Trond Øien (G) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

 

1.TINDRUMは俺のガールフレンドさ。究極の居心地だよ!最も大好きな事をずっとやりたかった方法で実現出来ているんだからね。マリリン・モンローとブリジット・バルドーと同時にイイ事をするみたいなものさ!!
2.俺に影響を一番与えたのはEddie Van Halen氏だと思うんだ。彼等の1stアルバムを聴いて以来夢心地なんだ。つまり、彼はギター演奏の全体の考え方を変えてしまったって事さ!一方で、誰かに影響されるというよりも奮起させられる事の方が多いんだよ。ギタリストからだけじゃなくて、彼等が手掛けている何かが並外れて
素晴らしければ誰からだってワクワクさせられるのさ。彼等がミュージシャンである必要なんて全くないよ!ライターでも、画家でも、俳優でも、素晴らしい人格の持ち主ってだけでもいいんだ。そういう事が俺の視野を広げてくれるし、仕事において利益になっていると思うんだ。俺のキャリアの中では、2、3のバンドとしかツアーしたり、演ってきた事がない。でももし俺の心に尋ねるなら、俺のキャリアはTINDRUMを結成した日に始まったんだ!って言えるさ。
3.曲のタイトルのリストは次の通りさ。Drums Of War(1stシングルだよ)、Horoscope、Stranger In Paradise、Midnite Dynamite、Rain、Hello, The World Is Calling、Can’t Get Enough、Miracle Of Love、Keep Runnin’とOnce Bitten, Twice Shyだよ。
俺が誇りに思うデビュー・アルバムに仕上がったんだ。DRUMS OF WARっていうタイトルさ。Svein Dag Haugeのプロデュースで、ノルウェーの首都オスロでレコーディングされたんだよ。ノルウェーでの発売は9月9日に決まってるんだ。
4.あれは完全に運命だったと思うんだ!

 

 

5.7歳の時には既に母さんのEKOのアコースティック・ギターを持って鏡の前でポーズを取ってたのを覚えてるんだ。でも13歳で初めてのエレクトリック・ギターを手に入れる迄は演り始めなかったんだ。古いテープ・レコーダーを回しながらプレイしてて、最高!って思ってんだ。それから15か16になる迄近所の奴等と沢山のバンドで演ってたよ。でも本当に最初のバンドはバンドというより、共通の好みを持つ仲間、って感じだった。確かWILD DOGSとか何とかって呼んでたと思うよ。
6.彼等を公平に評価する言葉なんて見つからなかったよ!彼等は素晴らしいし、大好きなんだ!
俺自身?面と向かって話さない限り自分自身を語るなんてとても難しいよ。でも質問の下の俺の答えは、俺と俺の人生観について多くを語っていると思うよ!
7.山がどれだけ高いかなんて問題じゃないんだ。登らない限り君は頂上には辿り着けないんだ!!夢を諦めるな、その為に戦うんだ、信じるんだ、そして最後には成就するんだよ!

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください