Jacob Kjaer (G) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

 

1.次のアルバムのギター・パートのリハーサルをしていて、元気にやっているよ。明日は残りのクリスマス・プレゼントを買いに出掛けるよ。みんなにメリー・クリスマス!

2.(1996年)5月31日(に録音された)のROYAL HUNT LIVE IN JAPANさ。このアルバムの音が好きなのと、沢山のエネルギーを感じるよね。好きな曲は、”1348″、”Wasted Time”、”Drums And Bass Solo”、”Epilogue”だね。”Epilogue”のD.C.の歌とソロが入る最後の所が凄く好きなんだ。ハーモニーがとても美しいと思うよ。

3.良い人達と新幹線を思い出すな。そしてとてもとても居心地のいいホテル。

4.音楽を通じて俺は世界中を旅している。それはとても幸せな事だと思ってるよ。そしてバンドをやっていく事そのものが好きなんだ。連中とつるんで出掛けたり、ライヴをやったり、旅したり、そしてアルバムを作ったりね。

 

 

5.最初のギターは1985年に手に入れたんだ。James Hetfieldの様になりたかったし、今でも彼は一番かっこいい奴の1人だと思ってる。1990~92年の間は2、3のデモ・テープを作ったけど、真剣とは言えなかった。その頃俺のメロディックな演奏が上達していって、1993年にROYAL HUNTに出会った時に沢山のテクニックを練習する事が必要だと悟ったのさ。

6.俺の好きなバンドはJUDAS PRIEST、THIN LIZZY、DOKKEN、LYNCH MOBだ。刺激を受けた・受けているギタリストはGeorge Lynch、Michael Schenker、Warren De Martini、Kee Marcello、Greg Howe、Shawn Lane、James Hetfield、Steve Lukatherだね。
Rob Halford、Phil Lynott、Elvis Presleyも尊敬しているよ。

7.メリー・クリスマス、そして明けましておめでとう。1997年もROYAL HUNTが来日出来るのを祈ってるよ。1995年、1996年の日本公演のツアーでは素晴らしい思い出が出来たし、また是非行きたいんだ。また逢おうね。体には気を付けて。

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください