Benny Petersen – ENCORE (1997)(日本語)

1998年に発行されたS-ROCK vol. 3より

 

1998年に日本のみで発売された”FREE IN CHAOS”アルバム。1997年の時点では、プロモ盤の”THE NEW SINGLES”と”ANOTHER 6 SONGS”を発表していました。

 

 

 

1.それぞれが新曲を書いていて、俺は新しいギターを調整している所さ。生活の為に音楽以外の仕事もしているんだ。JACKALが分裂して以来色んな事を考えたよ。10年も一緒に演ってきたんだから、あんな風に終わらせるのは楽な事じゃなかったんだ。俺の一部はまだ沢山のギター・サウンド、HMリフ、爆発的なギター・ソロを求めている。でも欧州の今の状況は異なっていて、ENCOREも違うものだ。以前の様なハードさはなく、ギターが華々しい訳でもなく、Voを主体とした作りになっているのさ。軽い感じでフワフワとしていて、きっともっとコマーシャルなんだ。君たちがどう思うかを聞くのが楽しみだよ?!

2.バンドがよくまとまっていい仕事をしているのに注目して欲しいね。誰かが、この作品をJACKALの”VAGUE VISIONS”のプロデューサーの手によるものだと気付くかも知れないな。とてもメロディックで一貫性があるのさ。新鮮で、今の音楽シーンに合っていると思うよ。
個人的には、”Ginger And Lime”、”500 People”と”Marathon Design”が気に入っているんだ。”Marathon Design”を聴くと体を動かしたくなるんだ。この曲は躍動的だよ!

3.デンマークのシーンは完全にイギリスの流行に飲み込まれていると思う。すっかりUK風だ。パンクの雰囲気に育まれたいい加減でけばけばしいギターの音!かっこ良くて綺麗な音の何が悪い?!
日本あるいは他の国と同じ様にデンマークでENCOREを続けるのに一番大事な事は、ファンの反応だ!!反応やフィードバックがなければ続けていくのは困難なんだ。エンジンに燃料が全くないのと同じ事だからね!だからENCOREをどう思うのか教えてくれ!!

 

 

4.Per Fiskerは最近彼の髪の2/3を切ってしまったよ、彼が今の音楽シーンをどう思っているかはっきり表しているよね。ドラムについてはシンプルで更にブルーヴを増している!Jesper Bangはとても若いベーシストで、レッチリ・タイプで、もう伸びてこないんじゃないかと思う位髪が短いけど、それが彼によく似合ってるんだ。彼は、ここやあそこにちょっとしたリフやエキサイティングなものを入れてベース・パートを複雑なものにしようといつもあれこれ試している。Carstenの事は長い間知っているよ。いい奴で反逆者さ。一言で言うなら「自由」って事かな!いい声を持っていて、シンガーとして彼をとても尊敬しているんだ。彼は自分の理論にとても精通しているから、自分が何をしているかを的確に把握しているよ。とても正確に歌っているんだ。俺は髪を切らなかったんだ、だってR&Rと長髪はいつも共にあるじゃないか!今俺は少し静かにしていて、音楽の方向性の転換を見守り、その中で仕事をしているのさ。

5.将来の計画は、日本と欧州でCDを発売する事だね。ラジオでのO.A.があっていい反応が得られて、ライヴをやれればいいなと思ってるよ!
新曲を既に手掛けている所で、更にレコーディングする為にスタジオ入りする事になるだろうからね!

6.ENCOREを、新鮮で新しくて感情を揺さぶる様なバンドを温かく迎えて欲しいな。曲の幾つかが君達の心をとらえて、一緒に歌って貰える事を本当に祈ってるんだ。
1994年のクリスマスにJACKALと共に日本へ行って、忘れられない経験と挑戦が出来た事に本当に感謝しているんだ。どうもありがとう。ENCOREにも同じ事が起こるといいな、あの世界一の観衆が恋しいんだ。ドウイタシマシテ…みんなに早く逢えます様に!ベニー・ペターセン

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください