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for NHRSPG. And your autograph, please.

DIEZEL (1995)(日本語)

1995年に発表された唯一のアルバム”WILLPOWER”。

 

 

1995年発行の弊誌S-ROCK vol. 1に掲載された、1995年当時のDIEZELの質問状回答を掲載します。尚、当時NHRSPG vol. 2発行を目指して質問状回答を依頼していた為、設問中にNHRSPGの名前が出ています。NHRSPGは後にS-ROCKとなりました。

原本が見当たらない為、冊子をスキャンしたものを掲載します。

 

 

1995年当時のDIEZELのメンバー:

Frode Henriksen (Vo)
Jon Johannessen (G)
Tom Sennerud (G)
Sid Ringsby (B)
Diesel Dahl (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方自身を含めたバンドのメンバーをどう表現しますか?
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.NHRSPGの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Diesel Dahl (Ds) – DIEZEL (1995)(日本語)

2ndシングルのタイトル曲”When Sorrow Comes Alive”は、乳児の時逝去したDieselの愛息Dennisに捧げられています。

 

 

 

1.ニュー・シングルの”Love Has Got It’s Hold”をプロモーションする為のインタビューを受けているよ。HELLS ANGELSの兄弟たちと1520ccのハーレーに乗ってるしね。
2.アルバム・タイトルは”WILLPOWER”。11の新曲が収録されていて、プロデューサーはPHENOMENAや21 GUNSを手掛けたLeif Johansenが担当したよ。聴いて自分で判断してくれ。
3.エキゾチックで、全ての節目の中で多くを経験してきた国民。そっちへ行きたくて仕方ないんだ!
4.(ミュージシャンとしては)より良いドラマーになる事。新しいバンドDIEZELで素晴らしいコンサートを演る事。

 

 

5.みんな素晴らしい奴等さ!俺もね。
6.ごくメロディックなロックが好きだ。ZEPPELINやQUEEN、John BonhamにDIOだな。
7.ZERO CORPORATIONは、TINDRUMの“COOL, CAML & COLLECTED”を日本で発売した時に、次のアルバムの後に俺達(S-ROCK注:TINDRUMの話です)を日本に呼ぶって言ってたんだぜ。みんなに早く逢えるといいね。TINDRUMはなくなったんだ。長く続くのはDIEZELさ。