ROYAL HUNT (1996)(日本語)

Special thanks to Ms. Muramatsu & TEICHIKU RECORDS (in 1996) for collecting answers from ROYAL HUNT.

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

1997年発行の弊誌S-ROCK vol. 2に掲載された、1996年当時のROYAL HUNTの質問状回答を掲載します。

 

 

1996年当時のROYAL HUNTのメンバー:

D.C. Cooper (Vo)
Jacob Kjaer (G)
Steen Mogensen (B)
André Andersen (Key)
Kenneth Olsen (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Kenneth Olsen (Ds) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

 

1.今はクリスマス休暇の計画を立てている所で、デンマーク中の家族を訪ねているんだ。

2.今好きな曲はないんだ。でも興味深いアルバムになると思うよ。

3.沢山のファン、ホテルからホテルへの移動、沢山の素晴らしいライヴ、そして勿論沢山の素晴らしい人々。

4.ミュージシャンとしては、頂点に登り詰める事。俺自身としては、もし頂点に登り詰めたとしても変わらずに居る事。

 

 

5.13歳の時に演り始めたよ。ハードロックを演る前は、ファンク、ジャズ、ポップ、そしてソフト・ロックを演っていたんだ。

6.(好きな)バンドは、SAGA、RAINBOW、Yngwie Malmsteen、QUEEN、Sting、BLACK SABBATH。
(好きな)ミュージシャンは、Dave Weckl、Mike Portnoy、Chester Thompson。

7.楽しくやろうよ、そして自分自身を信じるんだ。すぐに逢おうね。

André Andersen (Key) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

1.丁度今、1997年春に発売される予定の俺達の新譜の為の曲作りに忙しいんだ。

2.俺達の最新の「作品」は、日本での俺達のツアーで録音されたライヴ・アルバム”ROYAL HUNT 1996″と、全収録のビデオなんだ。

3.心温かい人々、興味深い食べ物、そして沢山のお楽しみ。

4.全力を尽くしている分野で一番になりたい。

 

 

5.5歳の時にクラシック音楽を演り始めて、14歳位の時にロックを始めたけど、今もどちらも演っているよ。

6.クラシックが好きなんだ。モーツァルト、パガニーニ、バッハと、いわゆるロック・クラシックスのDEEP PURPLE、QUEEN、SAGAだね。新しいバンドではQUEENSRŸCHEやDREAM THEATERを挙げたいな。

7.やあみんな!今年応援してくれてありがとう。来年の新しい作品も気に入ってくれる事を祈っているよ。またすぐに逢おう。

Steen Mogensen (B) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

 

1.次のROYAL HUNTのアルバムのレコーディングの準備をしている所で、それから家族へのクリスマス・プレゼントを買っているんだ。

2.ROYAL HUNTのライヴ・アルバム(1996)。このCDを通じて、俺達が会場に居た時に感じていた様にエネルギーと雰囲気を感じてくれたらいいなと思ってるんだ。(好きな曲は)”1348″、”Wasted Time”、ソロ演奏、”Time”。

3.おかしな記号や文字、沢山の人々、凄い渋滞、シーフード、そして勿論素晴らしいファン。

4.国際的なロック・ミュージシャンになる事、そして世界中を旅するのさ。ミュージシャンとしても、個人としても新しい分野を展開し続けるんだ。

 

 

5.14歳の時にベースを始めて、最初の2、3音で俺を夢中にさせた学校の先生に教えて貰ったんだ。それからカヴァー曲(主にTHIN LIZZY)を演るロック・バンドで友達と演り始めたのさ。其の後クラシックにも興味を覚えて、ベースとピアノの音楽学校で沢山のレッスンを受けた。で、Andréと一緒になってデモ・テープを沢山作ったり、デンマークで沢山ライヴをやって、レコード契約を取ろうとしていたんだよ。

6.俺は本当に幅広い音楽の趣味があると思うんだ、バッハからBLACK SABBATH迄何でもね。(好きなのは)QUEEN、Sting、Stu Hamm、QUEENSRŸCHE、PINK FLOYD。

7.ハロー!そっちに居る日本のみんなにこんな素晴らしい事を実現させてくれて、改めてお礼を言うよ。ツアーで逢おう。

Jacob Kjaer (G) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

 

1.次のアルバムのギター・パートのリハーサルをしていて、元気にやっているよ。明日は残りのクリスマス・プレゼントを買いに出掛けるよ。みんなにメリー・クリスマス!

2.(1996年)5月31日(に録音された)のROYAL HUNT LIVE IN JAPANさ。このアルバムの音が好きなのと、沢山のエネルギーを感じるよね。好きな曲は、”1348″、”Wasted Time”、”Drums And Bass Solo”、”Epilogue”だね。”Epilogue”のD.C.の歌とソロが入る最後の所が凄く好きなんだ。ハーモニーがとても美しいと思うよ。

3.良い人達と新幹線を思い出すな。そしてとてもとても居心地のいいホテル。

4.音楽を通じて俺は世界中を旅している。それはとても幸せな事だと思ってるよ。そしてバンドをやっていく事そのものが好きなんだ。連中とつるんで出掛けたり、ライヴをやったり、旅したり、そしてアルバムを作ったりね。

 

 

5.最初のギターは1985年に手に入れたんだ。James Hetfieldの様になりたかったし、今でも彼は一番かっこいい奴の1人だと思ってる。1990~92年の間は2、3のデモ・テープを作ったけど、真剣とは言えなかった。その頃俺のメロディックな演奏が上達していって、1993年にROYAL HUNTに出会った時に沢山のテクニックを練習する事が必要だと悟ったのさ。

6.俺の好きなバンドはJUDAS PRIEST、THIN LIZZY、DOKKEN、LYNCH MOBだ。刺激を受けた・受けているギタリストはGeorge Lynch、Michael Schenker、Warren De Martini、Kee Marcello、Greg Howe、Shawn Lane、James Hetfield、Steve Lukatherだね。
Rob Halford、Phil Lynott、Elvis Presleyも尊敬しているよ。

7.メリー・クリスマス、そして明けましておめでとう。1997年もROYAL HUNTが来日出来るのを祈ってるよ。1995年、1996年の日本公演のツアーでは素晴らしい思い出が出来たし、また是非行きたいんだ。また逢おうね。体には気を付けて。

D.C. Cooper (Vo) – ROYAL HUNT (1996)(日本語)

弊誌S-ROCK vol. 2(1997年発行)より

 

1996年当時の新譜は、1996年に発売された2枚組のライヴ・アルバム”1996″でした。

 

 

D.C.の回答はFAXで送られた為一部がかすれています。ご了承下さい。

 

 

1.注文制作の宝石のデザインとスキーを楽しんでいるよ。休暇は最高だったよ!家族や友達とゆっくりと過ごせたからね。

2.新譜がどんな感じなのか、どんな音なのか全く見当が付かないよ。まだサンプルを受け取っていないから、好きな曲もまだないんだ。

3.尊敬と友情。日本の文化は、相手にとても敬意を表するし、尊敬に値するものだ、特にお互いに対してね。沢山の他の文化を持つ人々も学ぶ事が出来るんじゃないかな。

4.俺のゴールは、尊敬され、良いシンガーとして、そして良い人間とみなされる事だ。それら2つの本質は時間を掛けて得なくてはならないものだけど、どちらでもいられる様に気配りをする努力をしているんだ。

 

 

5.14歳の時に始めて、以来ずっと積極的に活動しているよ。グラム・バンドと一緒に東海岸をツアーしたり、5年半オペラのレッスンを受けたり(これはRob Halfordの勧めだったんだ)してきた。(ROYAL HUNTの前に)一番最近居たバンドの音はもっとザクザクしていて、挑戦的な感じだったんだ。

6.俺の音楽の好みは幅広いんだ。メタルからカントリー・ミュージック迄あるんだよ。幾つか好きなものを挙げると、DREAM THEATER、QUEENSRŸCHE、James Taylor、Aaron Neville、Vince Gill、IRON MAIDEN(Bailey加入前)。

7.俺の思いは、日々の生活の中で日本の友達と共にあるんだ。彼等が恋しいよ。彼等が見せてくれた愛と友情に本当に感謝している。彼等に半分お返し出来ていればいいなと思っているよ!少なくとも半分をね!!!

ENCORE (1997) (English)

“FREE IN CHAOS” released only in Japan in 1998. In 1997 ENCORE made promo materials called “THE NEW SINGLES” and “ANOTHER 6 SONGS”.

 

 

Answers for our questionnaire from ENCORE in 1997 from S-ROCK issue vol. 3 published in 1998.

 

 

Band members of ENCORE in 1997:

Carsten Olsen (Vo)
Benny Petersen (G)
Jesper Bang (B)
Per Fisker (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days? Let us know what has happened to you since JACKAL got separated.
2. Let us know your latest CD with 5 songs for promotion. What do you want people in music business to pay attention on? Which songs from the CD do you like?
3. What do you think of the music scene in Denmark these days? What is the most important for you guys to continue ENCORE there?
4. Would you describe each member of ENCORE including yourself?
5. What is a future plan for ENCORE so far?
6. A message to your Japanese fans for S-ROCK. And your autograph, please.

Per Fisker (Ds) – ENCORE (1997) (English)

From S-ROCK issue vol. 3 published in 1998.

 

“FREE IN CHAOS” released only in Japan in 1998. In 1997 ENCORE made promo materials called “THE NEW SINGLES” and “ANOTHER 6 SONGS”.

 

 

 

 

 

GRUMPYNATORS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/grumpynators/

Jesper Bang (B) – ENCORE (1997) (English)

From S-ROCK issue vol. 3 published in 1998.

 

“FREE IN CHAOS” released only in Japan in 1998. In 1997 ENCORE made promo materials called “THE NEW SINGLES” and “ANOTHER 6 SONGS”.

 

 

Jesper answered 7 questions of ordinary S-ROCK questionnaire, don’t remember why instead of the one for ENCORE.