Enter for your chance to win (for the 20th anniversary)

For the 20th anniversary (last year, 2019) S-ROCK will give a material related to Scandinavian aritsts and bands to each winner who visits our site. You may use your online nickname and free e-mail address (Gmail for example) for your entry. We’ll ask your real name and postal address ONLY when you win.

1. An autographed poster of TNT members on Japan Tour 2014 (1 winner)

No photo as it’s not easy to take a photo of an entire poster. The same one as what we gave before. We’ll put the poster into a cylinder poster tube to prevent from getting bent when we ship.

 

2.  A guitar pick from 90’s (right on the photo, 1 winner) and from 2014 (left on the photo, 1 winner) of Ronni Le Tekrø (TNT).

 

3. An autographed photo card of WIG WAM from 2005 (1 winner)

The same one as what we gave before.  Time flies…..

 

4. An autographed flyer of Japan Tour 2007 of WIG WAM (1 winner)

The same one as what we gave before. Since they announced their reunion last year, we’re expecting their Japan Tour 🙂

 

5. An autographed EP of Erika – “Heavenly” (1 winner)

A Swedish single out in 1991. The same one as what we gave before.

 

6. An EP of GLORY – “This Is The Love” (1 winner)

A Swedish single out in 1989.

 

7. An EP of TALK OF THE TOWN – “Feel My Heartbeat/Sing To The World” (1 winner)

A Swedish single out in 1988.

 

8. A Norwegian CD of STAGE DOLLS – “STORIES WE COULD TELL 1983-1993” (1 winner)

The best album out in 1993. The Japanese edition was out (almost) without promotion…..

 

9. A Norwegian CD of MB Normann(Mai Britt Normann)  – “FULL OF LIGHT” (1 winner)

The album of MB (Mai Britt) Normann who used to release a Japanese CD, out in 2000. Ronni, Morty Black (Skaget), Steinar Krogstad, Dag Stokke etc. played for this album.

 

 

10 winners will receive a present. We hope you’ll find every stuff above is in secondhand condition. There would be slight scratches on CD/record, damages on sleeves/jackets/poster/flyers/guitar picks.

 

 

(How to send your entry)

Send your e-mail from our mailform. The mail title should be “Entry for the 20th anniversary present”.

1. Your online nickname for “Your Name” (you may write down your real name though, a nickname would be better for your entry)

2. Your e-mail address for “E-mail Address” (a new free mail address like Gmail just for this entry would be better)

Write your answers to our questions below for “Message”

3. A material name which you want (you can choose 3 materials, you may win 1 though)

4. Your favorite artists / bands from Scandinavia

5. Your messages to S-ROCK

 

We’ll ask your real name and postal address ONLY when you win.  We’ll ship you a package by postal service. Your information will be used ONLY to choose a winner and to ship the material.  You don’t have to pay postage. We’ll pack your material as well as we can to prevent from getting bent or damaged.

Your entry should be sent to us before 23:59 (JST) on the 31st of March, 2020. We’re looking forward to your entry!

サイト開設20周年記念プレゼント

昨年から続けた20周年企画の締めとして、サイトご来訪者の皆様にプレゼントをご用意させて頂きました。ハンドルネームとフリーメールアドレスのみでご応募可能、発送先ご住所とご本名は当選時のみお伺い致します。

 

 

1.TNTメンバー直筆サイン入り2014年来日告知ポスター(1名様)

ポスターの撮影は難しい為、画像はございません。以前のプレゼント企画でお出ししたものと同一です。折らずに筒に入れて発送します。

 

2.Ronni Le Tekrøギターピック 90年代のもの(画像右、1名様)、2014年来日のもの(画像左、1名様)

2014年のものは以前お出ししたものと同一です。

 

3.WIG WAM直筆サイン入りフォトカード(2005年時、1名様)

以前のプレゼント企画でお出ししたものと同一です。もう15年も経つとは感慨深いです。

 

4.WIG WAM直筆サイン入りチラシ(2007年来日時、1名様)

以前のプレゼント企画でお出ししたものと同一です。昨年末の再結成発表で来日への期待が高まります。

 

5.Erikaサイン入り”Heavenly” EP (1名様)

1991年発表のスウェーデン盤シングル。以前のプレゼント企画でお出ししたものと同一です。

 

6.GLORY “This Is The Love” EP(1名様)

1989年発表のスウェーデン盤シングル。

 

7.TALK OF THE TOWN “Feel My Heartbeat/Sing To The World” スウェーデン盤EP(1名様)

1988年発表のスウェーデン盤シングル。

 

8.STAGE DOLLS “STORIES WE COULD TELL 1983-1993″ノルウェー盤CD(1名様)

1993年発表のベスト盤。日本盤はノー・プロモーション状態で発売されてましたね…。

 

9.MB Normann(Mai Britt Normann) “FULL OF LIGHT”ノルウェー盤CD(1名様)

かつて日本盤も出していたMB (Mai Britt) Normannの2000年の作品。Ronni、Morty Black (Morten Skaget)、Steinar Krogstad、Dag Stokkeが参加しました。

 

 

計10名様にプレゼントさせて頂きます。尚、プレゼント品は全て「中古品同等」とお考え下されば幸いです。レコードやCDにはジャケットのスレや痛み、盤の細かい傷等、ポスターやチラシ、ピックには運搬・輸送時に付いた小さな傷や折り目が付いている場合がございます。ご理解頂ける方のみご応募頂ければ幸いです。

 

 

(応募方法)

弊サイトのメールフォームで以下の項目を送信して下さい。タイトル欄に「20周年プレゼント応募」とご記入お願い申し上げます。

1.「お名前」の欄にハンドルネーム(ご本名でも構いませんが、応募時はハンドルネームを推奨致します)

2.「メールアドレス」の欄にメールアドレス(応募用に新規に取得した「捨てアド」で構いません)

以下「メッセージ」の欄にご記入をお願いします。

3.希望賞品(第3希望迄記入可能)

4.お好きな北欧アーティスト、バンド

5.弊サイトへのメッセージ(ご感想、ご意見、ご要望等。尚、頂いたご意見やご要望は今後のサイト運営の参考とさせて頂きます)

 

 

厳選な抽選の上、ご当選者様にはご本名と発送先ご住所をお伺い致します。プレゼントは郵便(通常郵便やゆうパック等発送方法は弊サイトにお任せ頂きます)で発送し、送料等は弊サイト負担とします。出来るだけプレゼントに傷や折り目が付かない様梱包致します。ご応募時のハンドルネーム、メールアドレス、ご当選時に伺うお名前、ご住所はプレゼントに関わる連絡・発送のみに使用し、適切に管理するものとします。

ご応募の締め切りは2020年03月31日(火曜日)の23時59分とさせて頂きます。沢山のご応募をお待ち申し上げております。

Erika – E-mail Interview (2019) (English)

 

S-ROCK: Last time when we met in Stockholm in 2001, you told you worked as a journalist. And in 2016 you released the album “DEAF, DUMB & BLONDE”. What did you do during these 15 years?

Erika: I have been working w/ my podcast ROCK BÖTTOM (www.acast.com/rockbottom) where I interview international rock stars.
Also, I took a lot of time off to be w/ my three children when they were young.
Now they are grown up, we hang out a lot when I have time off but I can start touring again. I just did a few festivals etc last year on the heel of my last album “DEAF, DUMB & BLONDE”, which was released 2016 on an English label.
2019 has been all about writing, recording, mixing and doing the podcast. Also squeezing in some kind of quality time w/ my boyfriend when he’s not touring. Which he is on average 150 days of the year…

S-ROCK: Back to late 90’s, you released “PLANET X”, “RIPE” and “SUPER TRAX”. “RIPE” was out only in Japan from
D:POP RECORDS, and “SUPER TRAX” was out only in Japan as well from TSUTAYA RECORDS (are they what D:POP changed their name or sold their company to TSUTAYA?). Why did those 2 albums got released only in Japan? MUSIC ON LINE RECORDS ever released several materials besides yours and seemed to be closed…..

Erika: This was a sign of the times in Sweden at the time. Japan was very influential in the music business over here.

S-ROCK: Guess you didn’t have an interview for “DEAF, DUMB & BLONDE” album for Japanese market, do you mind talking about the album? “PLANET X” and “RIPE” are rock albums with more pop and punk elements, “DEAF, DUMB & BLONDE” album is melodic with more AOR elements.

Erika:  “DEAF..” is the heaviest album I ever made, not surprisingly since I co-wrote it w/ members from IN FLAMES, CANDLEMASS etc. But yeah, some AOR elements for sure since I also co-wrote w/ Mic from EUROPE.
I like to try new things, new co-workers etc.

 

 

S-ROCK: You’re working for your 7th/new album, would you tell us what it is like and who work for you this time? What is a big difference from “DEAF, DUMB & BLONDE” album?

Erika: “REMEDY FOR SOBRIETY” is a lot more melodic and less production-based compared to “DEAF..”. Very much an album to have a drink too, sing along too and enjoy live🤘🏻

S-ROCK: And would you tell about the promo video for your new single “Death Defying Heart” which was released last December?

Erika: It was an idea I developed w/ filmmaker Henrik Perälä. The funniest video is the documentary of the making of the video. It was shot in my penthouse starring my entourage, friends and my boyfriend (Stam, of Swedish band MUSTASCH). Everyone got hammered and we had a blast. I felt sorry for my cleaning lady the next day though🙈

 

 

S-ROCK:You’re the producer and one of the hosts of the very successful rock podcast ROCK BÖTTOM. Any interesting
stories about it?

Erika: A few months ago I managed to snag the headliners at SWEDEN ROCK FESTIVAL to ROCK BÖTTOM podcast, although they actually did not do any media then. Much to the surprise of major radio channels, TV shows etc. I’ve had pretty much everyone from DEF LEPPARD and RAINBOW to Lzzy Hale and RIVAL SONS visit the podcast (which I host alone since last year).  Sometimes we record at home in my sofa, sometimes backstage.

S-ROCK: In Japan elder people still prefer CDs to streaming/downloading, actually Japan is still the 2nd biggest music market, but CDs are still about 70% of all music sales here. I actually buy CDs, not using Spotify, Apple Music for example. Young people listen to music by their smartphone (in Japan “smartphone” means almost iPhone) and buy CDs only for something special like a free ticket of meet & greet. I guess in Sweden people don’t buy CDs like before any more, what do you think about it?

Erika: The CD market is close to zero here. Vinyl has a small revival now and I think that’s very cool, I love the way cover artwork can be displayed that way. Overall though I am very much an “onwards, upwards” person; I accept change and roll w/ the punches. No use complaining over loss of income because of streaming. At least more people get to hear my music that way.
Instead we are focusing on special treats for die hard fans at our upcoming tour, such as golden circle, meet and greets etc. So I hope Japanese promoters will understand how much my fans mean to me and co-work on these things. I truly love my fans and want them to feel as a major part of the mayhem that is the Erika circus!

 

 

S-ROCK: Would you give messages to your Japanese fans who visit S-ROCK website? Tack så mycket!

Erika: Make sure to download/buy a shitload of “REMEDY FOR SOBRIETY” so I can come visit you again soon!
Let’s have a party in Japan that is worth a massive hangover! 🥂🍾🥂🍾🥂🍾🤘🏻🤘🏻🤘🏻
Lots of love,
Erika

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

ROCK BÖTTOM podcast: https://play.acast.com/s/rockbottom

Erika – E-mail Interview (2019)(日本語)

 

S-ROCK: 前回2001年にストックホルムで再会した際、ジャーナリストとして働いているというお話でした。そして2016年には”DEAF, DUMB & BLONDE”アルバムを発売しましたね。その間の15年間は何をしていましたか?

Erika: 世界的なロック・スターをインタビューする場としてのポッドキャストのROCK BÖTTOMの仕事をしてきたわ。それと3人の子供達が小さかった頃は、彼等と一緒に過ごす為の時間をたっぷり取っていたわ。
今は彼等も成長したから、私がオフの時は一緒に飲みに行く事が多いし、ようやくツアーに出られる様になったの。私の前のアルバム”DEAF, DUMB & BLONDE”、イギリスのレーベルから2016年に発売されたものよ、に続いて昨年は2、3のフェスティヴァル等に出演したわ。
2019年は作曲、レコーディング、ミキシングにポッドキャストに明け暮れる年ね。それと、ボーイフレンドがツアーに出ていない時は、ある種の質の高い時間をぎゅっと詰め込むわ。年平均で150日位はツアーに出ているかしら…。

S-ROCK: 90年代終わりに話を戻します、貴女は”PLANET X” 、”PLANET X”と “SUPER TRAX”を発売しました。”RIPE”は日本のみの発売でD:POPレコードさんから、”SUPER TRAX”も日本のみでTSUTAYAレコードさん(D:POPさんの社名変更によるもの?)から発売されています。それらは何故日本のみの発売となったのでしょうか?MUSIC ON LINEレコードは貴女の作品を含めてこれ迄何枚かを発売しただけで、どうやら閉鎖された様ですが…?

Erika: これはあの当時のスウェーデンでの世相を反映したものよ。日本はこちらの音楽業界で影響力が大きかったの。

S-ROCK: 日本のマーケット向けには”DEAF, DUMB & BLONDE”についてのインタビューは受けていない様ですね。今このアルバムについて語るのは嫌ですか?”PLANET X”と”RIPE”はよりポップスとパンクの要素が強いロック・アルバムで、”DEAF, DUMB & BLONDE”アルバムはよりAOR色が強いメロディックな仕上がりになっています。

Erika: “DEAF…”はこれ迄作った作品の中で最もヘヴィーなものだわ、IN FLAMESやCANDLEMASS等のメンバーと共作したから驚くべき事じゃないの。でもそうね、確かに幾らかのAORの要素はあるわ、だってEUROPEのMicと共作したんだもの。
新しい事に挑戦するのが好きなのよ、新しい共作者とかね。

 

 

S-ROCK: 現在貴方は新譜となる7枚目のアルバムの制作中ですね、どんなアルバムになり、今回誰が参加しているか教えて頂けますか?”DEAF, DUMB & BLONDE”アルバムとの大きな違いは何でしょうか?

Erika: “REMEDY FOR SOBRIETY”は、”DEAF…”と比べてずっとメロディックで、プロダクションを基にする事を減らした仕上がりになっているわ。飲みのお供にとても良くて、一緒に歌うのも良くて、人生を楽しむアルバムね。

S-ROCK: 昨年12月に発売された貴女のニュー・シングル”Death Defying Heart”のプロモーション・ビデオについて教えて下さい。

Erika: 映像制作のHenrik Peräläと一緒に作ったアイディアだったわ。一番面白いのはビデオの制作過程のドキュメンタリーよ。私の側近、友達、私のボーイフレンド(Stamっていうの、スウェーデンのバンドMUSTASCHのメンバーよ)を起用して、私のペントハウスで撮影されたわ。みんな酔っぱらって、とても楽しかった。翌日のお掃除の女性に申し訳なかったけどね。

 

 

S-ROCK: 貴女は、とても成功しているロック・ポッドキャストのROCK BÖTTOMのプロデューサーで、司会者の1人ですよね。何か面白い話はありますか?

Erika: 2、3か月前、ROCK BÖTTOMのポッドキャストの為にSWEDEN ROCK FESTIVALのヘッドライナー達を捕まえるのに何とかして成功したの。彼等はどんなメディアにも対応しようとしなかった状況だったんだけどね。有名なラジオのチャンネルやTVショーには大きな驚きだった筈よ、DEF LEPPARDやRAINBOW、Lzzy HaleにRIVAL SONSがポッドキャストに出てくれたわ(昨年から私1人で司会をしているのよ)。時には私の自宅のソファーで収録したり、時にはバックステージで、って事もあるわ。

S-ROCK: 日本では年齢が上の人達はストリーミングやダウンロードよりCDを好んでいます、実際日本は今でも世界で2番目に大きな音楽市場ですが、今も売り上げの7割を占めるのがCDだそうです。私自身もCDを買いますし、SpotifyやApple Music等は使っていません。若者はスマホ(といえば、日本ではほぼiPhoneの事を指します)で音楽を聴き、CDを買うのはミート&グリートに参加する為の招待券を得る手段等としての特別な場合だけです。スウェーデンでは以前の様に人々はCDを買わなくなったと思いますが、それについてどう思いますか?

Erika: ここではCD市場はゼロに等しいわ。レコードはちょっと復活していて、それはとてもイケてると思うの、ジャケットを飾る事が出来るあの感じが大好きなのよね。全体的には私は「未来志向で、上向き」な人間なの。変化を受け入れて、柔軟に対応するわ。ストリーミングのお陰で収入が減った事に対して文句を言うのは無意味よ。少なくともそんな方法でも私の音楽を聴こうとしてくれる人達が増えるって事だもの。
その代わりに、私達の次のツアーでは辛抱強い長年のファン達に特別なおもてなしをする事に注力しようと思っているわ、VIP用の最前列の席を用意するとか、ミート&グリートとかね。だから日本のプロモーターが、私にとってファンがどれ程大切で、これらの事柄を共同作業するのが重要か理解してくれるのを祈っているのよ。ファンのみんなが大好きだから、Erikaサーカスの騒乱の重要な位置に居る事を感じて欲しいと思ってる!

 

 

S-ROCK: 弊サイトを訪問して下さる貴女のファンにメッセージを頂けますか?ありがとうございました。

Erika: “REMEDY FOR SOBRIETY”を沢山ダウンロード・購入するのを忘れないでね、そうすればすぐにまた貴方達の所へ行く事が出来るのよ!日本でパーティーしましょう、重度の二日酔いの価値があるわよ!沢山の愛を込めて、Erika

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

ROCK BÖTTOM podcast: https://play.acast.com/s/rockbottom

Erika (1997)

1997年発行のS-ROCK vol. 3より

 

1997年当時の新譜”PLANET X”のプロモーションの為来日、名古屋のZIP FMにて。

 

 

 

 

 

ハロー、S-ROCK読者のみんなへ!

私と一緒にPLANET Xへ行きましょう!

沢山の愛を込めて

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Erika (1996)

From S-ROCK issue vol. 2 published in 1997.

 

Erika’s latest album in 1996 was “LADY LUCK”.

 

 

The original paper of this questionnaire is missing and we scanned from the issue, and her answers were written by pencil, so some parts are hard to read.

 

 

 

 

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Erika (1996)

1997年発行のS-ROCK vol. 2より

 

1996年当時の最新アルバムは”LADY LUCK”でした。

 

 

原本が行方不明の為冊子からスキャンした事、本人の回答が鉛筆で書かれていた事もあり、判読が困難な部分がございます。

 

 

 

1.丁度子供が生まれて(James Deanという男の子よ)出産休暇中なの。妊娠中は、Jan Johansen等の他のスウェーデンのアーティストに歌詞を書いていたわ。

2.プロモCDなら95年の秋に作ったわ。私の音楽的方向性が随分変わったのに気付く筈よ。AORではなくなって、例えばBLONDIEやSHAMPOOの様な音になっているの。

3、日本は大好きよ!!!(親切な人々、素晴らしい食べ物等…)また行きたいし、ツアーをしたいわ。日本のファンが居るというのは本当に光栄よ。

4.来年(1997年)は色々なレコード会社や出版社等と交渉を始めるでしょう。全部上手くいったらアルバムが出ると思うの。

 

 

5.1979年に色々なパンク・バンドで演り始めたわ。それからヘヴィー・メタル・イヤーが来るのよね。1990年に自分の1stアルバムを出して、翌年に2枚目、そして1993年に一番最新のアルバムを出したわ。1995年迄ツアーしていたの。

6.本当に沢山の好きな種類の音楽があるのよ。QUEEN、EURYTHMICS、BLONDIE、SEX PISTOLS、SHAMPOO、DEEP PURPLE、それとプッチーニ、モーツァルト、バッハの様なクラシックもね。

7.目一杯人生を生きてちょうだい。1分1分を大切にね。

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Erika – S-ROCK 10th Anniversary Special(日本語)

新たなプロジェクトHONEYRIDERでの活動に合わせ、ソロ活動にも期待したい所です。

1.10年前は最後のスウェーデン・ツアーをして(「バイバイ!」)、そして日本向けの2枚のアルバムのプロモーションを丁度終えた所だったわ。これからの10年では、Suzi QuatroやLita Fordと一緒にツアーに出てるでしょうね…「極上の女達がメタルを演るの」、ハハハ!

2.応援ありがとう!いつの日かそっちへ行くんじゃないかしら。どうもありがとう&沢山の愛を込めて。

 

Erika Official Facebook