Jon Johannessen (G) – DIEZEL (1995)(日本語)

2ndシングルのタイトル曲”When Sorrow Comes Alive”は、乳児の時逝去したDieselの愛息Dennisに捧げられています。

 

 

 

1.最近は自分自身で、あるいはバンドと一緒にこの夏のギグの為のリハーサルをしているよ。俺は落ち着きが無さ過ぎて休みが取れないんだ。だからどっちつかずでホームスタジオで時間を潰しているのさ。
2.最新アルバムは”WILLPOWER”さ、俺達は、強力な売れ線の曲と伝統的なHRの間の完璧なバランスを発見したと思うよ。好きな曲は、”Love Has Got It’s Hold”、”In The Wilderness”、そして”Hangin’ ‘Round The Angels”さ。
3.強烈な文化、働き者の人々、俺がまさに訪れたい所なんだ!
4.ミュージシャンとしてのゴールは、自分で作り得る最高の曲を書く事と出来る限り学ぶ事さ。俺個人のゴールは、大家族を持つ事の他に、料理番組のホストとして日本でTV番組を持つ事(冗談なんかじゃないよ!)。今こそ西洋の俺達が素晴らしいレシピのお返しをする番さ!

 

 

5.Diesel:正直で、激しいドラマーで、常に何かに忙しい奴さ。俺達のクオリティーを管理しているんだ。Frode:かっこ良くて穏やかで、俺が常に求めていたシンガーなんだ。Tom:まさにミュージシャン。素晴らしいギタリスト、そして素晴らしい友達さ。Sid:素晴らしいミュージシャンで楽しい奴さ。こんな兄弟が居たらいいなぁと思う様な奴なんだ。俺自身:音楽の為に1日25時間生きる男さ。
6.好きなミュージシャンはPat Travers、Ted Nugent、Steve Vai、そしてFrank Zappaさ、好きなバンドは、AEROSMITH、VAN HALENとTHE ROLLING STONESなんだ。俺達のプロデューサーのLeif Johansenは、PHENOMENAや21 GUNSの仕事でも分かる様に常に上位に居るよ。
7.俺達の新譜”WILLPOWER”を楽しんでくれ。出来るだけ早くそっちへ行って君達の為にプレイするよ!

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください