Pecu Cinnari (Ds) – TAROT (1998) (日本語)

May his soul rest in peace.

 

1999年に発行した弊誌S-ROCK vol. 4より

Thanks to Anne Toivanen

 

メッセージを書いてくれた1998年当時の新譜は”FOR THE GLORY OF NOTHING”でした。

 

 

 

ハロー!

そっちでイイ事もロックも続けてくれ、あんたらイカレ野郎達よ!

「無の栄誉の為に」…。

Zachary Hietala (G) – TAROT (1998) (日本語)

1999年に発行した弊誌S-ROCK vol. 4より

Thanks to Anne Toivanen

 

メッセージを書いてくれた1998年当時の新譜は”FOR THE GLORY OF NOTHING”でした。

 

 

 

S-ROCKへ

「無の栄誉の為に」ヘヴィーな天国に宜しく言っといてくれ。

Marco Hietala (Vo&B) – TAROT (1998) (日本語)

1999年に発行した弊誌S-ROCK vol. 4より

Thanks to Anne Toivanen

 

メッセージを書いてくれた1998年当時の新譜は”FOR THE GLORY OF NOTHING”でした。

 

 

 

 

S-ROCKとファンのみんなへ

ロックし続けよう、「無の栄誉の為に」!

 

 

Marko Hietala Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/markohietalaofficial/

STRATOVARIUS – From The Issues

From S-ROCK issue vol. 3, published in February 1998.

Thanks to Anne Toivanen

 

The latest album “VISIONS” when the issue was out in 1998.

 

 

The message from Timo Tolkki includes sexual expressions in Japanese, S-ROCK got it masked before we get it online.

 

 

Timo Kotipelto (Vo)

 

Timo Tolkki (G)

The message from Timo Tolkki includes sexual expressions in Japanese, S-ROCK got it masked before we get it online.

 

Jari Kainulainen (B)

 

Jörg Michael (Ds)

Timo Tolkki’s messages are on the backside of this paper, S-ROCK tried to mask them as much as possible.

 

Jens Johansson (Key)

STRATOVARIUS – From The Issues

1998年2月発行のS-ROCK issue vol. 3より

Thanks to Anne Toivanen

 

掲載時の最新アルバム”VISIONS”

 

 

 

(Timo Tolkkiのメッセージについては性的な内容が日本語で書かれている為、今回のネット公開に伴いマスキングさせて頂いています)

 

 

Timo Kotipelto (Vo)

「フィンランドは寒いけど、熱い挨拶を送るよ!」

 

Timo Tolkki (G)

「ハロー S-ROCK、来年逢おうね!*******下さい」

(性的表現を含む為、今回のネット掲載に伴いマスキングさせて頂いております。また、同じ紙の裏にJörgのメッセージが書かれている為、文字が透けて見えておりますがご了承下さいませ)

 

Jari Kainulainen (B)

「ハロー 日本」

 

Jörg Michael (Ds)

「S-ROCKにハロー。ドラムスに語らせようぜ!」

(このメッセージの紙の裏側にTimo Tolkkiのメッセージが書かれている為、出来る限りTimoの書いたものが見えない様に加工してあります)

 

Jens Johansson (Key)

「ハロー」