Ole Evenrude (1997) (日本語)

1998年発行の弊誌S-ROCK vol. 3より

 

1997年当時のOleの最新作は”ONE SIZE FITS ALL”でした。当時彼はポリグラム・ノルウェーでA&Rとして働いていました。

 

 

1.貴方は才能あるミュージシャンであるにも関わらず、アルバム制作を止めてしまい現在はポリグラムのA&Rとして働いています。どうして演るのを止めてしまったのですか?

Ole: 演奏するアーティストである事に疲れてしまったんだ、だから代わりに他のアーティストの為に曲を書いたり、プロデュースする事を始めたのさ。実際こっちの方がずっと好きなんだ。

2.貴方自身の作品で好きなアルバムと曲を教えて下さい。

Ole: ベスト・アルバムは”ONE SIZE FITS ALL”だな。好きな曲?分からないな、自分が演ってる曲は殆ど好きだよ。

3.貴方は沢山のアルバムのプロデュースもしています。どれが一番印象深い作品ですか?

Ole: TUESDAY GIRLS、RETURNの”V”、Trine Reinの”FINDERS KEEPERS”。

4.「日本」という言葉から連想するものは?

Ole: 寿司と「ビッグ」ロック。

5.ミュージシャンとして、A&Rとしてのあなたのゴールは何ですか?貴方個人としてはどうですか?

Ole: 出来る限りの最高の曲を書く事、出来る限りの最高のアルバムをプロデュースする事。

 

 

6.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演っていたのか教えて下さい。

Ole: 音楽と名の付くものなら殆ど全部試してきたし、それを楽しんでいるんだ。以前はアーティストで、ポップ、ロックからHRを演っていたんだ。その後プロデューサーになって、ティーンエイジ・ロックからHM迄何でも関わってきたよ。

7.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。

Ole: 曲が素晴らしいものである限りどんな音楽でも好きなんだ。好きなバンドは数ある中でも、THE BEATLES、Tom Petty、Don Henley、AC/DC、ENUFF’S NUFF、ABBA、Ian Hunter、AEROSMITH。

8.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Ole: S-ROCK読者のみんなへ、平和と愛を。

Solli – 21 GUNS (1997)(日本語)

1998年発行のS-ROCK vol. 3より

 

1997年当時Solliが歌った最新の作品は21 GUNSのNOTHING’S REALでした。

 

 

1.共同作曲者でプロデューサーのKee Marcello(元EUROPE)と一緒に、俺の初めてのソロ・アルバムのミキシングに取り掛かろうとしている所だよ。1998年の春のいつかに発売される予定なんだ。その前に、ギターのScott Gorham(元THIN LIZZY)と演ってる俺のバンド21 GUNSが、1997年12月17日にJVC(ビクター)から”NOTHING’S REAL”アルバムを日本で出すよ。

2.21 GUNSのアルバムの話をしようか。アルバムの素晴らしいミュージシャンシップに注目して欲しいね。アルバムを通してとても良く作られているんだ。いいプロダクションだし、いい歌詞が付いてるしね。俺の好きな曲は、”King’s Vengeance”(そうだよ、LIZZYのカヴァーなんだ!)、”Nothing’s Real”と”Wolves”さ。

3.素晴らしくて、フレンドリーな人々。寿司、すき焼き(大好きなんだ!)、ライヴを演るのに最高な所!(行った事がないから、早く行ければいいなと思っているよ!)

4.音楽で生計を立てられる事と21 GUNSとアルバムを何枚も作る事、ソロ・アルバムを何枚も作る事、そして様々な人達と仕事をする事!

 

 

5.15歳の時に初めてのバンドを始めたよ、RAMONESの様なパンク・バンドで演ってたんだけど、すぐにDEEP PURPLEやLED ZEPPELINを見つけて、以来ずっとハード・ロッカーさ!SONS OF ANGELS(アトランティックから90年に同名のアルバムを出したよ)でブレイクする迄は色々なバンドに居た。その後は、PSYCHO MOTELでAdrian Smith(元IRON MAIDEN)と一緒にアルバム(1995年にビクターから発売された”STATE OF MIND”)を作ったんだ。

6.バンドはLED ZEPPELIN、DEEP PURPLE、HEART、FREE、BAD COMPANY、ミュージシャンはPaul Rodgers、DC(David Coverdale!)、Robert PlantとIan Gillanだね。

7.これは決まり文句なんかじゃなくて、心からの願いなんだ。俺は本当に、本当に1998年の春に21 GUNSと日本をツアー出来る事(計画ではそうなってるんだ)、ライヴ・アルバムを録音出来る事を祈っているよ。君達の国の事がもっと知りたいし、そこでロッカー達みんなに逢いたいんだ!

Marcel Jacob in S-ROCK issue vol. 2 (1997)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年3月発行)に掲載したMarcel 直筆の弊質問状に対する回答です。尚、原稿が見つからず弊誌のページを直接スキャンした為、見辛い点があります事をご了承願います。

 

 

1.1995年9月から1996年にかけては、TALISMANの”LIFE”アルバム、HUMAN CLAY(俺とJSSのニュー・プロジェクトだよ)の”HUMAN CLAY”アルバム、Yngwieの”INSPIRATION”アルバムが発売されるんだ。出来れば1996年の秋に日本をツアーしたいね。

2.”HUMAN CLAY”だ。俺がギターを弾いた初めての作品なんだ。凄くおかしいよな。守るべき俺独自のスタイルなんてないんだから。だから負けないように努力したり、自分自身になれるのさ、その曲が必要と感じればね。影響を発見してくれ!好きな曲はWithout Youだよ。

3.興味深い質問だな。言葉遣いが完全に解釈を自由にしているよね。1つだけ印象を教えておこうか。積極的な礼儀正しさ。

4.映画音楽を担当する事さ。分かる?最も興味深い挑戦が潜んでいるんだ。人間性を高める様努力する為にね。共感や哀れみを失う事なく独創的に環境に適合する、よりはっきりと定義された人格さ。

 

 

5.Yngwie Malmsteen、John Norum、TALISMAN、HUMAN CLAY…ギター・ミュージック。

6.ブラック・ミュージック、ソウル、TERENCE TRENT D’ARBY、LED LEPPELIN、Ritchie Blackmore、Sam Cooke。

7.常に目覚めていよう。心を使うんだ、恐れてはいけないよ。