Per Fisker (Ds) – ENCORE (1997)(日本語)

1998年に発行されたS-ROCK vol. 3より

 

1998年に日本のみで発売された”FREE IN CHAOS”アルバム。1997年の時点では、プロモ盤の”THE NEW SINGLES”と”ANOTHER 6 SONGS”を発表していました。

 

 

 

1.最近は多くの時間を曲作りに費やしているよ、新譜が出る迄はね。やらなくちゃならない事が沢山あるし、今の所それが俺達の主な関心事だよ。

2.ああ、全部好きさ。このCDは主に欧州、もしくはデンマーク向けに作られたんだけど、Marathon Designは、数十年の終わりに向けて俺達が作った一番わくわくする曲なんじゃないかな。俺はそのスタイルがとても好きなんだけど、音楽業界の人達が全ての曲を1つのまとまったアルバムとして評価してくれる事を祈ってるよ。

3.知っての通り、ENCOREはJACKALじゃないんだ、今は全てが全く新しい。こっちでも誰もENCOREを知らないから、新しい事に対してのパワーと興味は俺達にとってとてもわくわくするものなんだ、それにデンマークのシーンは、あらゆる異なったスタイルやバンドにとても開放的だと思うんだ。だから前向きになれるんだ、以前JACKALに居た時にはなかった事だよ。

 

 

4.まずBennyから始めようか。20年以上彼を知っているから、一番評価し辛いな、ハハハ…。Bennyは公平でまっすぐな人間さ、君が彼と2ヶ月付き合いがあれば、彼を完全に理解している事になるね。
Carstenはあらゆる意味でとてもパワフルな男さ。作曲の仕方から歌い方からね。誰にとってもいい友達で、自分が何を求めているか分かっている男でもある。
Jesperは俺達の中で一番若いから、とても開放的な奴だよ、いつも笑っていて、凄いベーシストだ。
えーっと、俺?他の奴等が俺について何を書いているのか読むのが待ち切れないな…まあ俺はいい奴だよ。

5.ライヴをやって、新曲を作り、新譜を宣伝して、沢山楽しんで、旅をして、幾らか稼いで、音楽業界にまつわる事全てさ。でも俺達はまだライヴをやっていないんだ、だからデンマークの小規模な会場を全て回るんじゃないかな、楽しむ為と経験の為にね。

6.日本のファンを沢山獲得できることを祈ってるよ、JACKALのファンが俺達にとってどれだけ大切な存在だったか、そして今でも大切な存在かを知っているからね。日本でファンを獲得すれば、彼等はいい時も悪い時もバンドと共に居てくれる、それは俺の心を動かすものなんだ。みんなありがとう…。

 

 

GRUMPYNATORS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/grumpynators/

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください