SPEEDY GONZALES – Interview with Thomas Vikström (Vo) (2005) (English)

 

*The legendary band comes back*
The legendary band SPEEDY GONZALES which left a demo tape with 8 tracks and “disappeared” finally comes back! The singer Thomas Vikström and guitar player Tommy Denander who both ever work for many bands and projects, they have Marcel Jacob (B) and Daniel Flores (Ds) this time and recorded previous songs again,
added some new songs. Their album “ELECTRIC STALKER” was out in Japan from GENCROSS/ATTIC ARCADE on the 23rd of November 2005. In Europe it’ll be out from AOR HEAVEN in January 2006.

This time we had an interview with Thomas Vikström through MSN Messenger.

 

S-ROCK: How did the band start?

Thomas V: Okey…It started right after TALK OF THE TOWN splitted. Me and my old friend Tommy Denander started to write songs together and it went of so well so we said: Let’s start a band!! We later on had Mats “Dalton” Dahlberg on the drums, Thomas Ahlstrand keyboards and Staffan Linder on the bass. So most of the songs on the album were written back then!

S-ROCK: According to GENCROSS, The band name “SPEEDY GONZALES” came from a Warner Bros. cartoon. Who brought the idea?

Thomas V: Ha ha good question…At that time Tommy was a little bit chubby and over weight and he’s not so tall. We putted a mexican poncho on him and he looked exactly like Speedy Gonzales!! I like the name!! I remember he came up with it when he looked in the mirror!

S-ROCK: The band stopped activities in 1992, it’s just because you joined CANDLEMASS?

Thomas V: No! We did not get along too well at that time. There were a lot of personal problems in speedy at that time unfortunately! So I got tired of it and when CANDLEMASS asked me to join I jumped aboard at once!! But today we are grown up men!! Well…a little bit!!

S-ROCK: How do you describe each song from the album?

Thomas V: Desires Of The Flesh: One of the new tracks. It’s a straight forward heavy metal song. It’s about those sick people in Austria. One of the guys announced after a guy who had a desire to be eaten up alive. And he got an answer, they met and ate him bit for bit until he died. The story is true happened last year I think! There is a lot of twistwed minds out there.

Dominator: Fast and agressive with a lot of inspiration from RAINBOW’s “Spotlight kid”. Wrote the lyrics together with Anders Tegner. It’s About a Bombplane (WWII) named The Dominator and it’s pilot. One of my favourites!!

Men With Medals: A Theatrical ballad. Originally called The Death Row. Anders Tegner Changed it to Men With Medals. Because of the war in Iraq that was goin’ on back then.

Spit In The Hand That Feeds You: A song that is new. A lot of old TALISMAN sound in it I think. It’s about my ex-wife who constantly asked for things and money while she was notoriously unfaithful behind my back!! A lot of anger in that one! Even if it’s very commercial and melodic song! You can spit in the hand that feeds you..that is what she did!

S-ROCK: Sorry to hear what happened to you.

Thomas V: Yes, but it’s over now.

Lust And Desire: A fast typically eightes song with a very eighties lyric…A good live song!

Elecric Stalker: A new track which I wanted to sing in falsetto style because it’s so fun and suited the song well. It’s about that feeling you can have sometimes that something or someone watching you but nothing is there. I like it!!

Make Love In Red: Is about a lady I once met (way back) That had worked for the old KGB in Russia……Very childish lyrics, but we were childish at this time and the eighties and the early ninetees was like this! But… Even though i’m older today I’m still a little childish …Good punchy chorus!!

Free Like An Eagle: Well the song speaks for itself. Re-recorded TALK OF THE TOWN song. I wanted to try to sing it the way I sang back then! Not as easy as I thought!

 

In Stockholm, June 2005.

S-ROCK: Really? You did a very good job for the song.

Thomas V: Thank you!!!!

Shock The Nation: *laughing* I remember Tommy came up with that riff and we started to write. And the song just never ended…A typical album track!!

Flash Of The Blade: A very cool song in my opinion. The riff Tommy came up with is a killer! Originally we had rap in the verse parts. But it sounded very crappy so I went into the studio now and just improvised around the words. I like the lyrics!!

Do You Know Where The Kids Go: A song that has been around like forever. We did it with TALK OF THE TOWN but we changed the title to “Is It All That You’re Good For”, But we took the original lyrics back. It’s about look after your children and take care about them!!

Trial By Fire: A song that I had a hard time to write melody and lyrics around. and I like easy work so this is the poorest song on the album in my opinion. But it’s not bad!

S-ROCK: Any plan to do some gigs with the band? And any future plans?

Thomas V: Yes!!! We really want to do gigs everyone of us! It’s only about if someone asks us!! We will be there!!

S-ROCK: You should come to Japan as well.

Thomas V: I am soon the only one in this business that hasn’t been to Japan! I would love it!! But I know I have people over there that like my work!

S-ROCK: How do you describe other members in the band?

Thomas V: Okay!!

Tommy Denander: A guy I can sit and laugh together with on the phone for hours (And I’m not a phone guy) And the most talented guitar player I ever met. A great songwriter also. And a very good keyboard player!! A guy with a BIG heart!!!

Marcel Jacob: I was touring with him in Talisman. I had a lot of respect for him back then and I still have!! But I’m not afraid of him anymore…His bass ability is magic. And he is my opposite: “Think first then do”. I am more of “Do first then think”. Opposites attract and we are a good combination. A very good friend!

Our little drummer boy Daniel Flores: A great guy and a great drummer with roots in Chile, South America. Very easy to work with, very humble guy that will stand up for his friends whatever happens!! He is also the one in the band that every girl wanna go after!! (he is not free sorry!) It’s time for me to leave the crown to someone else!!!

S-ROCK: And yourself?

Thomas V: Okay!!! Its very hard to describe myself, but I give it a try. I love to sing that’s why I’m still doin it. I started to play the drums but I got to little attention. I’m a very kind guy that cries when I see E.T for example or the LION KING.. I’m always stressed on my way somewhere. I’m always late(but I’m working on it) According to the stress I forget stuff all the time. My friends and Particularely my girlfriend think I’m disorganized. Probably true!! I’m almost never angry, Live together with a girl and her two daghters an my kids and two dogs so….PLEASE BUY THE RECORD!!! I NEED THE MONEY….

S-ROCK: A question about yourself. What are you doing these days? We’re looking forward to your 2nd solo album!

Thomas V: As you know I sing a lot of other stuff that is far from rock and heavy metal. I’m doing a lot of Christmas shows these days. I still writing on my solo album. Like I said before I’m never in time, but I will show up. And the album will be out!!!

S-ROCK: Would you give a message to your fans?

Thomas V: Please please let me come to Japan once!!! I have heard so much about you!! And I will sing for hours for you!!!!! I love you all!! Yours, Thomas V

 

 

(Discography)

ELECTRIC STALKER
Japan: GENCROSS/ATTIC ARCADE, November, 2005
Europe: METAL HEAVEN, January 2006

SPEEDY GONZALES – interview with Thomas Vikström (Vo) (2005)(日本語)

 

*幻のバンドが遂に復活*

8曲のデモテープを残して短期間で「消滅」した幻のバンドSPEEDY GONZALESが遂に復活!様々なバンドやプロジェクトで活躍する Thomas Vikström (Vo) とTommy Denander (G) を中心に、新たにMarcel Jacob(B)とDaniel Flores(Ds)を迎えて、かつての作品を新たに録音、更に新曲を加えた12曲を収録した”ELECTRIC STALKER”アルバムを2005年11月23日にGENCROSS/ATTIC ARCADEさんから先行発売(欧州はAOR HEAVENより2006年1月発売予定)。

今回はThomas Vikström (Vo)とのMSNメッセンジャーを介したインタビューをお届けします。

 

 

S-ROCK: どの様にしてバンドが始まったのでしょうか?

Thomas V: OK…TALK OF THE TOWNが解散した直後の事だったよ。俺と、古い友達のTommy Denanderは一緒に曲作りを始めて、とても上手く行ったから「じゃあバンドを始めようか?!」という事になったんだよ。その後ドラムにMats “Dalton” Dahlbergを、キーボードにThomas Ahlstrandを、そしてベースにStaffan Linderを迎えたんだ。殆どの曲はその当時に書かれたものだよ。

S-ROCK: GENCROSS/ATTIC ARCADEさんによれば、SPEEDY GONZALESというバンド名はワーナー・ブラザーズの漫画から取ったものだそうですが、誰が持ち込んだアイディアだったのですか?

Thomas V: ははは、いい質問だね。あの当時Tommyはちょっと太り気味で、背が余り高くないだろ。メキシコのポンチョを着せてみたらまるでSpeedy Gonzalesみたいだったんだ!この名前が気に入っているのさ。彼がその姿で鏡を見た時の事を今でも覚えているよ。

S-ROCK: バンドは1992年に活動休止しています。それは貴方がCANDLEMASSに加入したからなのでしょうか?

Thomas V: 違うよ!あの頃は上手くやっていく事が出来なかっただけさ。当時不幸にもバンド内には個人的な事情が山積みだったんだ。それに嫌気がさしていた時にCANDLEMASSから誘われたんで、飛び乗ったって訳さ!でも今は俺達みんな大人になったから…うーん、ちょっとだけ、だけどね!

S-ROCK: アルバムのそれぞれの曲を説明して下さい。

Thomas V: Desires Of The Flesh: 新曲の中の1曲だよ。まっすぐなHMソングだね。オーストリアに居る狂った人達について書いているんだ。生きながらにして食べられる事を望んでいた男が広告を出したら応募があり、彼等は出会って男が死ぬ迄彼をもう一人の男が「食べた」という話だ。去年実際に起こった話だと記憶しているよ。ねじ曲がった心の持ち主はそこら中に居る。

Dominator: RAINBOWの”Spotlight Kid”に多大なインスピレーションを得た疾走感のある曲だね。Anders Tegnerと一緒に歌詞を書いたんだ。第二次世界大戦で使われたThe Dominatorという名の爆撃機とそのパイロットについての曲さ。好きな曲の1つだよ!

Men With Medals: 劇的なバラード。元々はThe Death Rowというタイトルだったけれど、Anders TengerがMen With Medalsと改名したんだ。イラク戦争があの当時続いていたからね。

Spit In The Hand That Feeds You: これも新曲だ。TALISMANの昔の曲の要素が詰まっていると思うよ。陰で不誠実の限りを尽くしながら、物質的、金銭的要求が絶えなかった俺の前妻について書いている。腹立たしい限りだよ!曲はとてもコマーシャルでメロディックな仕上がりなんだけどね。自分を養ってくれる人物の手につばを吐き掛ける、それが彼女がした事さ!

S-ROCK: お気の毒な事です。

Thomas V: ああ、でももう終わったんだ。

Lust And Desire: いかにも80年代的な歌詞のついた、典型的な速い80年代風の曲さ。ライヴにもってこいだね!

Elecric Stalker: ファルセットで歌いたかった新曲なんだ、面白いし、曲にも良く合っていると思うから。実際には何もなく、誰も居ないのに、何か、あるいは誰かに見張られているんじゃないかと時々感じる気持ちについての曲さ。これも好きな1曲だね!

Make Love In Red: 昔俺が出会った女性についての曲。彼女はかつてのロシアのKGBに勤務していたんだ。とても子供じみた歌詞だけど、あの頃自分達は子供で、80年代と90年代初めはあんな風だったんだ!でも…今俺は年を重ねたけれど、やっぱりまだちょっと子供じみてるんだよね…パンチの効いたコーラスだよ!

Free Like An Eagle: 曲自身が語っているよね。TALK OF THE TOWNの曲を再録したものさ。かつて自分が歌っていた様に歌いたかったんだ!でも思っていた程楽な事じゃなかったよ!

 

ストックホルムにて。2005年6月

 

S-ROCK: 本当ですか?とても上手くいったと思いますよ?

Thomas V: ありがとう!

Shock The Nation: Tommyがリフを持ち込んで、一緒に曲を作った時の事を覚えている、曲が終わらなかったんだよ。典型的なアルバムの曲だね!

Flash Of The Blade: とても格好いい曲だと思うよ。Tommyが持ち込んだリフは凄いぜ!元々はヴァースにラップを導入したんだ。でも安っぽかったから、スタジオに入って歌詞を即興したのさ。気に入っているよ!

Do You Know Where The Kids Go: ずっと残って来た曲さ。TALK OF THE TOWNでやった時はタイトルを”Is ItAll That You’re Good For”に変えたけれど、元の歌詞に
戻したんだ。子供達を世話する事についての曲だよ!

Trial By Fire: メロディーと歌詞を書くのに苦労した曲さ。ささっと出来るのが好きだから、これはアルバムの中で一番弱い曲じゃないかと思うんだ、でも悪くはないよ!

S-ROCK: SPEEDY GONZALESでライヴを行なう予定は?今後のバンドの予定は?

Thomas V: ああ!バンドのメンバーみんながライヴをやりたがっているよ!誰かがオファーしてくれさえすれば、やるさ!

S-ROCK: 日本にも来て下さい。

Thomas V: その内俺が唯一「この業界で日本へ行った事がない奴」になっちまうな。行きたいよ。俺の仕事が好きな人達が日本に居るのは知ってるんだ!

S-ROCK: メンバーそれぞれをどう表現しますか?

Thomas V: OK!

Tommy Denander: 何時間でも座って電話で笑い合える間柄の男(俺は電話魔じゃないよ)。これ迄逢った中で一番才能あるギタリスト。素晴らしい作曲家でもあるし、上手いキーボード・プレイヤーでもあるよ。広い心の持ち主さ!

Marcel Jacob: 彼とはTALISMANの時一緒にツアーした事があるよ。昔からずっと尊敬している人物さ。でも、もう俺は彼の事を恐れないよ…彼のベースの才能は魔法の様さ。彼は俺とは正反対で「まず考え、それから行動する」タイプなのさ。俺はむしろ「まずやってみて、それから考える」タイプだからね。正反対同士が惹かれ合い、いい関係を築いている。とてもいい友達さ!

俺達の若いドラマーDaniel Flores: 素晴らしい男で、南米チリにルーツを持つ素晴らしいドラマーさ。何が起こっても友達の為なら立ち上がる、とても慎ましい男なんだ!彼は、全ての女の子がついて行きたがる男でもあるね(残念ながら予約済みなんだ)!そろそろこの称号を他の奴に譲る時が俺にも来たみたいだね!

S-ROCK: 貴方自身はどうですか?

Thomas V: OK!自分自身を描写するのはとても難しいけど、やってみるよ。歌うのが好きだから、今でも続けているよ。最初はドラムから始めたものの、余り惹かれなかったな。例えばE.T.やライオンキングを観て泣いてしまう様な優しい男でもある。何処かへ行く途中でいつもいらいらしてしまう。遅刻常習犯さ(でも努力はしているんだよ)。そのストレスのお陰で常に何かを忘れてしまうよ。友達や、特にGFは俺が混乱していると思っているみたいだ。多分当たってるね!まず怒る事はないんだ、GFと彼女の2人の娘達と、自分の子供と犬2匹と暮らしているから…お願いだからCDを買ってくれよ、売り上げが必要なんだ…。

S-ROCK: 貴方自身についての質問です。最近は何をしていますか?ソロ2ndアルバムを楽しみにしているんです!

Thomas V: 知っての通り、俺はロックやHMとは程遠い作品を多く歌っているんだ。最近はクリスマス・ショーを多くやっているよ。ソロ用の曲をまだ書いているのさ。前に言った通り俺は絶対に「間に合わない」男だからね、でも現れるよ。アルバムは発売されるさ!

S-ROCK: 貴方のファンにメッセージをお願いします。

Thomas V: 一度日本へ呼んでくれよ!色々君達の事は聞いているんだ!君達の為なら何時間だって歌うからさ!みんな大好きだよ!

 

 

(Discography)

ELECTRIC STALKER
日本: GENCROSS/ATTIC ARCADEより2005年11月23日発売
欧州: METAL HEAVENより2006年1月に発売予定

Patril Tibell – T’BELL (2005)(日本語)

 

タイ料理を食べながらRoger達と自宅の庭でくつろいでいるよ。今は夜の9時でまだ暖かいんだ(20℃位かな)。
日本にはまだ俺達のファンが居るんだってね、凄い事だよ。もう誰も覚えてないと思ってたんだ、CDを出してからもう5年も経ってしまったからね。時はとても速く流れて、俺はプロデューサー兼エンジニアとして働いているから、沢山曲を書く暇がないんだ。次のアルバムを作れればいいけど、いつになるか分からないな。時間が取れるといいなと思っているよ。
楽しい1日を。
Patrik Tibell (T’BELL)

 

 

プロデューサー兼エンジニアとして多忙な日々を送るPatrik。余りの多忙さ故T’BELLの次作にかける時間が全く取れず、5年の年月が流れてしまいました。現在彼等は何らかの形で作品を発表すべく、新曲のレコーディングを計画しています。PatrikとRogerはスウェーデンのアイドル発掘プロジェクトFAME FACTORYに携わっています。

Thomas Vikström – STORMWIND (2005) (English)

 

 

 

Thomas Vikström has been working so hard on tour during the break of this STORMWIND break. He’s also working for his awaited 2nd album, SPEEDY GONZALES and as a backing/guest singer for many bands. The 2nd solo album was expected this summer, he should work more for it and the release date is not yet confirmed.

Dag Ingebrigtsen (Vo) (2005)(日本語)

 

俺の日本のファンに愛を込めて!!!
今Dieselの誕生日パーティーに出席していて、楽しくやってるよ。
新譜に全力と愛を込めて取り組んでいるんだ。2005年の11月に発売出来たらいいなと思っているんだけど、きっと2006年の春になるだろうな。
良ければみんなにデモテープを送るぜ。
君達の為に俺を輝かせてくれ。
Dag

 

 

共通の友達がありながらこれ迄逢うチャンスがなかったDag Ingebrigtsen。ノルウェーでは大スターでありながら気さくなおじさんでした。現在ソロアルバムの製作中で、何曲か試聴させて頂きました。やはりこの方にはAOR系を歌って頂きたいと思います。

 

DAG INGEBRIGTSEN OFFICIAL WEBSITE
http://www.dagingebrigtsen.no/

STAGE DOLLS (2005)(日本語)

 

日本のファンのみんなへ
応援ありがとう!
STAGE DOLLS
Torstein Flakne, Terje Storli, Morten Skogstad

 

 

Torstein Flakne (Vo&G)

 

Terje Storli (B)

 

メッセージを書いてくれたのはTorstein(Vo&G)です。Morten Skogstad(Ds)…日本のファンには元TNTのKenneth Odiinと言った方が分かるでしょうね…も居ましたが、とてもお疲れのご様子で写真撮影をお願い出来ませんでした。

WIG WAM – Live at EUROPRIDE, Rådhusplassen, Oslo – June 22nd, 2005(日本語)

 

開演前の一コマ。Sportyさんはすかさず気付いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の私のベスト・ショットはこの写真。

 

 

これも自分自身気に入っています。