Eirikur Hauksson (Vo) – MATCHES FOR MAGGIE (1997)(日本語)

1996年に300枚限定で発表されたMATCHES FOR MAGGIEのミニ・アルバム。

 

 

 

1.6月と7月はノルウェーでも一番暑い時期なんだ。沢山の人がコンサートへ来る訳じゃないから、夏の間はクリーンな楽しみでも持とうかなと今は計画しているんだ。でも秋が来たら、新曲のリハーサルと、クラブ・ツアーを計画し始める予定だよ。
2.最新作は、MATCHES FOR MAGGIEの5曲入りのデモCDだよ。俺の好きな2曲は、”After The Evening Prayers”と”Big City Ghosts”さ。Henningの素晴らしいギターワークに注目して欲しい、でも最初に聞いて曲が複雑だと感じたら、また聴き直してみて欲しいんだ。じっくり聴けば分かって貰えると思うからね。
3.「太陽の国」、相撲、火山、人口の多さ、外国の文化。日本がワクワクする場所だって疑いもしないさ、だって俺は26万人の人口のアイスランド出身だからね。
4.ミュージシャンになるという事は豊かな人生を送るって事なんだ。俺のゴールは、幸せな人間であり続ける事。そしてシンガーとして、作曲者として成長し続ける限り俺は幸せであり続けるのさ。成功するかどうかは必須じゃないんだ、物事が進むのをありのままに受け入れるさ。

 

 

5.殆どの少年達同様、AからZ迄殆ど全てのアーティストのカヴァーを演る様々なアマチュア・バンドから始めたんだ。7歳の時からロック・ファンだけど、アイスランドではロックで生計を立てる事は不可能だから、様々な事柄に関わってきたし、アイスランドに居た頃は30から40のアルバムに関わっていた。でも1988年にはノルウェーのHMバンドARTCHに加入して、92年迄一緒に演っていたよ。出来ればMATCHES FOR MAGGIEをこの先一生続けたいね。
6.色々な音楽のスタイルがやって来ては去っていくけど、HMが常に一番さ。METALLICA、PANTERA、ALICE IN CHAINSの様なバンドを掘り下げるんだ。でもこれが常に好きだ、という事ならDavid Bowieだね、彼のキャリアの中でとても多くの紆余曲折を経て生き抜いてきたアーティストだからね。Ian Gillan、Bruce DickinsonやRobert Plantの様なヴォーカリストも俺のキャリアには大きな影響があったよ。
7.成功は一晩でやって来る事もあるさ。でも真の成功は地道に努力した結果なんだ。MATCHES FOR MAGGIEの名前に注目してくれ。今は話題の中心という訳ではないけれど、俺達の時代がやって来るさ。それが実現したら、日本は最初に訪れたい国だよ。ARTCHの2枚のアルバムのお陰で俺のファンが幾らか居るみたいだから、いつか何処かのライヴで彼等に逢いたいんだ。

 

コメント / Leave Your Comment

メールアドレスは非公開&全て必須項目です / Your e-mail address is visible only for Admin. All required to fill in.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください