Satin – E-mail Interview (English)

The latest shot of Satin 2018

 

S-ROCK: Last time we asked you our questionnaire with basic questions, and now we’d like to ask you more about your albums, career, thoughts and so on. 

First of all your 1st solo album SATIN was out in Japan last month with bonus tracks after CD-R version was sold out through ANDERSTEIN MUSIC, how do you feel about it?

Satin: How that feels can’t be described with words. But, I’ll try and it is sort of like this: 

You write your little songs, you record your little songs, you mix and master your little songs, you release your little songs and suddenly, BAM; They aren’t little songs anymore. They’re now big songs; being listened to by thousands of people, being played on radio stations across the globe, talked about on podcast, shared on Social Media, getting reviewed by magazines and websites, people now sing along to these songs, party to these songs, they cry to these songs, make love to these songs and people are having personal opinions about those songs. Knowing that there is someone who resides in a country with a 7 hours time difference who believe there is a marked there for these songs as a product, it makes you, not only very happy, but very proud!

 

 

S-ROCK: I heard ANDERSTEIN MUSIC suggested you to change the artwork of Japanese release of SATIN album, but you didn’t like the idea. You just wanted to stay your photo to show you’re an solo artist?

Satin: No, that’s not true. I have not been approached by Anderstein Music regarding altering the album cover at any time. There was a question by Masao Fujiki in the liner notes of the ‘Japanese Edition’ of my debut album regarding the album cover being a black and white photo of me, and my answer was this: 

The album doesn’t have a title. It is just the name of the artist; “Satin”. So I went with a picture of the artist.”

S-ROCK: Would you let us know each track of IT’S ABOUT TIME as we can read your comments on each track of SATIN album in the booklet of Japanese CD and we’d like to know 🙂

Satin: Look Up In The Sky

The verses and pre-ref was written last year and the chorus and the bridge(after the solo) was written when I was 14 years old. 

The lyrics in the chorus sounds like a kids rhyme. The story is that I was nervous about an upcoming gig. As I sat out on my porch one night, I looked up at the sky and gazed at the stars. I saw a star that had a multicolor twinkle and I locked my eyes to only that star. Every night I “talked” to the star and was, in a weird way, asking it to “help” me through the gig. The gig went amazingly well and topped everything prior. I knew that this star didn’t do anything to that situation, but I liked the idea of it and wrote a song around it. 

Every winter when this star comes around up here in Norway, I smile when I see it.

I’ll Never Let You Down

This song could easily have been on the first album. It was the first song completed for this album. It has a little Desmond Child modulation vibe going on in the verses, but he is also one of my all time favorite songwriters so, to me, that can’t be a bad thing.

I also like the background “canon-vocals” in the chorus. It gives it a surprise twist to it.

Waiting For Someone

This song is near and dear. It has gone through countless revisions and I’m really happy how turned out. Lyrically, it’s about the age old “Doing What You Think Others Would Like You To Do” and, of course, you get burned. The one you’re actually waiting for, is yourself.

Use It Or Lose It

This one will bring you right back to the early 80’s. I wrote this song when I was fourteen, but the lyrics have been rewritten. It’s based on that one riff that plays as the intro, the verse and the chorus.

The Damage Got Done

Again a reworked song from my early years. It’s about jealousy. When you first realize, after the fact, that what you had was right and she has moved on. 

I’d probably call this a “modern 80’s rocker”.

This Time

Oh wow! I love this one. The first draft of this song was done in 1998. I gave it a new chorus and rewrote some of the lyrics.

Heading For A Fall

I performed an acoustic version of this song with my brother back in 1998 at ‘The National Championship Of Rock’ in Norway. With just two acoustic guitars, we competed against everything from ‘7 piece bands’ and artists with dancers etc. We placed 2nd. One of the judges told us that “they couldn’t give us first place, because the winner had to go on a little tour and two guys with acoustic guitars wasn’t enough, they need a band. But we should consider ourselves the winners“. 

The song was then left in a drawer for 18 years until I took it out and worked a little on it for this album.

 

 

Who You Are

This song was written a long time ago. The bridge was actually the chorus at first. It’s a very catchy and upbeat song, and in true Satin-style.

True Love

It’s a little heavier than the rest of the songs on the album. Again, a song I wrote in my teens that has had some lyrical work. It is driven by two main riffs, which I think sound a bit ‘Old School’, but I’m a huge KISS fan, so that’s probably the reason…hehe… 

Lying Eyes

This song was intended for my debut album. When it didn’t make that album, I was determined to use it on the next one. I love the energy of it and I was really in doubt of my decision-making when I took it out of the tracklisting. 

It’s Unbelievable

A song written in 2001. Great uptempo song with a catchy chorus. There’s no hocus-pocus with this one and it runs from start to end effortlessly. Lyrically, it touches on the subject of low self-esteem. When you feel like you blend in with those people that doesn’t try to make their mark. They all probably do, but it’s difficult for them.

Set My Own Heart Free

Intro-riff dates back to 2004, but the verse, chorus and bridge is new. As with “It’s Unbelievable“, this is only available on the Japan-release of this album.

S-ROCK: When you make music, music comes first or lyrics come first? And what gives your inspiration and ideas for your music?

Satin: Nine out of ten times, the music comes first. When I get a melody in my head, I NEVER change the melody to get a lyric “to fit”. I’d rather use months to find a line that works with the original melody. When I come up with a melody, I believe there’s a reason that I came up with THAT exact melody. I won’t alter it at any cost!

Inspirations and ideas can come from anything and everything. A baby crying on the train can trigger a melody, dropping a fork on the floor can set the beat of a song and overhearing a conversation at McDonald’s can trigger lyric ideas. The “antennas” are out even though they don’t show. 

S-ROCK: You play all instruments for your solo work, you have any plan to do gigs in the future? When you do, you’ll hire musicians to play for your gigs or you’ll sing with backing tracks?

Satin: People want me to play and I have also gotten many inquiries from other musicians to be in a band with me. We’ll see what happens, but as of now, there’s no plan for gigging this project.

I would definitely hire musicians to help me out live, if it came to that. I’m pretty much against backing tracks. Why try to sound like the CD while on stage? I like it when there is a “live” version and a “studio” version of a song. 

I don’t see the need for a “karaoke” version; that’s for the fans/public to enjoy themselves with. If you’re a troubadour, sure, use backing tracks. If you’re a duo, sure, use backing tracks. If you’re a trio, sure use some backing tracks. BUT, if you’re a band and have the instruments that represent and makes up the music; then PLAY 😉

If you see people enjoying themselves and singing along to a song, play the chorus again, make them sing it. If the guitar player is jamming and ripping on the solo, prolong the solo and let him continue to excel. You read the crowd and you sense the room. You and the audience feed of each others energy. If you have a computer in charge of the music, you’re done when the computer says you’re done. Of course you can program computers to fit your set, but I don’t see the need for it.

S-ROCK: On the back cover of booklet of IT’S ABOUT TIME there’s your message: Thank You For Getting Your Hands “Dirty” By Holding This Album. What did you want your fans to find from the message?

Satin: In Europe, especially in Scandinavia, people don’t buy CDs anymore. They mainly use Spotify, Tidal and Apple Music. It’s just some of the older generation that still buys physical products. But, their kids and grandkids are teaching them the digital world, so there is less and less of them too. And it is definitely spreading. So I truly, madly, deeply thank the ones that are actually holding that album physically in their hands. They have supported me and my music proper.

 

The track “Anyway” is on this album.

 

S-ROCK: Would you tell us about the band PEGASUS, you play with your brother Ronny. You guys won Spellemannprisen in 2012 and participated in MELODI GRAND PRIX with the song “Anyway” in 2016.

Satin: We started Pegasus, a light country rock band, back in 2006 and have, to this day, released 11 studio albums. At this time, we are working on some new music.. Yes, we won a ‘Spellemannpris(Norwegian Grammy) for ‘Album Of The Year’ in our respective category. ‘Melodi Grand Prix’(MGP) was really cool to to be a part of. Wig Wam has participated twice here in Norway, and the likes of H.E.A.T and Eclipse have participated in the Swedish version of that show. Almost 1/3 of Norway was watching it that evening.

 

 

S-ROCK: On the album “GODS OF THUNDER: A NORWEGIAN TRIBUTE TO KISS”  you play “The Magic Kiss Medley”. You didn’t play 1 track, you couldn’t choose one? Or you just prefer a medley?

Satin: Back in 2004, after not sleeping for a couple of days, I sat with my guitar in my lap just strumming. I started noodling and mumbling a KISS song. I suddenly realized that I was playing one song on the guitar and singing another, and they fit perfectly. 

Hmm…that’s interesting; and now I’m wide awake thinking: 

Are there other KISS songs I can “mashup?” Hell, yeah- there were. 

So I ended up with an amalgamation of KISS songs. In some parts, there is the music of one song, lyrics from another song and the vocal melody of a third song. I crammed 30 KISS songs into 5 minutes. There’s up to three songs going at the same time, but it sounds like one song.. I was persuaded by a fellow KISS Army member to post it on the ‘Norwegian Kiss Army’ Forum. Other forum members reacted and the third message was from the then ‘Kiss Army Norway’ General asking me to remove the song from the forum. He had started the production of this project and wanted my Kiss-Mix on it. He changed the title to “The Magic Kiss Medley” because he meant what I had accomplished was, in his words, “magic”. At the release-party for that album, there was a quiz for the audience handed to them at the entrance: “How many KISS songs can your hear in this medley?” They played my track !! Nobody managed to guess all thirty songs that night 😉

S-ROCK: You always write “Stay Gold, S*” in the end of your messages, what does “Stay Gold” mean for you?

Satin: As the saying goes: “Everybody is worth their weight in gold!” I like that. 

Gold represents the best, it’s number 1, the winner !!! 

So when I say/write “Stay Gold” at the end of sentences to people, I mean: 

“You’re the best, you’re a good person and you’re worth your weight in Gold! Try to stay that way, don’t change”.

S-ROCK: Would you let us know about your artist logo combined S and a star. S is probably from Satin, and a star means “a star” as a famous person? And why did you choose “Satin” as your solo artist name?

Satin: To me, a star is like an indicator light that shines when you have followed or fulfilled a dream. Like I sing in the chorus of ‘Look Up In The Sky’ from the “It’s About Time” album:

‘Look up in the sky at night

You will see a star shine bright

Try to make your dreams come true

The star you looked at will always shine for you’.

It’s like a little kid’s rhyme. But, as mentioned, I was fourteen years old when I wrote it.

So the S symbolizes me (Satin) and the star symbolizes “Made my dream come true”.

Satin was a band name that I came up with when I was 17 or 18. I never got the chance to use it until this solo project came along. 

S-ROCK: Your all-the-time favorite bands are KISS and BON JOVI (right?), how do those AOR/HR bands inspire you? Which track(s) of each band is/are your favorite(s)?

Satin: I became a fan of both KISS and BON JOVI at the age of 6. And from that moment on, they have given and done so much for me over time that they have become a part of my DNA, so to speak.

It’s very hard for me to even pick a favorite decade, for that matter, so to pick out songs? Completely impossible!

S-ROCK: What do you think about music scene in Norway these days? Japan is 1 of few countries where people prefer CDs to streaming/music files. And for even popular artists who used to sell millions in 80’s/90’s it’s really hard to sell more than even100000 copies. In Japan gold album should have sales of 100000 copies (for both domestic/international artists bands since 2003).

Satin: Not answered! I elaborated this in an earlier question on “getting my hands dirty” 🙂

S-ROCK: Is there any future plan which is confirmed so far? Already started writing new materials for your solo work?

Satin: Yes, I do have a couple of songs in the works and they really sound amazing. I’m looking forward to begin shaping them production wise. 

S-ROCK: Would you give a message to your Japanese fans who visit S-ROCK site? Tusen takk!

Satin: Hey guys and girls! 

Thank you for stopping by and reading through this interview, really appreciate it!

And remember; STAY GOLD,

S*

 

 

(Discography)

SATIN (2014, VERUM MUSIC / 2018, ANDERSTEIN MUSIC)

IT’S ABOUT TIME (2017,  VERUM MUSIC / 2018,  ANDERSTEIN MUSIC)

ONE STEP CLOSER – PEGASUS (2016, TYLDEN & CO.)

Other PEGASUS albums, see their page on Discogs: https://www.discogs.com/artist/5095704-Pegasus-33

GODS OF THUNDER: A NORWEGIAN TRIBUTE TO KISS (2006, VOICES OF WONDER)

Satin – E-mail Interview(日本語)

2018年撮影の最新ショット。

 

S-ROCK:前回は基本的な質問をまとめた質問状に回答して頂きました。今回は貴方のアルバムやキャリア、思い等についてお伺いしたいと思っています。

まず最初に、貴方のソロ1stアルバム”SATIN”が、ANDERSTEIN MUSICでCD-Rヴァージョンが完売した後、ボーナストラック入りで先月日本発売されました。それについてどう思いますか?

Satin:言葉で表現するのは不可能だけど試してみるよ、こんな感じかな。

君は自分の「小さな」曲達を書き、それらをレコーディングして、ミックスとマスタリングをして、発売したら突然バン!もうそれらは「小さな」曲達じゃなくなるんだ。それらは「大きい」曲達に変化する、何千もの人達に聴いて貰って、世界中のラジオ局で流して貰って、ポッドキャストで語られ、SNSで拡散されて、雑誌やサイトでレビューされて、人々がそれらの曲達を一緒に歌い、パーティーで流したり、聴いて涙して、愛を交わし、曲についての個人的な意見を持つ。7時間の時差のある土地に住む誰かが居て、その人がそれらの曲達を作品としてチェックしてくれているのを知るのは、とても幸せっていうだけじゃなくて、本当に光栄な事なんだ。

 

 

S-ROCK:ANDERSTEIN MUSICが”Satin”アルバムのジャケットを差し替える事を提案して、貴方はそれに同意しなかったと聞きました。貴方がソロ・アーティストだという事を示す為に写真をそのままにしたかったのですか?

Satin:いや、それは違うよ。ANDERSTEIN MUSICからはジャケット変更について連絡を受けた事はこれ迄ないんだ。デビュー・アルバムの日本盤ライナー・ノーツで、(BURRN!の)藤木昌生氏からジャケットが白黒の俺の写真だという事についての質問があったんだ。それに対しての俺の答えはこうだったよ。

「このアルバムにはタイトルがないんだ。それはアーティストの名前”Satin”さ。だからアーティストの写真で行く事にしたのさ」

S-ROCK:”IT’S ABOUT TIME”アルバムの各曲解説をお願い出来ますか?”SATIN”アルバムの曲については日本盤のブックレットで読めますし、是非知りたいです。

Satin: Look Up In The Sky

ヴァースとプレ・リフは昨年書いて、コーラスとブリッジ(ソロの後)は14歳の時に書いたものなんだ。

コーラスの歌詞は童謡みたいなんだ。内容は、俺が来たるライヴにそわそわしていた、というもの。ある晩家のポーチで座っていた時、空を見上げて星をじっと見ていたんだ。様々な色に光る1つの星を見つけて、その星だけに視線を固定したんだ。毎晩その星に「語りかけて」、ちょっと変だけどライヴが上手くいく様に助けてくれ、とその星に願ったのさ。そしてライヴは素晴らしく上手くいって、全てを上回ったんだ。その状況に対してあの星が何かをしてくれた訳じゃないのは分かってたけど、そのアイディアが気に入ったから曲を書いたのさ。

毎冬あの星がノルウェーのこの地に現れると、見つけて微笑むんだ。

I’ll Never Let You Down

この曲は1stアルバムに収録されていたかも知れないんだ。このアルバム用に最初に完成した作品。ヴァースの中にちょっとだけDesmond Child風の変調ヴァイブが続くんだけど、彼は常に俺の好きなソングライターの1人だから、俺にとっては、それが悪い事にはなり得ないのさ。

コーラスの中のカノン・ボーカルも気に入ってるんだ、びっくりするひねりがあるからね。

Waiting For Someone

この曲は身近な大切な存在。数え切れない修正を経て、仕上がりにとても満足してるんだ。歌詞の内容は、「他者に求められていると思う事をする」昔からある話についてで、そして勿論君は痛い目に遭うのさ。君が実際に待っているのは君自身だから。

Use It Or Lose It

この曲は君を80年代初頭に引き戻すよ。14歳の時に書いた曲だけど、歌詞は書き直したんだ。イントロやヴァース、コーラスで演っているリフが基になっているよ。

The Damage Got Done

これも初期の作品の手直しをしたもの。嫉妬についての曲なんだ。君が持っていたものは正しかったという事を君が最初に悟った時、その事実の後で、彼女はもう居ないのさ。

「現代の80年代ロッカー」とこれを呼ぼうかな。

This Time

あー!この曲が大好きなんだ。この曲の最初の案は98年に出来ていたよ。新たなコーラスを加えて、歌詞の幾らかを書き換えたんだ。

Heading For A Fall

ノルウェーの「全国ロック王座決定戦」で98年に兄と一緒にこの曲のアコースティック・ヴァージョンを演ったんだ。たった2本のアコギだけで7人編成のバンドやダンサー付きのアーティスト達等と競い合った。俺達は2位だったんだ。審査員の1人が俺達に言ったのは、「君達を優勝させられなかったんだ、優勝者はちょっとしたツアーをしなくてはならず、アコギの2人組では物足りなくて、バンドが必要だった。でも君達が勝者だと思わざるを得ない」という事。

この曲は、俺が取り出してこのアルバムの為に手を加える迄、その後18年間引き出しの中に入れられていたんだよ。

 

 

Who You Are

この曲は昔書かれたものだ。ブリッジは当初コーラスだったんだ。とてもキャッチーでアップビートの曲なんだ、真のSatinスタイルでね。

True Love

アルバムの他の曲より少しヘヴィーな1曲。これも10代の頃書いたもので、叙情的な仕事が幾らか含まれている。2つの主なリフが曲を進めていて、ちょっとオールド・スクールっぽいと思うんだけど、俺はKISSの大ファンだから、それが理由だろうね、へへ。

Lying Eyes

この曲はデビュー・アルバム用に予定されていたんだ。1stに入れない事になった時、次の作品で使おうと思ったのさ。この曲のエネルギーが大好きだから、トラックリストからこの曲を外した時は自分の決定に迷った位だ。

It’s Unbelievable

01年に書いた曲。キャッチーなコーラスのある素晴らしいアップテンポの曲だよ。まやかしゼロで最初から最後迄楽々と進んでいくよ。歌詞は、低い自尊心について触れている。成功する為努力しない奴等の中に混ぜられてしまった様な気分に君がなった時、多分彼等はみんな恐らくそうしようとするだろうけれど、でもそれは彼等には困難なんだ。

Set My Own Heart Free

イントロのリフは04年に作られたものだけどヴァースとコーラスとブリッジは新しいよ。It’s Unbelievable同様、日本盤のみに収録されているんだ。

S-ROCK:音楽を製作する際は、音が先ですか、それとも歌詞が先ですか?そして何が貴方の音楽にインスピレーションとアイディアをもたらすのでしょうか?

Satin:10回の中9回は音楽が先だよ。頭の中にメロディーが浮かんだ時は、絶対に歌詞に合わせてメロディーを変える事はないんだ。元のメロディーに合う文を探すのに何ヶ月も使う方がいい。メロディーが浮かんだら、まさにそのメロディーが浮かんだ理由がある筈だと信じてるから、何があっても変える事なんてないさ!

インスピレーションやアイディアはありとあらゆる事から得られるよ。電車で泣いている赤ちゃんの鳴き声がメロディーの取っ掛かりになったり、床にフォークを落とす事が曲のビートに繋がったり、マクドナルドで小耳に挟んだ会話が歌詞の取っ掛かりになったりする。「アンテナ」は見えなくても出ているんだ。

S-ROCK:ソロ作品では貴方が全ての楽器を演奏しています。将来ライヴをやる予定はありますか?やる時はライヴの為に演ってくれるミュージシャンを雇うのか、バッキング・トラックを使って歌うのですか?

Satin:みんな俺にライヴをやって欲しいと思っているし、他のミュージシャンとバンドで俺と一緒に演りたいというオファーを沢山貰ってきた。どうなるか様子を見ているんだ、でも今はこのプロジェクトでライヴ活動をする予定はないよ。

ライヴを開催するのに絶対ミュージシャン達を雇うよ、実現の折にはね。バッキング・トラックには心底反対する。だってステージ上に居るのに何故CDと同じ音を出そうとしなくちゃならないんだい?曲にはライヴ・ヴァージョンとスタジオ・ヴァージョンの両方が存在するのがいいと思うんだ。

「カラオケ」ヴァージョンの意義が見出せないんだよね。それはファンのみんなや一般の人達が彼等自身で楽しむものだと思うからさ。もし君がトルバドゥールなら、ああ、バッキング・トラックを使うだろう。君達がデュオなら、ああ、バッキング・トラックをやはり使うだろうね。君達がトリオなら、ああ、幾らかはバッキング・トラックを使うだろう。でも君がバンドをやっていて、音楽を演奏し、作り上げているなら、自分達で演奏しようよ 😉

みんなが楽しんでいて曲を一緒に歌ってくれているのを見たら、コーラスをもう一度演って彼等を歌わせるさ。ギタリストがジャムってて、ソロを弾き倒していたら、ソロ部分を延ばして彼に続けさせる。観客を読み取り、ハコの雰囲気を感じ取るのさ。君と観客はお互いにエネルギーを与えるんだ。君がコンピューターで音楽を管理していて、コンピューターが終了しましたと言えば君は終了している。勿論君はコンピューターを君のセットに合わせてプログラム出来る。でも俺はその必要性を感じないんだ。

S-ROCK: IT’S ABOUT TIMEアルバムのブックレットの背表紙にこんなメッセージがあります、「このアルバムを手にする事で君の手を”汚して”くれてありがとう」このメッセージからファンに何を見つけて欲しいと思ったのでしょうか?

Satin:欧州、特に北欧では人々はもはやCDは買わないんだ。彼等はSpotifyやTidalやApple Musicを利用している。年齢が上の世代の人達の幾らかはCDを買ってはいるけど、彼等の子供達や孫達が親や祖父母達にデジタル世界を教えている。だからCDを買う人達は益々減少の一途だ。だから俺は本当に、猛烈に、心からCDを手にして買ってくれた人達に感謝している。彼等は俺をサポートし続けてくれて、俺の音楽にふさわしい扱いをしてくれているからね。

 

このアルバムの中に”Anyway”が収録されています。

 

S-ROCK: PEGASUSというバンドについて教えて頂けますか?貴方はお兄さんのRonnyと一緒に活動していますよね。12年にSpellemannprisenを獲得し、16年には”Anyway”という曲でMELODI GRAND PRIX(EUROVISION SONG CONTESTのノルウェー国内大会)に出場しました。

Satin:俺達はPEGASUSを始めたんだ、軽めのカントリー・ロック・バンドだよ。06年から、これ迄に11枚のスタジオ・アルバムを発売している。今は新しい音楽の製作中なんだ…そうさ、俺達はSpellemanspris(ノルウェーのグラミー賞)の俺達の該当カテゴリーで「年間アルバム賞」を獲得したよ。Melodi Grand Prix (MGP) は出場して本当に楽しかったよ。ノルウェーではWIG WAMが2回出場していて、スウェーデンではH.E.A.TやECLIPSEがスウェーデン版 (Melodifestivalen) に出場しているんだ。ノルウェーではTV中継を国民の1/3近い人達が観ているんだよ。

 

 

S-ROCK:“GODS OF THUNDER: A NORWEGIAN TRIBUTE TO KISS” アルバムに、貴方は”The Magic KISS Medley”を提供しています。1曲ではなかったのは、1曲に絞れなかったのか、メドレーをやりたかったからですか?

Satin: 04年の話だよ、2、3日眠れない日が続いた後、俺はギターを膝に乗せてポロンと弾いてたんだ。あるKISSの曲をつま弾いてボソっと口ずさんでみた。そうしたら突然、ギターである曲を弾いて歌は別の曲を歌っている事に気が付いた。それが上手く行ったんだよね。

うーん、これは面白いぞ。すっきり目覚めて、考えたんだ。

他に俺がマッシュアップ出来るKISSの曲はあるのかな?ああ、あったんだ。

それで俺はKISSの曲の合体形を完成させたのさ。幾つかのパートでは、ある曲の音楽があり、別の曲の歌詞を持ってきて、3曲目のヴォーカル・メロディーを一緒にしてみた。5分間に30のKISSの楽曲を詰め込んだのさ。同時に最大3曲あるのに、聴いてみるとまるで1曲なんだよね…俺は、ノルウェーのKISS ARMYのフォーラムに投稿する事をあるメンバーから説得された。他のフォーラムのメンバー達から反応が返って来て、3番目のメッセージはKISS ARMY Norwayの管理人で、フォーラムから曲を削除する様に要請されてしまったのさ。彼はあのプロジェクトのプロダクションを開始して、俺のKISSミックスを収録したかったのさ。彼は曲のタイトルを”The Magic KISS Medley”に変更したんだ、俺が完成させたものは、彼の言葉を借りれば「魔法」だと彼が思ったから。発売記念パーティーでは入り口でクイズが書かれた紙が手渡された:「このメドレーの中に何曲KISSの曲が使われているか分かりますか?」彼等は俺の曲を流してくれたのさ!あの夜は誰もまさか30曲も使われているなんて想像出来なかったんだ。

S-ROCK:貴方はいつもメッセージの最後に”Stay Gold, S*”と書きますよね。貴方にとって「素晴らしい(純粋な)ままでいて」とはどういう意味を持つ言葉なのでしょうか?

Satin:ことわざにもある様に、「誰もが体重と同じ重さの金の価値がある」という言葉が好きなんだ。

金は最高を、ナンバー1を、勝者を意味するだろ!

だから俺が文の最後に「素晴らしい(純粋な)ままでいて」と人々に向けて書く時は、俺はこう伝えたいんだ:

「君は最高だ、君は良い人で体重と同じ重さの金の価値がある、そのままで居てくれ、変えちゃ駄目だ」

S-ROCK: Sの文字と星を組み合わせた貴方のアーティスト・ロゴについて教えて下さい。Sは多分Satinからきていて、星は有名人という意味のスターという事ですか?それから、どうしてソロ・アーティストとしてのアーティスト名をSatinとしたのですか?

Satin:俺にとって星とは、夢を追い続けて成し遂げる時に輝く方向指示器の様なものなんだ。”IT’S ABOUT TIME”アルバムの中の”Look Up In The Sky”のコーラスの中で歌っている様にね。

「夜空を見上げてごらん

明るく輝く星が見えるだろう

夢が実現する様に努力するんだ

君が見たその星は君の為にいつも輝くだろう」

少し童謡じみてるけど、前にも書いた通り、これを書いた時俺は14歳だったんだ。

だから、Sは俺 (Satin) を象徴していて、星は「俺の夢を叶えてくれたもの」を象徴しているんだ。

Satinは、俺が17、18歳の頃やっていたバンドの名前だったんだ。このソロ・プロジェクトが実現する迄使うチャンスがなかったんだよ。

S-ROCK:貴方のいつもお気に入りのバンドはKISSとBON JOVIですよね?それらのAOR/HRバンドは貴方にどの様な影響を与えていますか?それぞれのバンドのお気に入りの曲はどれですか?

Satin:6歳の時にKISSとBON JOVIのファンになったんだ。それからというもの、彼等は俺に多くのものを与えてくれている、いわば俺のDNAの一部みたいなものだね。

昔の名曲達から1曲を選ぶのすら物凄く難しいんだ。どうやって選べって言うんだい?完全に不可能だよ!

S-ROCK:最近のノルウェーの音楽シーンをどう思いますか?日本は、人々がストリーミングや音楽ファイルよりCDを好む稀有な国の1つです。そして、80/90年代に100万枚以上売っていた著名アーティストですら10万枚売るのが困難な時代となりました。日本ではゴールド・アルバム獲得には10万枚以上売る必要があります(03年から邦楽・洋楽共通となりました)。

Satin:答えないよ!「手を汚して」のくだりのちょっと前の質問で詳しく答えてるからね。

S-ROCK:現時点で既に決まっている将来の予定はありますか?ソロ活動用の新曲作りは既に始まっているのでしょうか?

Satin:ああ、既に2、3曲作業に入っていて、素晴らしいんだ。完成品として形にする事を開始するのを楽しみにしているよ。

S-ROCK:弊サイトに訪問する貴方の日本のファンにメッセージを頂けますか?ありがとうございました。

Satin:やあ、みんな!

訪問してこのインタビューを読んでくれてありがとう、本当に感謝しているんだ。

そして忘れないで、素晴らしい(純粋な)ままで居る事を。

S*

 

 

(Discography)

SATIN (2014, VERUM MUSIC / 2018, ANDERSTEIN MUSIC)

IT’S ABOUT TIME (2017, VERUM MUSIC / 2018, ANDERSTEIN MUSIC)

ONE STEP CLOSER – PEGASUS (2016, TYLDEN & CO.)

他のPEGASUSのアルバムについては、DiscogsのPEGASUSのページをご参照下さい:https://www.discogs.com/ja/artist/5095704-Pegasus-33

GODS OF THUNDER: A NORWEGIAN TRIBUTE TO KISS (2006, VOICES OF WONDER)

Satin (2018)(日本語)

 

 

Satin公式Facebookより

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

 

 

Satin公式Facebook

https://www.facebook.com/officialsatin/

Satin (2018)(日本語)

Satin公式FACEBOOKより

 

 

1.プロデューサー業とスタジオ運営の両方をしていると時間が足りないよ。でもさ、他の道なんて望んでなんかいないんだ、音楽の仕事が本当に好きだからね!

2.(最新作は)14歳の時のものも現在迄に書かれた曲も一緒に収録しているんだ。多かれ少なかれ、音楽的タイムラインの様なものだね。好きな曲?全部好きだよ。

3.任天堂、革新、武道ととても綺麗な女の子達。

4.みんなが聴きたいと思う素晴らしい音楽を作る事。(個人的には)素晴らしく、立派な人になる事。

 

 

5.10代の頃は色々なバンドで演っていたよ。兄弟と一緒に、既に11枚のアルバムを出しているライト・カントリー・ロック・プロジェクトをやっているんだ。ノルウェーのグラミー賞(Spellemannprisen)、作曲者賞、そして数え切れない思い出…ありがたく思ってるよ。

6.俺にとっては音楽は2種類しかない:良いものか悪いものか、だ。デス・メタルからオペラ迄何が良くて悪いか決めるさ。でも俺が好きな音楽のジャンルは「AOR、メロディック・ロックとヘア・メタル」なんだ。俺が主に好きなのはKISSとBON JOVIなのさ。

7.俺の音楽を聴いてくれてありがとう!純粋なままで居てくれ。

 

 

Satin (2018) (English)

 

 

from Satin Official Facebook

 

 

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Let us know your music career and what kind of music you used to play.
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for S-ROCK. And your autograph, please.

 

 

Satin Official Facebook

https://www.facebook.com/officialsatin/

Roger Ljunggren – PAL E-mail Interview(日本語)

 

貴方達には長いキャリアがあって、お互い長い間知り合いです。その長い間を経てどの様にPALを始める事になったのでしょうか?

Roger: Peterと俺(Roger)はSkaraの食料品店で逢ったんだ、Peterはスペインで過ごして戻ってきた所だったよ。お互い逢って確かめなくちゃ、と言ってたからそうしたんだ。俺はこの間Peoの”WELCOME TO THE PARTY”アルバムをレコーディングしたし、PeterはMEAN STREAKのアルバム”BLIND FAITH”をMax Normanと製作中だったんだ。長年お互いを知っていて初めて何か一緒にやろうと話し合って、俺は幾つか曲のアイディアを録音し始め、Peo Petterssonをシンガーに、と俺達は心に思っていたんだ。俺達は2人共昔何年も彼と一緒に仕事をした事があったし、彼の声こそ完璧だろうと思ったからね。デモを最初に作ったのは”Leaving This Town”だったよ。その結果に満足したし、そうしてPALは既成事実になったんだ。

貴方達はMauritz Pettersonをドラマーとして迎えました。彼はどういったキャリアの持ち主なのか、そしてどういう経緯でPALに加入したのですか?

Roger: PeoとPeterの2人がこの若いセッション・ドラマーの技量を知っていて、何年か前から知り合いだったんだ。だから彼はこのアルバムのドラム・ワークを要請されたのさ。そして彼はすばらしい仕事をしたし、俺達が求めていた人材だったよ。

そしてPALの名前は貴方達の姓に由来していますよね、他に何か意味がありますか?例えば「友達」のPALとか、欧州、アフリカ、ACEAN等で採用されている映像システムPAL等。

Roger: PALには君が言う通り異なった意味合いがあるんだ。主な所は姓から来ているけれど、友達は平等に大切なものだという意味もある。俺達は一緒に音楽を作ってきた旧友同士だからね。

 

 

貴方達のデビュー・アルバムPRIMEのそれぞれの曲を紹介して頂けますか?どの曲が貴方のお気に入りでしょうか?現時点では楽曲は全てRogerとPeterが作っていますが、将来は他の組み合わせで作曲される可能性がありますか?作曲、作詞をする際何が着想の基になるのでしょうか?

Roger: 正直に言うと好きな曲は次々変わるんだ。2、3曲だけ選ぶのは本当に難しいよ。1つとても興味深い事に、欧州の複数のロック・ラジオ局のリストを見てみたら、アルバムの全曲がかけられているんだ!こんな事は過去になかったよ。だから俺は、俺達は多様な好みに対応出来て、極めて強力でメロディックな質を持ったアルバムを作る事が出来たと思っているよ。作曲については次のアルバムでもPeterとRogerが担当するさ。
音楽のインスピレーションについては、俺達が聴いて育ってきた全ての音楽からだけじゃなく、最近気に入っているより現代的なものからも得ているよ。例えばポスト・パンクのジャンルは俺達みんなが好きな沢山のエネルギーがあるよね。
歌詞は人生そのものさ、過去と現在生きている人生両方からね。

 

Heads Or Tails

俺達の人生に偶然起こる様々な物事の事実を歌っているよ。俺達はみんな計画を立てるのに一杯一杯で、運命を形作ろうとするけれど、俺達が絶対にどうする事も出来ない事が本当に沢山あるのさ。

Carry On

人生は旅さ。この歌詞では物語を語るのにアメリカのいろいろな場所を使っているよ。物語は全く人生の事で、踏ん張って最善を尽くそうとしている、という内容なんだ。

Hiding Away From Love

この曲は関係が際どいビジネスだという事を示している。誰かが何度も傷付けられてきた時は、愛や伝統的な人生から離れる方が楽だろうからね。

Double Nature

この曲は、家で帰りを待つ子供達を持つ旅するミュージシャンは、2つの異なった世界で生きる様なものさ、という内容。何処かの空港で搭乗を待ち続ける日があるかと思えば、別の日は家で病気の子供の看病をする、という様な感じでね。

Wildfire

Wildfireは俺達の音楽の中に見つけようとしている感情を表しているんだ。高揚する様な気持ちや人生より大きくなっていく何かを感じる思いだね。その意図は幸せで良い雰囲気の中を流れていくんだ。

What We Could Have Been

写真のアルバムを見返していくと思い出が蘇るよね、いい事も悪い事も。愛する人を失ったり、終わった関係とか。その質問は必然的さ、もし俺達が争っていたら何が起こった?俺達はどうなれていた?

 

(L to R) Peo Pettersson (Vo & Hammond), Mauritz Pettersson (Ds), Peter Andersson (B) & Roger Ljunggren (G).

 

Nowhere Left To Go

移ろい消えていく愛と、本当に後戻り出来ないと悟った瞬間の歌。

River Runs Dry

この曲は裏切りについての歌さ。恋人か、もしかしたら友達かも知れない。本当に信頼していた誰かが偽者だった時の事だ。そういう状況から立ち直るには力が必要だよね。

Older And Wiser

年を取って少しだけ賢くなるという事を歌っているよ。争いや、労力をかける価値がない人達の事。もしくは時には一歩下がって新しい計画を立てる時だと悟る事だね。

Leaving This Town

Leaving This Townは人生の新たな進路と俺達が生きていく方法を求めている事についての曲さ。PALの為に最初に書かれた曲なんだよ。

One Step Away

これは無条件の愛の宣言の曲。全てが上手くいっている時に祝福の気持ちだよ。

Time After Time (Japan bonus)

俺達は過去の失敗から学んで十分賢くなるべきだと思うのだけど、残念ながらそうじゃないよね。俺達は何度も同じ事を繰り返して、結局何故と考える事になるんだ。何故そうなる?分からないよ。

 

貴方達がこれ迄演ってきたバンドの数々とPALの最大の違いは何でしょうか?

Roger: 今回俺達は昔懐かしいAORやメロディック・ロックにがっちり縛られていないと思ってるんだ、ずっと前に他のバンドでやってきた事だからね。より最近のロックからインスピレーションを得ているし、時にはポップスですら、でそれをより伝統的なロックのアレンジとブレンドしてみたりしてさ。俺達がやろうとしているのは、最も重要な成分としての多くのエネルギーや積極性を持った楽しい感じのロックだと思うんだ。

 

 

今回貴方達は日本でANDERSTEIN MUSICと契約を結びました。彼等の会社は日本の南の大きな島九州にある長崎県にあって、東京から遠く離れています。彼等とはどの様に連絡を取り始めたのでしょうか?

Roger: ANDERSTEIN MUSICとの連絡は、AOR HEAVENのGeorg Sieglがしてくれたんだ。Peoは既に彼等と繋がっていたけれど、Peterと俺はMARQUEE/Avalonとしか仕事をした事がなかったんだ。でも俺達は素晴らしいと確信しているよ。彼等は多くの良いバンドと契約しているからね。日本でANDERSTEIN MUSICからPALのPRIMEアルバムが出た事は大きな誇りだよ。

S-ROCKサイトを訪問してくれる日本のファンにメッセージをお願いします。

Roger: 日本でPALのPRIMEアルバムを発売出来た事は俺達にとって大きな誇りなんだ。多くの強力な曲が詰まった、本当にご機嫌なアルバムだから、君達が受け入れてくれるといいな。
少しだけ現代的なひねりを伝統的なメロディック・ロックに加えていて、どんな場面にも合う音楽なんだ。
だから、レコードをかけてロックしようぜ!

 

(Discography)

PRIME (2018, AOR HEAVEN / ANDERSTEIN MUSIC)

Roger Ljunggren – PAL E-mail interview (English)

 

You guys have each long career and have known each other for a long time. How did
you start PAL after those years?

Roger Ljunggren: Peter and I (Roger) met in a grocery store in Skara , just as Peter had return from some time in Spain – We said we had to meet and catch up and so we did – I had recently recorded the album Peo “Welcome to the Party” and Peter was then working with the Mean Streak album “Blind faith” with Max Norman – We discussed doing something together for the first time in many years so I began recording some song ideas for this and Peo Pettersson was the singer we had in mind, as we both have worked with him earlier for many years and his voice would be perfect – the first song we did a demo of was “Leaving this town” – we were very satisfied with how it turned out and the band PAL was then a fact.

Now you guys have Mauritz Petersson for drums. Would you let us know his career,
and the story when he joined PAL?

Roger: Both Peo and Peter was aware of this young session drummer’s skills and had known him for some years – So he was asked to do the drum work for the album – and he did a great job and was just the guy we were looking for.

And the name of PAL is from you guys’ family names, is there any other sense of it? For example PAL as friend, the video system in Europe, Africa, ACEAN countries etc.

Roger: PAL has just as you are saying a couple of different meanings – Foremost it is the Family names but also the meaning as friend is equally important – we are old friends making music together.

 

 

Would you introduce each track from your debut album PRIME? Which is/are your
favorite(s)? So far every track is written by Roger and Peter, in the future some
tracks from other combination? And what is the inspiration for you guys when you
compose/write lyrics these days?

Roger: To be totally honest the favourite tracks is different from time to time – It is hard to choose just a couple. One very interesting thing is that we have seen the lists from European Rock radio stations – Every song of the album has been played! Never happened to us before – so I think we have made an album with music suiting very many tastes and with quite strong melodic quality at the whole.
The song writing will also for our next album be by Peter and Roger.The inspiration music wise is from all the music we grew up with, but also from more modern stuff we like these days – for example the Post punk genre has a lot of energy that we all like.
The lyrics are from Life itself – both from the past and from the life we are living today.

 

Heads Or Tails

The song is about the fact that so much in our lives happens by accident or chance. We are all very occupied with making plans and try to shape our fate but really there are so many things we can never be in charge of. 

Carry On

Life is a journey. In this lyric I use different places in the US to tell the story. The story is really about life and to always try to hang in there and make the best of it.

Hiding Away From Love

This song deals with the fact that relationship is tricky business. When one has been hurted too many times it might be easier to just stay away from love and traditional life.

Double Nature

This song is about the fact that as a touring musician with kids waiting at home it´s almost like living in two different worlds. One day stuck in airport somewhere waiting to board and the next trying to comfort a sick kid at home.

Wildfire

Wildfire represents a feeling that we are trying to find in our music. a feeling something rising and getting larger than life. The intention is to pass on a happy good vibe.

What We Could Have Been

Looking back in a photo-album can raise memories, good and bad ones. Lost loved ones and relationship that is over. The question is inevitable – What would have happened if we would have fought it through ? What could we have become?

 

(L to R) Peo Pettersson (Vo & Hammond), Mauritz Pettersson (Ds), Peter Andersson (B) & Roger Ljunggren (G).

 

Nowhere Left To Go

Love that is fading out, the moment when we realize that there is really no way back.

River Runs Dry

This song is about betray. From lover or maybe a friend. When someone you really trust and believe in turns out to be false. It takes some energy to come back from there.

Older And Wiser

About growing older and a little bit smarter. About picking your fights and not use energy or power on people that do not deserve it. Or to sometimes realize that it´s time to retreat and draw new plans.

Leaving This Town

Leaving this town is about seeking new paths in life and the way we are living. The first song written for PAL.

One Step Away

This is a declaration of unconditional love. A celebration of the feeling when everything feels right.

Time After Time (Japan bonus)

One would think that we should be smart enough to learn from past mistakes, sadly it seems we are not. We keep on repeating them over and over again ending up wondering why. Why is it so ? I have no idea !

 

What is the biggest difference between other bands you guys ever played for and PAL?

Roger: I think this time we are not so very locked in to do the Old School AOR and Melodic Rock as we have been earlier and in other bands – We take inspiration from more recent Rock music, sometimes even Pop music and blend it in with more traditional Rock arrangements – I think what we are trying to do is a Feel Good kind of Rock music with a lot of energy and positivity as the most important ingredients.

 

 

This time you guys have got a deal with ANDERSTEIN MUSIC in Japan. Their company is in Nagasaki prefecture in kyushu, the big island of south Japan, far away from Tokyo. How did you start having a contact with them?

Roger: The contact with ANDERSTEIN MUSIC was a deal made by Georg Siegl of AOR HEAVEN.
Peo have had connection with the company earlier , but Peter and I have only worked with Marquee Avalon up to this date, but we are sure this will be great – Many good bands are on this label so it is a great honor to release PAL “Prime” with ANDERSTEIN Music in Japan.

Your message to Japanese fans who visit S-ROCK site.

Roger: It is a great honor for us to release The PAL Prime album in Japan – It is a real Feel Good album filled with many strong songs that we hope you will take to your hearts.
A little bit of a modern twist to the traditional Melodic Rock fitting all occasions –
So – Put the record on and Let’s Rock!

 

(Discography)

PRIME (2018, AOR HEAVEN / ANDERSTEIN MUSIC)

Åge Sten Nilsen – AMMUNITION E-mail interview(日本語)

 

前回Eメールインタビューをした時は、2005年にMELODI GRAND PRIXで優勝した直後のWIG WAMがノルウェー全土をツアーしていました。時は流れて、WIG WAMはその後3枚のフル・アルバムを発売して、3回来日(2007年に2回、2010年に1回)して、その後バンドは解散しました。貴方はソロ・アルバムも発売して、2009年にソロ・ライヴの為来日しています。THE SHOW MUST GO ONの様なミュージカルにも沢山出演し、NORDIC BEASTやAMMUNITIONも始めました。これらの年月を振り返ってどんな事を感じますか?

Åge: そうだね、まさに旅だったし、多くの経験をしたよ。良い事、悪い事、美しい事、醜い事もね。それでも過去を振り返った時には良い事と同じ様に悪い事にも感謝しているんだ、悪い事が起こるのは天上からの贈り物だと思えるからね。俺の曲”Smooth Seas (Don’t Make Good Sailors)”は俺の物の見方についてとても語っている。悪い事は君により良い事に対して感謝の気持ちを抱かせるし、人として成長してより良い人になる事を手助けしてくれるんだ。それに将来や次の人生を準備する手助けを本当にしてくれるんだよ…。

振り返ってみれば、俺がどれだけWIG WAMに努力を注いできたか、そしてどれだけ”Glam”というキャラクターに深く入り込んでいたかがよく分かるんだ。でも例え彼が架空のキャラクターだったとしても、同時に生身の俺そのものの湧き上がる様なイメージでもあったんだ。いわば俺の奥底の火山かな、ハハ。

最初の何年かは俺達はWIG WAMで沢山楽しい事があったし、俺は本気で血の繋がった兄弟になれる様に成長しているんだと思ってた。でも成功を掴んだ後にバンド内で性格の違いがより明確になっていった。そして俺は裏切られ、見下されていると感じる様になって、やる気を削がれる様になっていったんだ。WIG WAMは本当に、一員になれる事を夢見ていた完璧なバンドだったのに、時が経つにつれて俺達4人は人生や兄弟愛、音楽に対する展望がとても異なっている事が明確になった。”WALL STREET”アルバムでは、俺達が発表した音楽を通してそれが簡単に分かる様にすらなってしまった。全てが粉々に崩れ落ちて、苦い解散を経験した時、俺はずっとソロ活動とQUEENミュージカルの公演で物凄く忙しかった。そして突然EUROPEのJohn NorumとMic Michaelli、MÖTORHEADのMikkey Dee、KING DIAMONDのHal Patinoと一緒にバンド(NORDIC BEAST)に居たんだ。そして俺はErik Mårtenssonとバンドを結成した。過去を振り返らず、前に進んだんだよ。

そういった活動はとてもわくわくする時間だったんだ、NORDIC BEASTがEUROPEとMÖTORHEADのツアーの合間に数少ないギグをしただけだったけど、JohnとMicが本当に望んでいた音楽の探求の新たな方法をEUROPEに持ち込んだり、Mikkeyにとっては、Lemmyがお開きにするなら可能な出口だった。だから小さな一歩の為に一緒にオリジナル曲を書こうよと話し合いを始めていたんだ。そしてLemmyが亡くなって、SCORPIONSがMikkeyを呼び、Joey Tempestがより冒険的な音楽の方向性を持つ様に思われた。HalはKING DIAMONDを辞めて、俺はAMMUNITIONという新しいバンドを始めた。それで全て上手く収まったんだ。

そんな過去の年月を思い返すと、お気に入りの時は俺達の初来日の事なんだ。ステージで俺達を紹介してくれたマサ伊藤と、観客の中の献身的で大歓声のファン達は永遠に俺の思い出の中に生き続けるよ。

 

(l to r) Jon Pettersen (G), Lasse Finbråten (key), Åge Sten Nilsen (Vo), Magnus Ulfstedt (Ds), Victor Cito (B) and Erik Mårtensson (G).

 

AMMUNITIONはバンド名と同じAMMUNITIONアルバムをキング・レコードから1月17日に日本発売、欧州ではFRONTIERS MUSICから1月26日に発売したばかりです。1stアルバムのSHANGHAIEDではバンド名はÅge Sten Nilsen’s AMMUNITIONで、今はAMMUNITIONとなっています。何故バンド名を変更したのですか?バンドの結束を表しているのでしょうか?

Åge: Erikと俺がAMMUNITIONを結成した頃、WIG WAMが解散したばかりだったんだ。Erikと俺は、2014年に発売する予定だったWIG WAMの5thアルバム用のデモ・テープを作っていた。突如それらの曲は目的を失ってしまったんだ。そしてソロ向きの曲でないのは明らかだった。ロック・バンド用にピン・ポイントで書かれたものだったからね。だからErikは代わりに俺達でバンドを組むのはどうだろう?と提案したんだ。彼はバンド名をGLAMUNITIONにしたら、と言ったけど、俺はそれらの曲がGLAMunition…WAM!よりAMMUNITIONらしいだろ、と返したよ、俺の名前を使う事も決めたんだ、その方が宣伝するのとギグを演るのが簡単になるからね。色々な意味でÅge Sten Nilsen’s AMMUNITIONはまるでソロ・プロジェクトの様な扱いを受けてしまった。特に金銭的な事ではね。レコーディングやビデオ作成、全てに対して俺が金を支払ったんだ。様々な場面で俺は金を失ったと言えるかも知れないけれど、それでも俺はメンバーに固定費も支払った。そして言う迄もなく、俺が重要な決断を下し、方向性を示したんだ。しばらくしてメンバーは俺に対して提案や取り組みを示し始めて、俺達は兄弟の様に収入を分かち合って、「本物の」バンドの様に扱う様になった。それがバンド名から俺の名前を外す事を決めた時だね。AMMUNITIONのバックドロップを最初に使ったギグはストックホルムでのVäsby Rock Festivalだったんだ。それで2ndアルバムをレコーディングしている時に、俺からバンドを単純にAMMUNITIONにしないか、と提案したんだ、そのアルバムが真の1stバンド・アルバムになったからね。

 

Åge Sten Nilsen (Vo)

Erik Mårtensson (G)

 

AMMUNITIONアルバムのそれぞれの曲について教えて下さい、全て好きだとは思いますが、どの曲が貴方のお気に入りでしょうか?

Åge: 11人の子供みたいな曲の中から1曲を選ぶのは常に難しいよ。曲は全て多くの懸命な作業と心配りと愛を伴ってこの世に生まれてきたんだからね、でも違った意味で曲全ての良さが分かるんだ。ライヴで演るのが特に楽しみな曲はGung Ho (I Told You So)、Tear Your City DownとVirtual Reality Boyなんだ。パーティーを続けるには必殺のライヴ・ソングだと思うからね。観客を一緒に歌わせられる大きなコーラスがあるし、本当にかっこいいライヴのノリがあるんだ。例えば、Gung Hoのベース・ソロをVictorが弾くのを聴くのが待ちきれないぜ。

俺にとってはEye For An Eyeは最強のメッセージを持っていて、ごく普通のラジオ番組で流して貰う為の最良の変化なんじゃないかな。本当に明確なシングル曲で様々な層を惹き付けられる可能性を持っているんだ。本当にこの曲が好きなんだ。人が過ちから何も学ばず、橋を次々に燃やし落としていく様を歌ってるんだ、復讐や強欲の名の下にね。

もう1曲好きなのは勿論Freedom Finderさ。しばらくライヴで演奏してきて、この曲を演るのが好きなのさ。これは俺達のギター・プレイヤーJonの為の曲なんだ。彼は何年かの間キャラヴァンの中で生活してるんだ、ボヘミアンみたいにね。全く普通じゃない暮らし方をしてるんだ。でもさ、人は誰でも好きな様に人生を生きる権利があるべきだ、というのは俺達が判断してるんだよ。誰かの自由は他の誰かの退屈で嫌な仕事で成り立っているのかも知れないし。

 

Jon Pettersen (G)

 

バンドはベーシストをHal PatinoからVictor Cito (Borge)に、ドラムスをRobban BäckからMagnus Ulfstedtに交代させました。新メンバーはバンドに何をもたらし、SHANGHAIEDとAMMUNITIONアルバムの最大の違いは何処にあるのでしょうか?

Åge: ああ、そうだよ。Halはギグに来なかったり、電話に出なかったりしてバンドにとって負担になったんだ。だから俺達はVictorに加入して貰ったんだ、彼とはAMMUNITIONの前の何年か前に一緒にバンドをやろうとしていたんだよ。AMMUNITIONを結成した時は彼には長いTNTのツアー契約があって、実現出来なかった。AMMUNITIONの初期の頃から彼は俺に電話してきたんだ、TNTキャンプでの日々の辛さ故にね。TNTは彼を良く扱ってなくて、彼が本当に気の毒だった。Halが脱退すると決まってすぐに俺はVictorに電話したんだ。そして彼はすぐにTNTを辞めてAMMUNITIONに参加したのさ。スイスでの彼の最初のギグの2日前の事だったよ。彼はこのバンドの音を変えちまったんだ!!彼は真のベース・プレイヤーさ!!そして彼は俺が知る中で最高の男の中の1人なんだ。Robbanについては別の物語があった。AMMUNITIONはとてもフレッシュなバンドだったから、俺達の取り分は高くなかったんだよね…彼のもう1つのバンド、ECLIPSEもそうだった。彼は家族を養う為にもっと収入が絶望的に必要だったのと、俺達が「ソロバンド」から「バンド」になる前はしばらく俺の懐からバンドに支払っていた。そして彼はMUSTASCHというバンドからフルタイムの契約をオファーされたのさ。それがスペインでの最初のツアーをやる前だった。タイミングが完璧じゃなかったね…幾ら控えめに言ったとしても。それでスペイン・ツアーにJohn Macalusoを呼んだんだ。でも彼は期待に反して悲惨な状況で現れたのさ。俺達は彼を送り返さなくちゃならなくて、代わりにMagnus Ulfstedtを呼んだのさ。彼が俺達と最初に演ったのは2015年のバルセロナだった。彼は素晴らしかったよ。彼はRobbanよりちょっとだけよりヘヴィーで、俺達が求めるパンチを与えてくれる激しく叩くドラマーなんだ。それに彼のユーモアは素晴らしいんだぜ。

 

Victor Cito (B)

Magnus Ulfstedt (Ds)

 

それからバンドはAOR HEAVENを去って、今回はイタリアのFRONTIERS MUSICと契約を結び、日本ではMARQUEE/Avalonを去ってキング・レコードと契約を結びましたね。

Åge: 宿題良く出来ました(笑)。そうだよ!FRONTIERSとキングに戻れて良かったよ。SHANGHAIEDの時はライセンス契約をして、俺自身のレーベルがマスターの権利を持っていたんだ。俺はそれを投資だと思う事にしたんだ。そして今その成果が出ようとしてるんじゃないかな。SHANGHAIEDは、俺達の新譜のプロモーションの為の起爆剤になっていると思うよ。インドで25位になったし、オランダ、ドイツ、ベルギー等でもチャート・インしているからね。

 

Lasse Finbråten (Key)

 

貴方達はノルウェーや欧州をツアーしていますが、来日公演を行なう予定はありませんか?最後に貴方が来日したのはWIG WAMの時で2010年です。これ迄4回来日して一番印象的だった事は何でしょう?

Åge: 本当に本当に来日したいんだ!!でも来日公演の為に誰かの頭に銃を突き付ける訳にはいかないだろ。だから来日のオファーを待っているんだ。日本をツアーしたいと思っている事には何の疑いもない。また日本のWIG WAManiac達と繋がりたいんだ!時間がかかり過ぎたよ!日本での一番印象深い思い出は前にも話した通り最初の来日の時だよ。まさか大勢のファンが空港に俺達を出迎えに来ているなんて夢にも思わなかった。そして飛行機に乗る前には東京公演がソールト・アウトになると知らされたんだ。本当に信じられなかったぜ!他の来日の時も素晴らしい思い出があるよ。2010年が多分一番ライヴの出来が良かったんじゃないかな。いいアルバムとかっこいいステージだったからね。

 

 

貴方のソロ活動について、昨年貴方は新しいソロ・アルバムSMOOTH SEAS (DON’T MAKE GOOD SAILORS)を発売しました。そして例えばTHE SHOW MUST GO ONの様なミュージカルでも歌っていますし、TV番組に出演したりもしてとても精力的に活動しています。歌うのが好きという事以外で何が貴方をそんなに多くの事に駆り立てるのでしょうか?

Åge: もし人生が虹なら、何故たった1つの色にこだわらないといけないのかな。俺の頭の中では本当に多くのメロディーがぐるぐる回っていて、完成させるべき音楽が沢山あるんだ。だからそいつを具現化しなきゃならない。俺のソロ作品は勿論より個人的なものさ。それに作曲は自身のセラピーでもある。AMMUNITIONではもっと社交的で、俺達は共同で曲作りをしたり、興奮の高まりを感じてる。そしてそうさ、大きなステージ・プロダクションを作るのが好きなんだ、俺のQUEENショーみたいにね。10年間多かれ少なかれ俺の昼間の仕事だったし、個人事業主として活動していく可能性を与えてくれたんだ。テレビなんかも同じ事さ。工場で働くより、毎晩100人の為にQUEENの曲を2時間歌う方が価値があると思うね、へへ。

タバコを止めた、と聞きました。健康にとてもいい事ですね。止めて何か変化はありましたか?

Åge: 定期的に吸う、という意味では止めたんだ。たまにはタバコを楽しめるよね、という意味でね。今は俺自身がコントロールしているんだ、タバコが、じゃなくてね。うーん、とても気分がいいし、声がより歯切れ良くなったんだ。だから止めた効果はあったよね。凄く面白いんだけどさ、先週ロシアのステージでタバコを吸おうとしたら、秘密警察に捕まってしまって、罰金が何と2万ノルウェー・クローネ(約28万円)だったんだぜ!もうステージではタバコは吸わないと思うよ・・・今後一切ね、はは。

 

 

NORDIC BEASTはどうなってしまったんだろうと思っているのですが、勿論貴方も他のメンバーもずっと忙しいのは分かっています、特にJohn NorumやMic MichaelliはEUROPEの活動で多忙が続いています。近い将来また一緒に演りますか?

Åge: NORDIC BEASTは今眠ってる動物なんだよね。このプロジェクトがどうなるのは分からないんだ。JohnやMicがよりヘヴィーな音を出せる素晴らしい場だったんだ、そしてMikkey DeeがMÖTORHEADの他にやるべき事になったからね。Lemmyが亡くなった時彼はすぐにSCORPIONSにヘッドハンティングされて、それ以来ずっと多忙な日々が続いているんだ。そしてEUROPEは遂に再始動してMicとJohnはそれを切望していた。そして俺は今より幸せな場所に居る。だからNORDIC BEASTという名のバンド・エイドは俺達みんなの為に作用したのさ。別々の方法で前に進めてくれたんだよ。でもMikkeyは今も俺に電話してきて、いつまた一緒に演るんだ?って聞くんだよ。

誰が知ってるかって?俺が知りたいね。でも勿論オリジナル曲で…将来どうなるか楽しみにしていようじゃないか。

 

EUROVISION SONG CONTESTのノルウェー予選であるMELODI GRAND PRIX 2017にて。

 

WIG WAM時代以来の貴方の忠実なファンにメッセージをお願いします、彼等は貴方が恋しくて、来日公演の為に戻って来てくれる事を願っています。

Åge: もう何年も経ってるのにまだ俺の事を覚えていてくれていて本当に嬉しいよ。もう俺の事なんて忘れて他へ行っちまったのかとばかり思ってたんだ、本当だよ。俺やWIG WAMを受け入れてくれた事は絶対に忘れないし、みんなに逢う為に来日する事を本当に望んでいるんだ。他も含めてCREATIVEMANにメッセージを送っているんだ、AMMUNITIONで再来日する為にね。

でもさ、君達からも彼等に働きかける必要があるんじゃないかな…日本でのAMMUNITIONのライヴになんか誰も来る訳がないと彼等が信じ切ってるんじゃないかと思うんだ。それが間違ってると彼等に証明してくれよ!また一緒になって、今度はAMMUNITIONIZEDしようぜ!

 

 

(Discography)

AMMUNITION – AMMUNITION (2018, FRONTIERS MUSIC & KING RECORDS)

AMMUNITION – SHANGHAIED (2014, AOR HEAVEN & MARQUEE/Avalon)

Åge Sten Nilsen – SMOOTH SEAS (DON’T MAKE GOOD SAILORS) (2017, Grappa)

Åge Sten Nilsen – AMMUNITION E-mail interview (English)

 

When we had an e-mail interview last time, WIG WAM toured in whole Norway just after the band won at MELODI GRAND PRIX in 2005. Time flies, WIG WAM released 3 full albums after that and came to Japan 3 times (twice in 2007, and in 2010), and the band broke up. Also you released your solo albums, came to Japan for solo gigs in 2009. You work for a lot of musicals like THE SHOW MUST GO ON for example as well, also NORDIC BEAST and AMMUNITION. What do you feel when you recall after those years?

Åge: Yes, it’s been quite a journey and I have experienced a lot. Good, bad, beautiful and ugly. Still when I look back I appreciate the bad things equally as the good things, because the way I see it the bad things that happen to a person really is a gift from above. My song “Smooth Seas (Don’t Make Good Sailors)” is very much written about that perspective of mine. The bad things make you appreciate the good things even more, and makes you develop as a human and become a better person. And it really makes you more prepared for the future and the next life…

In retrospect I see clearly now how much effort I put into WIG WAM and how deep I went into the character “Glam”. But even though he was a fiction character he was a also a boosted image of who I really am too. A volcano within my very self so to speak…haha

We had a lot of fun in our first years with WIG WAM, and I really thought we were growing to become blood brothers. But after our success it became clearer and clearer the differences of personalities within the band. And at times I felt betrayed and disrespected, which demotivated me big time. WIG WAM really was the perfect band I had been dreaming about being a part of, but as time went by it became very clear that the four of us had very different perspectives on life , brotherhood and music. On “Wall Street” it even became easy to see through the music we released. When everything fell apart and we had our bitter break up I still was extremely busy with both my solo career and my Queen show. And suddenly I found my self in a band(Nordic Beast) with John Norum and Mic Michaelli of EUROPE, Mikkey Dee from MÖTORHEAD and Hal Patino from KING DIAMOND. AND I formed a band with Erik Mårtensson. Just leaving the past behind and moving forward you know.

These were exciting times for me, and even though Nordic Beast only did exclusive gigs inbetween the Europe and Motörhead tours, we sort played an important role to bringing Europe into the new style of which John and Mic really wanted to explore music wise, and for Mikkey it was a possible exit if Lemmy would call it a day. So we started to talk about writing original songs together to take it a bit further. Then Lemmy died, SCORPIONS called Mikkey, and Joey Tempest seemed to take on a more adventurous musical direction. Hal left KING DIAMOND and I had a brand new band called AMMUNITION. So it all kind of fell to place.

One of my favourite moments when I look back on these years that have past is our first visit to Japan. Masa Ito presenting the band live on stage, and the dedicated and loud fans in the audience will live in my memories forever.

 

(l to r) Jon Pettersen (G), Lasse Finbråten (key), Åge Sten Nilsen (Vo), Magnus Ulfstedt (Ds), Victor Cito (B) and Erik Mårtensson (G).

 

AMMUNITION just released the self-titled album AMMUNITION in Japan on the 17th of January from KING RECORDS, and in Europe on the 26th of January from FRONTIERS MUSIC. For the 1st album SHANGHAIED the band name is Åge Sten Nilsen’s AMMUNITION, now the band is called just AMMUNITION. Why did you guys change it? It shows the band have got united much more ever?

Åge: When Erik and I formed AMMUNITION WIG WAM had just recently broke up. Erik and I had been recording my demos for the fifth WIG WAM that we had planned to release in 2014. Suddenly these songs had no mission. And they were clearly not solo songs. They were pin pointed for a rock band. So Erik suggested we’d form a new band instead. He suggested we’d call the band “GLAMUNITION”, and I responded that the songs sounded more like “AMMUNITION” songs than “GLAMunition”…and WAM! we had a name. We decided to use my name too, to make it easier to promote and to get gigs. In many ways “Åge Sten Nilsen’s AMMUNITION” was treated like a solo project. Especially when it came to money. I paid for the recordings, the videos, the everything. I even paid the guys a fixed ive fee even though it would mean I would lose money on several occasions. And needless to say, I made the calls and the decisions. After a while the guys started to give me more input and initiative, and at one point we started to share the income like brothers and treat it like a REAL band. That’s when we decided to skip my name from the band name. The first gig in which we used the “AMMUNITION” backdrop was at Väsby Rock Festival in Stockholm. I remember people really paid attention to the change, in a positive way. So when we were recording our second album I suggested we’d simply call it ‘AMMUNITION’ since it’s really our first BAND album.

Åge Sten Nilsen (Vo)

Erik Mårtensson (G)

 

Let us know each track from AMMUNITION album and which songs are your favorites though we know you love them all 🙂

Åge: It’s always hard to pick ONE favorite among 11 babies. They were all born into this world with a lot of hard work, care and love. But I guess I can appreciate them all in different ways. The songs that I look forward to bring to the live shows the most are Gung Ho (I Told You So), Tear Your City Down, Virtual Reality Boy. I think they all will be killer live songs to keep the party going. They all have that big chorus to make the audience sing along, plus they have a real cool live vibe. Can’t wait to hear Victor doing that bass solo on Gung Ho.. for example. 

To me “Eye For An Eye” has the strongest message and probably the best change to be played on average radio. It’s a pretty obvious single and a possible cross-over. I really love this song. It’s about how mankind never learns from his mistakes, and keeps burning the bridges one by one, by revenge and greed…

Another favorite is of course Freedom Finder. We have been playing that song live for a while, and I love performing that song. It’s really about our guitarplayer Jon. He has been living in a Caravan for quite some years. Like a bohem. Living a pretty un-normal life. But hey…who are we to judge Everybody should be free to live their lives as they want. And one persons freedom is another ones grind.

 

Jon Pettersen (G)

 

The band replaced Hal Patino to Victor Cito (Borge) on bass, Robban Bäck to Magnus Ulfstedt on drums. What do they bring to the band and what is the biggest difference between SHANGHAIED and AMMUNITION albums?

Åge: That’s right. Hal was becoming a burden for the band not showing up for gigs and not answering our calls etc. So we brought in Victor, whom I had been trying to form a band with some years before AMMUNITION. Just when we formed AMMUNITION he was contracted to a long TNT tour and wasn’t available. Then during our first period of AMMUNITION he started to call me on a daily basis having a hard time dealing with the TNT camp. They weren’t excactly treating him too well, and I felt terribly sorry for him. As soon as it was no way back for Hal I gave him a call. And he instantly quit TNT and joined AMMUNITION. 2 days before his first gig in Switzerland. Boy did he change the sound of this band!!! He is a real BASSplayer!!! And he is one of the nicest guys I know as well. With Robban it was a different story. Since AMMUNITION was a very fresh band our fees weren’t exactly high… And neither was his other bands fees, ECLIPSE. He desperately needed more income to support his family, and I had been paying the bands fees out of my own pockets for quite a while before we turned into a BAND, not a “solo band”. Then he was offered a full time membership in the band MUSTASCH. Music wise I know he would have prefered to stay. But you gotta survive. This was just before we did our first tour of Spain. So you can say the timing wasn’t perfect….to say the least. So we brought in John Macaloso for the tour. But he didn’t deliver and showed up in a pretty bad state….We had to send him home and called in Magnus Ulfstedt. His first gig with us was in Barcelona 2015. And he was awesome. He’s a bit heavier than Robban, a hard hitting drummer that gives us the punch we need. And his humor is fantastic 😉

 

Victor Cito (B)

Magnus Ulfstedt (Ds)

 

Also the band left AOR HEAVEN and got a deal with FRONTIERS MUSIC in Italy this time, in Japan you guys left MARQUEE/Avalon and got a deal with KING RECORDS.

Åge: You’ve done your homework 😉 Yes we did!! It’s good to be back on FRONTIERS and KING. With “Shanghaied” we pretty much did license deals and my own label owned the master rights. I looked upon it as an investment. And now it looks as though it’s gonna pay off 😉 “Shanghaied” is really boosting now on account of the promotion for our new album. #25 in India, and charting in the Netherlands, Germany, Belgium etc

 

Lasse Finbråten (Key)

 

You guys are touring in Norway and Europe, any plan to come to Japan for some gigs? You came to Japan with WIG WAM in 2010 last time. And What was the most impressive thing(s) when you ever came to Japan 4 times?

Åge: I REALLY REALLY hope so !!! We can’t put a gun to someones head to play in Japan though. So I guess we are just waiting for some requests. We would surely love to travel to Japan, no doubt about it. I’d love to re-connect with the Japanese Wig Wamaniacs!! It’s been TOO long !!! The most impressive memory from Japan was as mentioned earlier our first trip over. I would never dream that so many fans would show up at the airport to welcome us. And before getting on the plane we received news that the Tokyo gig was sold out. That was pretty unbelievable !! I also have great memories from our other trips to Japan too. 2010 was probably the best live experience. We had a great album out and a cool stage show.

 

 

About your solo works, you released new solo album SMOOTH SEAS (DON’T MAKE GOOD SAILORS) last year. And you sing for musicials like THE SHOW MUST GO ON for example, you have appearances on TV shows, you’ve been working hard. What makes you do so many things besides the reason you love to sing?

Åge: If life is a rainbow, why settle on just one color. There are so many melodies running through my head, and so much music to be made. So I need to bring it out. My solo work is of course much more personally. And the songwriting is more like self therapy. With AMMUNITION it’s much more social, and we just enjoy writing together and get that adrenaline rush. And yes, I like to make big stage productions too, like my Queen show. It’s has more or less been my daytime job for 10 years, and has given me the opportunity to keep myself self employed. The same with TV etc. I’d rather sing two hours worth of Queen classics for 100 people each night than working on some factory..he he

I heard you’ve quit smoking, it’s really good for your health. Any change after quitting?

Åge: I have quit smoking on a regular basis. it means that I still can enjoy a cigarette once in a while. Now it’s ME who has the control, not the cigarette. Well, I feel a lot better and my voice is much crisper. So it definitely has had an effect. Pretty funny though, I managed to have a cigarette on stage in Russia last week, and was caught by the secret police. Penalty; NOK 20.000,- :-0 Guess I won’t be smoking on stage again…EVER ha ha

 

I wonder what happens to NORDIC BEAST though we know you’ve been busy and also other members especially John Norum and Mic Michaelli have been busy for EUROPE. You guys will be together in the near future?

Åge: Nordic Beast is right now a sleeping beast. And I don’t know what will happen to the project. It was a great project where John and Mic could finally play some more heavy stuff, and for Mikkey Dee to do something else than Motörhead. When Lemmy died he soon was headhunted to Scorpions, and has been extremely busy ever since. And Europe has finally started to play the music Mic and John craved to do. And I’m in a happier place too. So you can say, the band aid that NORDIC BEAST was worked for us all. It got us moving forward in seperate ways. But Mikkey still calls me and asks if we can regroup again.

Who knows? I would love to. But then with original material of course… Let’s see what the future holds…

 

at MELODI GRAND PRIX 2017 in Norway for EUROVISION SONG CONTEST.

 

Your message to your loyal fans in Japan since WIG WAM days, they miss you a lot and hope you’ll be back for gigs in Japan.

Åge: I’m extremely flattered that you still remember me after all these years. I thought you had all forgotten about me and moved on, really. I will never ever forget the way you open your arms for me and WIG WAM, and I’m simply dying to come back to meet you all. I have already sent messages to CREATIVEMAN among others to try to return with AMMUNITION.

But I guess they will need to hear it from you too…. I think they believe that no one will show up for AMMUNITION concerts in Japan. Prove them wrong!!! Let’s get back together and get ready to be AMMUNITIONIZED!!!

 

 

(Discography)

AMMUNITION – AMMUNITION (2018, FRONTIERS MUSIC & KING RECORDS)

AMMUNITION – SHANGHAIED (2014, AOR HEAVEN & MARQUEE/Avalon)

Åge Sten Nilsen – SMOOTH SEAS (DON’T MAKE GOOD SAILORS) (2017, Grappa)