Steven Anderson (G) (1996) (English)

The latest album in 1996 was his 2nd album “MISSA MAGICA”.

 

 

Autographed answers for our questionnaire in 1996 for S-ROCK vol. 2 (published in 1997). The original paper is missing and a scanned file is online, sorry that it’s hard to read what he wrote.

 

 

 

 

 

 

Steven has changed his name to Steven Kautzky Andersson and is working for his comeback album which will be released later this year, together with the band GIPSY POWER. He had problems with his arm for 10 years and couldn’t play guitar.

 

GIPSY POWER – Electric Threads

Steven Anderson (G) (1996)(日本語)

1996年に発表された2ndアルバム”MISSA MAGICA”。

 

 

1997年発行の弊誌S-ROCK vol. 2に掲載された、1996年当時のSteven Andersonの質問状回答を掲載します。

原本が見当たらない為、冊子をスキャンしたものを掲載します。原文が読み辛くて申し訳ございません。

 

 

 

1.”MISSA MAGICA”という最新アルバムのミックスを終えた所さ。結果には満足しているし、聴く人達もそうだといいなと思っているよ。より深い意味と思いと、ハード・オリエンタル・フュージョン・ミュージックを演る事の両方にね。このアルバムには、(解読不能)フルート&ストリングスや、北欧の太陽の下の自然からの雰囲気の様な、新しくて異なる素晴らしい要素が含まれているのさ。

2.俺のゴールの1つには、聴く人々に恍惚的な精神世界の旅を広く体験して貰う、というのがあるんだ。音楽が人々の心と精神に到達出来ればと願っている。決して簡単な事ではないけれど、この新しい音楽で俺は人々のより広いエリアに遭遇出来ればいいなと思っているんだよ。

3.素晴らしい精神、美しい伝統、最高の食べ物、親切な人々、美しい自然、素晴らしい音楽嗜好、沢山の人々…日本に行って演りたいんだ!!!

4.俺のゴールは、僕の内なる子供に表現する為には何が重要と感じているかを常に尋ねる事なんだ。聴き手に、彼等が関わる事が出来て、彼等自身が精神的欲求を表現出来る何かを与えられたらと思っている。そしてインスパイアし、もっと独自の方法で違った事をしてみたい。簡単ではないけれど、旅する時に作曲したいという欲求が起こると、それはそれぞれのアルバムとは少し違って聞こえるものだと信じているんだ。そしてもっとスタジオでの作業をしてみたいし、俺の持つスタイルのギタリストを求めているバンドの手助けもしてみたいね。

 

 

5.リズム&ブルース、ブルース、ロック、フュージョン、ポップ、ディスコを演ってきたよ。ファンク・バンドもね。生活の為や、もっといい機材を買う為のお金を得るのにトップ40を演るライヴも沢山やったしね。18~20歳の時には20人の生徒を教えていたんだけど、その後L.A.へ2、3年移住したんだ。でも4年前から自分自身を自分の音楽と方向性でサポート出来る様になってラッキーだよ。

6.俺自身がどういう気分か、というのにもよるんだけど、精神瞑想音楽が好きなんだ。Al Di Meola、SANTANA、RAGE AGAINST THE MACHINE、John Norum、Yngwie Malmsteen、SIMPLE MINDS、Jimi Hendrix、DEEP PURPLE、Ritchie Blackmore、スウェーデンの民謡、東欧のジプシー音楽、アジアの音楽、Neil Young、MEGADETH、アシッド・ジャズのMOTHER EARTH、URBAN SPECIES等…。

7.本物であってくれ、今を生きよう。ありがとう。そしてKeep grooving.

 

 

 

現在彼はSteven Kautzky Anderssonとして活動しており、GIPSY POWER名義のバンドで今年「復活」アルバムを発表する予定です。腕にトラブルがあり、約10年ギターが弾けなかったそうです。

 

GIPSY POWER – Electric Threads

Dag Stokke (1996) – TNT/VAGABOND (English)

In memory of Dag Stokke, 1967-2011. We all love and miss you, Dag.

 

Taken after the gig of TNT in Nagoya 1997. The photo of him in 1996 when we got his message is missing, instead we get this one online.

 

 

 

From S-ROCK vol. 2 (published in 1997). The original paper of this message is missing, and we got the issue scanned instead.

 

 

Dag Stokke (1996) – TNT/VAGABOND(日本語)

Dag Stokke(1967-2011)の思い出に寄せて。

 

1996年にメッセージを書いて貰った際の写真が見当たらない為、1997年のTNT名古屋公演終演後に撮影した写真を代わりに掲載します。

 

 

 

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)に掲載した自筆メッセージを掲載します。原本が見当たらない為、冊子をスキャンしたものを掲載しています。

 

 

名古屋、1996年10月25日

S-ROCKの全てのメンバーのみんなへ。
元気?俺は元気だよ。3回目の来日だ。前回のTNTのツアーから4年振りになるね。今回は俺の友達Trine Reinと演るんだよ。出来るだけ早くTNTやVAGABONDと一緒に(日本に)戻って来れるといいな。Keep On Rockin’! またすぐ逢おうね!!!

Jon Johannessen (G) – DIEZEL (1996)(日本語)

ノルウェーのワーナー・チャペル・レーベルにて。1996年。

 

 

 

 

S-ROCKの兄弟姉妹達へ。
俺達のバンドDIEZELは2ndアルバムの制作に一生懸命取り組んでいるんだ、この春にはその結果を聴いて貰えるんじゃないかな。
DIEZELの俺達6人から愛を込めて。元気でね。

Nikolo Kotzev (G) (1996) (English)

Autographed messages in 1996 for S-ROCK vol. 2 (published in 1997). The original paper is missing and a scanned file is online.

 

 

The latest album of BRAZEN ABBOT in 1996 was “EYE OF THE STORM”.  He worked with Joe Lynn Turner, Swedish musicians like Göran Edman, Thomas Vikström, John Levén and Ian Haugland.

 

 

 

 

 

KIKIMORA Official Website: https://kikimora.nostramusic.com/

Nikolo Kotzev (G) (1996)(日本語)

1997年に発行された弊誌S-ROCK vol. 2に掲載した、1996年当時の自筆メッセージを掲載します。原本が行方不明の為、冊子からスキャンした画像を使用しています。

 

 

1996年当時のBRAZEN ABBOTの新作は”EYE OF THE STORM”でした。Joe Lynn Turnerや、Göran Edman、Thomas Vikström、John LevénやIan Hauglandといったスウェーデン人ミュージシャンが参加しました。

 

 

 

S-ROCK誌の読者のみんなへ。敬意を込めて、そして沢山のありがとうを!

 

 

 

 

KIKIMORA Official Website: https://kikimora.nostramusic.com/

Erika (1996)

From S-ROCK issue vol. 2 published in 1997.

 

Erika’s latest album in 1996 was “LADY LUCK”.

 

 

The original paper of this questionnaire is missing and we scanned from the issue, and her answers were written by pencil, so some parts are hard to read.

 

 

 

 

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Erika (1996)

1997年発行のS-ROCK vol. 2より

 

1996年当時の最新アルバムは”LADY LUCK”でした。

 

 

原本が行方不明の為冊子からスキャンした事、本人の回答が鉛筆で書かれていた事もあり、判読が困難な部分がございます。

 

 

 

1.丁度子供が生まれて(James Deanという男の子よ)出産休暇中なの。妊娠中は、Jan Johansen等の他のスウェーデンのアーティストに歌詞を書いていたわ。

2.プロモCDなら95年の秋に作ったわ。私の音楽的方向性が随分変わったのに気付く筈よ。AORではなくなって、例えばBLONDIEやSHAMPOOの様な音になっているの。

3、日本は大好きよ!!!(親切な人々、素晴らしい食べ物等…)また行きたいし、ツアーをしたいわ。日本のファンが居るというのは本当に光栄よ。

4.来年(1997年)は色々なレコード会社や出版社等と交渉を始めるでしょう。全部上手くいったらアルバムが出ると思うの。

 

 

5.1979年に色々なパンク・バンドで演り始めたわ。それからヘヴィー・メタル・イヤーが来るのよね。1990年に自分の1stアルバムを出して、翌年に2枚目、そして1993年に一番最新のアルバムを出したわ。1995年迄ツアーしていたの。

6.本当に沢山の好きな種類の音楽があるのよ。QUEEN、EURYTHMICS、BLONDIE、SEX PISTOLS、SHAMPOO、DEEP PURPLE、それとプッチーニ、モーツァルト、バッハの様なクラシックもね。

7.目一杯人生を生きてちょうだい。1分1分を大切にね。

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/