Erika (1996)

From S-ROCK issue vol. 2 published in 1997.

 

Erika’s latest album in 1996 was “LADY LUCK”.

 

 

The original paper of this questionnaire is missing and we scanned from the issue, and her answers were written by pencil, so some parts are hard to read.

 

 

 

 

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Erika (1996)

1997年発行のS-ROCK vol. 2より

 

1996年当時の最新アルバムは”LADY LUCK”でした。

 

 

原本が行方不明の為冊子からスキャンした事、本人の回答が鉛筆で書かれていた事もあり、判読が困難な部分がございます。

 

 

 

1.丁度子供が生まれて(James Deanという男の子よ)出産休暇中なの。妊娠中は、Jan Johansen等の他のスウェーデンのアーティストに歌詞を書いていたわ。

2.プロモCDなら95年の秋に作ったわ。私の音楽的方向性が随分変わったのに気付く筈よ。AORではなくなって、例えばBLONDIEやSHAMPOOの様な音になっているの。

3、日本は大好きよ!!!(親切な人々、素晴らしい食べ物等…)また行きたいし、ツアーをしたいわ。日本のファンが居るというのは本当に光栄よ。

4.来年(1997年)は色々なレコード会社や出版社等と交渉を始めるでしょう。全部上手くいったらアルバムが出ると思うの。

 

 

5.1979年に色々なパンク・バンドで演り始めたわ。それからヘヴィー・メタル・イヤーが来るのよね。1990年に自分の1stアルバムを出して、翌年に2枚目、そして1993年に一番最新のアルバムを出したわ。1995年迄ツアーしていたの。

6.本当に沢山の好きな種類の音楽があるのよ。QUEEN、EURYTHMICS、BLONDIE、SEX PISTOLS、SHAMPOO、DEEP PURPLE、それとプッチーニ、モーツァルト、バッハの様なクラシックもね。

7.目一杯人生を生きてちょうだい。1分1分を大切にね。

 

 

 

Erika Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/erikaerika666/

Mikael Erlandsson (1995)(日本語)

1995年発行のS-ROCK vol. 1より

 

1995年当時のMikael Erlandssonの新譜は”THE 1″でした。この作品は彼のソロ1stです。

 

 

 

1.最近は主に新譜の制作作業をしているんだ。2、3回コンサートもやっているし、リラックスする為に2週間程オフを取る予定さ。

2.最新アルバム”THE 1″には満足しているよ。人々に美しさと刺激を見出して欲しいんだ。アルバムの好きな曲は、1、2曲を選ぶのは難しいな、だって全部好きだからね。その選択については君達に委ねるよ。

3.ハイテクと沢山の人々と沢山の可能性を持った清潔な国。いつも日本にはとてもいい印象しか持っていないんだよ。

4.自分の音楽で出来るだけ成功したい。今の所音楽は僕を幸せにしてくれているし、ずっとこんな風にしていられたらいいし、そう信じてるんだ。

 

 

5.パンク・ロック・バンドでドラマーとして始めたんだ。それからミュージカル、ポップ・グループ、HRでシンガーとしてのスタートを切ったのさ、キーボードも演っていたよ。言い換えれば、全ての音楽を演ってきたという事さ。でも今では自分の作品だけに集中しているんだ。

6.僕の音楽の好みは幅広いんだけど、これ(ら)が好きなものの幾つかだよ:ベートーベン、モーツァルト、THE BEATLES、E.L.O.、SEX PISTOLS、AEROSMITH、John Farnham、EAGLES (Don Henley)、10CC、David Ree Roth (VAN HALEN)、ENIGMA…等。

7.まず最初に、一番尊敬する国の日本で僕のアルバムが発売されたという事を知ってとても嬉しいよ。君達の中の多くの人々が僕の音楽を楽しんでくれる事を願っているんだ。勿論君達に逢いに行きたいし、日本にハローと言いたいんだ。そちらに居る全ての僕の新しい友達へ愛を込めて。

MASQUERADE (1995) (English)

“SURFACE OF PAIN” album released in 1994.

 

 

From S-ROCK issue vol. 1 published in 1995. The latest album at that time was “SURFACE OF PAIN”.

Scanned files from the issue are online as we don’t find original papers.

 

 

Members for MASQUERADE in 1995:

Tony Yoanson (Vo)
Thomas G:son (G)
Henrik Lundberg (B)
Marco Tapani (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Let us know your music career and what kind of music you used to play.
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for S-ROCK. And your autograph, please.

MASQUERADE (1995)(日本語)

1994年当時の新譜”SURFACE OF PAIN”アルバム。

 

 

弊誌S-ROCK vol. 1 (1995年発行)に掲載された質問状回答を掲載します。当時の最新アルバムは”SURFACE OF PAIN”でした。質問状回答の原本が見つからない為、冊子をスキャンしたファイルを掲載します。

 

 

1995年当時のMASQUERADEのメンバー:

Tony Yoanson (Vo)
Thomas G:son (G)
Henrik Lundberg (B)
Marco Tapani (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。