Steven Anderson (G) (1996)(日本語)

1996年に発表された2ndアルバム”MISSA MAGICA”。

 

 

1997年発行の弊誌S-ROCK vol. 2に掲載された、1996年当時のSteven Andersonの質問状回答を掲載します。

原本が見当たらない為、冊子をスキャンしたものを掲載します。原文が読み辛くて申し訳ございません。

 

 

 

1.”MISSA MAGICA”という最新アルバムのミックスを終えた所さ。結果には満足しているし、聴く人達もそうだといいなと思っているよ。より深い意味と思いと、ハード・オリエンタル・フュージョン・ミュージックを演る事の両方にね。このアルバムには、(解読不能)フルート&ストリングスや、北欧の太陽の下の自然からの雰囲気の様な、新しくて異なる素晴らしい要素が含まれているのさ。

2.俺のゴールの1つには、聴く人々に恍惚的な精神世界の旅を広く体験して貰う、というのがあるんだ。音楽が人々の心と精神に到達出来ればと願っている。決して簡単な事ではないけれど、この新しい音楽で俺は人々のより広いエリアに遭遇出来ればいいなと思っているんだよ。

3.素晴らしい精神、美しい伝統、最高の食べ物、親切な人々、美しい自然、素晴らしい音楽嗜好、沢山の人々…日本に行って演りたいんだ!!!

4.俺のゴールは、僕の内なる子供に表現する為には何が重要と感じているかを常に尋ねる事なんだ。聴き手に、彼等が関わる事が出来て、彼等自身が精神的欲求を表現出来る何かを与えられたらと思っている。そしてインスパイアし、もっと独自の方法で違った事をしてみたい。簡単ではないけれど、旅する時に作曲したいという欲求が起こると、それはそれぞれのアルバムとは少し違って聞こえるものだと信じているんだ。そしてもっとスタジオでの作業をしてみたいし、俺の持つスタイルのギタリストを求めているバンドの手助けもしてみたいね。

 

 

5.リズム&ブルース、ブルース、ロック、フュージョン、ポップ、ディスコを演ってきたよ。ファンク・バンドもね。生活の為や、もっといい機材を買う為のお金を得るのにトップ40を演るライヴも沢山やったしね。18~20歳の時には20人の生徒を教えていたんだけど、その後L.A.へ2、3年移住したんだ。でも4年前から自分自身を自分の音楽と方向性でサポート出来る様になってラッキーだよ。

6.俺自身がどういう気分か、というのにもよるんだけど、精神瞑想音楽が好きなんだ。Al Di Meola、SANTANA、RAGE AGAINST THE MACHINE、John Norum、Yngwie Malmsteen、SIMPLE MINDS、Jimi Hendrix、DEEP PURPLE、Ritchie Blackmore、スウェーデンの民謡、東欧のジプシー音楽、アジアの音楽、Neil Young、MEGADETH、アシッド・ジャズのMOTHER EARTH、URBAN SPECIES等…。

7.本物であってくれ、今を生きよう。ありがとう。そしてKeep grooving.

 

 

 

現在彼はSteven Kautzky Anderssonとして活動しており、GIPSY POWER名義のバンドで今年「復活」アルバムを発表する予定です。腕にトラブルがあり、約10年ギターが弾けなかったそうです。

 

GIPSY POWER – Electric Threads

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください