Per Fisker (Ds) – ENCORE (1997) (English)

From S-ROCK issue vol. 3 published in 1998.

 

“FREE IN CHAOS” released only in Japan in 1998. In 1997 ENCORE made promo materials called “THE NEW SINGLES” and “ANOTHER 6 SONGS”.

 

 

 

 

 

GRUMPYNATORS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/grumpynators/

Per Fisker (Ds) – ENCORE (1997)(日本語)

1998年に発行されたS-ROCK vol. 3より

 

1998年に日本のみで発売された”FREE IN CHAOS”アルバム。1997年の時点では、プロモ盤の”THE NEW SINGLES”と”ANOTHER 6 SONGS”を発表していました。

 

 

 

1.最近は多くの時間を曲作りに費やしているよ、新譜が出る迄はね。やらなくちゃならない事が沢山あるし、今の所それが俺達の主な関心事だよ。

2.ああ、全部好きさ。このCDは主に欧州、もしくはデンマーク向けに作られたんだけど、Marathon Designは、数十年の終わりに向けて俺達が作った一番わくわくする曲なんじゃないかな。俺はそのスタイルがとても好きなんだけど、音楽業界の人達が全ての曲を1つのまとまったアルバムとして評価してくれる事を祈ってるよ。

3.知っての通り、ENCOREはJACKALじゃないんだ、今は全てが全く新しい。こっちでも誰もENCOREを知らないから、新しい事に対してのパワーと興味は俺達にとってとてもわくわくするものなんだ、それにデンマークのシーンは、あらゆる異なったスタイルやバンドにとても開放的だと思うんだ。だから前向きになれるんだ、以前JACKALに居た時にはなかった事だよ。

 

 

4.まずBennyから始めようか。20年以上彼を知っているから、一番評価し辛いな、ハハハ…。Bennyは公平でまっすぐな人間さ、君が彼と2ヶ月付き合いがあれば、彼を完全に理解している事になるね。
Carstenはあらゆる意味でとてもパワフルな男さ。作曲の仕方から歌い方からね。誰にとってもいい友達で、自分が何を求めているか分かっている男でもある。
Jesperは俺達の中で一番若いから、とても開放的な奴だよ、いつも笑っていて、凄いベーシストだ。
えーっと、俺?他の奴等が俺について何を書いているのか読むのが待ち切れないな…まあ俺はいい奴だよ。

5.ライヴをやって、新曲を作り、新譜を宣伝して、沢山楽しんで、旅をして、幾らか稼いで、音楽業界にまつわる事全てさ。でも俺達はまだライヴをやっていないんだ、だからデンマークの小規模な会場を全て回るんじゃないかな、楽しむ為と経験の為にね。

6.日本のファンを沢山獲得できることを祈ってるよ、JACKALのファンが俺達にとってどれだけ大切な存在だったか、そして今でも大切な存在かを知っているからね。日本でファンを獲得すれば、彼等はいい時も悪い時もバンドと共に居てくれる、それは俺の心を動かすものなんだ。みんなありがとう…。

 

 

GRUMPYNATORS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/grumpynators/

Benny Petersen – ENCORE (1997)(日本語)

1998年に発行されたS-ROCK vol. 3より

 

1998年に日本のみで発売された”FREE IN CHAOS”アルバム。1997年の時点では、プロモ盤の”THE NEW SINGLES”と”ANOTHER 6 SONGS”を発表していました。

 

 

 

1.それぞれが新曲を書いていて、俺は新しいギターを調整している所さ。生活の為に音楽以外の仕事もしているんだ。JACKALが分裂して以来色んな事を考えたよ。10年も一緒に演ってきたんだから、あんな風に終わらせるのは楽な事じゃなかったんだ。俺の一部はまだ沢山のギター・サウンド、HMリフ、爆発的なギター・ソロを求めている。でも欧州の今の状況は異なっていて、ENCOREも違うものだ。以前の様なハードさはなく、ギターが華々しい訳でもなく、Voを主体とした作りになっているのさ。軽い感じでフワフワとしていて、きっともっとコマーシャルなんだ。君たちがどう思うかを聞くのが楽しみだよ?!

2.バンドがよくまとまっていい仕事をしているのに注目して欲しいね。誰かが、この作品をJACKALの”VAGUE VISIONS”のプロデューサーの手によるものだと気付くかも知れないな。とてもメロディックで一貫性があるのさ。新鮮で、今の音楽シーンに合っていると思うよ。
個人的には、”Ginger And Lime”、”500 People”と”Marathon Design”が気に入っているんだ。”Marathon Design”を聴くと体を動かしたくなるんだ。この曲は躍動的だよ!

3.デンマークのシーンは完全にイギリスの流行に飲み込まれていると思う。すっかりUK風だ。パンクの雰囲気に育まれたいい加減でけばけばしいギターの音!かっこ良くて綺麗な音の何が悪い?!
日本あるいは他の国と同じ様にデンマークでENCOREを続けるのに一番大事な事は、ファンの反応だ!!反応やフィードバックがなければ続けていくのは困難なんだ。エンジンに燃料が全くないのと同じ事だからね!だからENCOREをどう思うのか教えてくれ!!

 

 

4.Per Fiskerは最近彼の髪の2/3を切ってしまったよ、彼が今の音楽シーンをどう思っているかはっきり表しているよね。ドラムについてはシンプルで更にブルーヴを増している!Jesper Bangはとても若いベーシストで、レッチリ・タイプで、もう伸びてこないんじゃないかと思う位髪が短いけど、それが彼によく似合ってるんだ。彼は、ここやあそこにちょっとしたリフやエキサイティングなものを入れてベース・パートを複雑なものにしようといつもあれこれ試している。Carstenの事は長い間知っているよ。いい奴で反逆者さ。一言で言うなら「自由」って事かな!いい声を持っていて、シンガーとして彼をとても尊敬しているんだ。彼は自分の理論にとても精通しているから、自分が何をしているかを的確に把握しているよ。とても正確に歌っているんだ。俺は髪を切らなかったんだ、だってR&Rと長髪はいつも共にあるじゃないか!今俺は少し静かにしていて、音楽の方向性の転換を見守り、その中で仕事をしているのさ。

5.将来の計画は、日本と欧州でCDを発売する事だね。ラジオでのO.A.があっていい反応が得られて、ライヴをやれればいいなと思ってるよ!
新曲を既に手掛けている所で、更にレコーディングする為にスタジオ入りする事になるだろうからね!

6.ENCOREを、新鮮で新しくて感情を揺さぶる様なバンドを温かく迎えて欲しいな。曲の幾つかが君達の心をとらえて、一緒に歌って貰える事を本当に祈ってるんだ。
1994年のクリスマスにJACKALと共に日本へ行って、忘れられない経験と挑戦が出来た事に本当に感謝しているんだ。どうもありがとう。ENCOREにも同じ事が起こるといいな、あの世界一の観衆が恋しいんだ。ドウイタシマシテ…みんなに早く逢えます様に!ベニー・ペターセン

JACKAL (1995) (English)

The latest album in 1995 was “A SAFE LOOK IN MIRRORS” released in 1994.

 

 

Answers for our questionnaire from JACKAL in 1995 from S-ROCK issue vol. 1 published in 1995.  Søren Hee Johansen left the band before we asked questionnaire.

Scanned files from the issue are online as we don’t find original papers.

 

 

Band members of JACKAL when they answered our questionnaire in 1995:

Brian Rich (Vo)
Benny Petersen (G)
Jesper Bang (B) (He was for JACKAL just for weeks)
Per Fisker (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Let us know your music career and what kind of music you used to play.
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for S-ROCK. And your autograph, please.

JACKAL (1995)(日本語)

1995年当時の新譜で1994年発売の”A SAFE LOOK IN MIRRORS”アルバム。

 

 

弊誌S-ROCK vol. 1 (1995年発行)に掲載された質問状回答を掲載します。質問状回答の原本が見つからない為、冊子をスキャンしたファイルを掲載します。質問状を依頼する前にSøren Hee Johansenは脱退した為、彼の回答は冊子にも掲載されていません。

 

 

1995年回答当時のJACKALのメンバー:

Brian Rich (Vo)
Benny Petersen (G)
Jesper Bang (B) (彼の在籍は数週間だけだったそうです)
Per Fisker (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Per Fisker (Ds) – JACKAL (1995)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 1(1995年発行)より

 

1995年当時の新譜は、1994年に発売された”A SAFE LOOK IN MIRRORS”でした。

 

 

 

1.今は、次のアルバムの曲を完成させるのを始める前にちょっとした中休みを取っているんだ。

2.俺の考えるエネルギーは、俺達の音楽の大きな要素なんだ。メロディックであるという事もとても重要なんだよ。好きな曲は”Taken Away”さ。

3.偉大さ、歴史、美、そして酒の入った熱いどんぶり。

4.ミュージシャンとしてのゴールは、素晴らしい曲を作る事と、俺が音楽を聴く時に得るのと同じものを人々に与える事が出来る様になる事。自分自身としては、沢山の旅をして意味のある人生を送る事だけど、勿論子供の居る家庭も欲しいな。

 

 

5.これ迄に3枚のアルバムを発表しているんだ。1990年の”RISE”、1993年の”VAGUE VISIONS”、1994年の”A SAFE LOOK IN MIRRORS”だ。この8年間はJACKALでドラムを叩いてきた。これが俺がしてきた事さ。

6.好きなミュージシャンやバンドは沢山あるし、好きな音楽は両方の方向にある。WET WET WETからMEGADETH迄好きだから、好きなバンドは沢山なのさ。

7.ロックし続けてくれ、自分自身に誠実であって欲しい。両親を尊敬して、飲み過ぎるなよ。