Brian Rich (Vo) – JACKAL (1995)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 1(1995年発行)より

May his soul rest in peace.

 

1995年当時の新譜は、1994年に発売された”A SAFE LOOK IN MIRRORS”でした。

 

 

Brianの回答はタイプされたもので、自筆ではございません。

 

 

 

1.今は充電中で、そうすれば新しいパワフルな曲を作る事が出来るんだ。JACKALはまさに力を蓄積しようとしている所だと思うよ。

2.”A SAFE LOOK IN MIRRORS”の中の俺の好きな曲は、今は”When The Light Is Coming Down”だけど、時々変わるんだ。みんなに注目して欲しいのは、曲全体を1曲としてとらえるという事。アルバム全体を通して腰を据えて楽しんで欲しいんだ。

3.難しい質問だよ。日本という言葉が語られると、俺の心の中に様々な事柄が思い浮かぶからね。でもこれからも常に思い出すだろうという事は、日本に初めて行った時じゃないかな。あのツアーは俺のキャリアの中の1つのピークだったからね、音楽も、日本の土地や人々についてもね。

4.(ミュージシャンとしては)今俺がやっている事を継続する事、出来れば人々を俺達が演っている音楽で楽しませたい。(自分自身としては)俺の人生を楽しいものにする事。

 

 

5.かなりの時間をPerと一緒にFOREVERやPASSION等のバンドで演ってきた。この8年間はJACKALで歌っていて、3枚のアルバムを発表してきたよ。”RISE”、”VAGUE VISIONS”と”A SAFE LOOK IN MIRRORS”さ。

6.俺の音楽の好みはJACKALの様なよりパワフルでメロディックなメタルだ。自分達の音楽が好きだからね。そうでなければJACKALでは演って・歌っていないよ。

7.メタルが支配するんだ、次に俺達が日本へ行く迄ヘヴィーで居てくれ。

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください