TINDRUM (1988) (English)

Their 1st album “DRUMS OF WAR” on CD (original release) is still rare and hard to find.

 

 

Answers for our questionnaire from TINDRUM in 1988 from TINDRUM SPECIAL ISSUE from Japan 1 published in 1989. Tove (Vo) left TINDRUM when the issue was published.

 

 

(Questions)

1. What’s TINDRUM for you?
2. Let us know your music influence. How about your career before TINDRUM?
3. Let us know your album (ex. song titles, etc.)
4. Why did you choose your part?
5. When did you start to play? Do you remember the name of the band?
6. How would you describe each member? How about yourself?
7. Would you give us messages?

TINDRUM (1988)(日本語)

1988年発売の1stアルバム”DRUMS OF WAR”のオリジナルCDは、今でも高値で取引され、入手困難な1枚です。

 

 

1989年発行の弊誌TINDRUM SPECIAL ISSUE from Japan 1に掲載された、1988年当時のTINDRUMの質問状回答を掲載します。発行時にはTove (Vo)は既にTINDRUMを脱退していました。

 

 

(質問)
1.貴方にとってTINDRUMとは何ですか?
2.貴方の音楽的影響を教えて下さい。TINDRUM以前のキャリアは?
3.アルバム(曲名等)について教えて下さい。
4.何故貴方は自分のパートを選んだのですか?
5.いつ演奏し始めましたか?バンド名を覚えていますか?
6.他のメンバーはどんな人達ですか?貴方自身はどうですか?
7.メッセージを頂けますか?

Diesel Dahl (Ds) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

1.TINDRUMは1988年の1月に誕生したよ、それ以来俺達は毎日バンドの事で頭が一杯なんだ。俺達のシングル”Drums Of War”は5月の初めに発売されて、5月28日にデビュー・コンサートを開催した。それからノルウェー中をツアーしてきて、9月9日にデビュー・アルバムが発売される事になってる。俺の家族以外では、TINDRUMは俺の全てだって言えるんだ。
2.70年代のバンドから強く影響を受けたよ。STATUS QUO、THIN LIZZY、BAD COMPANY、LED ZEPPELINやQUEEN等にね。俺とDag Ingebrigtsenは一緒にBURNとBURN IIってバンドで演ってたんだ。70年代にはさっき挙げたバンドのカヴァー曲を演ってたよ。今はいいものなら何でも好きなんだ。
3.俺達のアルバム”DRUMS OF WAR”は88年の春、3月と4月にノルウェーのオスロにあるSCANAXスタジオでレコーディングされたんだ。プロデューサーはRandy CrawfordやデンマークのFATEも手掛けたSvein Dag Haugeが担当した。10曲収録されていて、9曲がオリジナルで1曲はBAD COMPANYの”Can’t Get Enough Of Your Love”のカヴァーさ。俺達の最大のゴールの1つはアルバムを日本で発売する事なんだ。
4.俺はいつでも物を叩くのが好きだったんだ。母さんの台所道具、テーブル、椅子、何でもね。15歳の時兄貴が俺にドラムを買ってくれて、地下に置いて俺をドラムと一緒に閉じ込めたんだ、それで彼は小さな幸せを得る事が出来たのさ。

 

 

5.1977年:TNTの初代シンガーのDag Ingebrigtsenと共にBURNを。1978年:Dagと、STAGE DOLLSのベーシストTerje Storliと共にBURN IIを。1979年:何も演らなかった。1980年:HOTLIPS。1982年:DagとRonniと共にTNTを結成。
6.Sid:乱雑な天才。Tove:軍隊の如き完璧さ。本物のスター。Trond:怠惰な音楽の貴公子。生まれながらの勝者。俺:独裁者、そしてぐっと抑える人物。
7.俺は日本の人達をとても尊敬しているんだ、彼等は働き者の礼儀正しい人達で、高いモラルの持ち主だからね。彼等の事は信用出来るんだ。87年にLOUDNESSに逢って、一緒にツアー出来たのは素晴らしい経験だったさ、STRYPERも一緒の時だ。アメリカ式の生き方は良くないと思ってる、他の国々は日本やノルウェーから学べる事が多いんじゃないかな。だからみんな:ドラッグにはNOと言おう。そしてキリン(ビール)を選んで、君達の伝統を守ってくれ。

Sid Ringsby (B) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

 

1.TINDRUMは、約40年間にわたるショービジネスで一緒になった4人のミュージシャンの協力の賜物なんだ。「俺の人生で初めて、俺は正しい事をしていると感じているんだ」
2.子供の頃、THE BEATLESやWINGS、Elton John、BLACK SABBATHやDEEP PURPLEを沢山聴いてきて、彼等のギターやベースのリフの殆どをコピーしていたんだ。1976年に初めてJaco Pastoriusを聴いて、何カ月もの練習を経て、俺のベース・プレイは飛躍的に上達したんだ。ベース・ネック上の運指がずっとし易くなって、ベース演奏そのものを大きく変化させたのさ、いい方向にね。
俺のキャリアについては、幾つかのノルウェーのバンドで演ってきたけど、TINDRUMの前に居たのはROADってバンドだったよ。今はバラバラになったけど、1983年から2枚のアルバムと1枚のEPを発表したんだ。
3.TINDRUMのデビュー・アルバムは1988年9月9日にノルウェーで発売される予定なんだ。次の10曲が収録されるよ:Drums Of War、Horoscope、Stranger In Paradise、Midnite Dynamite、Rain、Hello, The World Is Calling、Can’t Get Enough、Miracle Of Love、Keep Running、Once Bitten, Twice Shy。Drums Of Warの楽曲は、B面がMidnite Dynamiteで既に発表されている(5月にね)んだ。
4.これを話したら信じてくれるかなぁ?
えっと、10歳の時に父さんがエレキ・ギターを買ってくれたんだ、両親が長い間俺に約束してくれていたからね、で、父さんはエレキ・ベースを持って家に帰ってきたんだ。俺は2、3日泣きっ放しで父さんも母さんも、俺自身も殺してベースをぶっ壊そうと思った位さ。
まあ、誰でもいずれにしたって何とかするもんさ、生き残る為にね。俺はベースの演奏を始めたんだ、そしてそれから楽器を替えた事がないんだよ。

 

 

 

5.6歳の時に、母さんのHagströmのアコースティック・ギターを独学で演り始めたんだ。
7歳の時にピアノのレッスンを受け始めて、音楽を読む事を学ぶのにとにかくハマったのさ。
だからピアノからギターに全て切り替えたよ、言い換えれば俺の知識をピアノの楽譜をギターの楽譜を書くのに替えたって事だよ。そして知っての通り10歳の時に最初のベースを手に入れて、14歳で最初の本物のバンドを始めたんだ、MAC ATLANTICって名前で、他のバンドやアーティストをカバーしてたんだ。主にパーティー等で演ってたよ。
6.「他の奴等に彼等の事は語らせるよ」
1962年2月16日にノルウェーのオスロで誕生、69年に学校生活が始まって、12年後の81年で卒業。変わらない、本当に変わらないAEROSMITHのファンで、コーヒーを滅茶苦茶飲んで、いい食事を楽しみ、実際母さんの羊とキャベツ料理が大好きなんだ、それはノルウェーの国民的料理なんだよ。
多分ジャック・ダニエルズのボトルを飲み干せてしまうと思うなぁ。
結婚はしてなくて、朝が大嫌いで、二日酔いのまま立っていられる世界記録を持ってる。
ところで、毎回新しい記録をセットするんだ。(俺、ギネス・ブックに載るべきかな?)多分俺はイカレた状態で生まれてるんだと思う。
7.楽器を演奏したいなら、どんな楽器でも、って意味だよ、幾つかの楽器の演り方を知っておくのは常に役立つと思うよ。
何故なら見方が変わるからさ、背景がより良ければね。
俺の事を本当に好きだって言おうよ、そしてメインの楽器にベースを選んでくれ、ギターやキーボードを演奏できるのは素晴らしい事さ、音の多様性の為にはね、リズムの為のドラムも。
そして大事な事を言い忘れたよ、「練習、練習、練習あるのみ!」幸運を祈る!

Trond Øien (G) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

 

1.TINDRUMは俺のガールフレンドさ。究極の居心地だよ!最も大好きな事をずっとやりたかった方法で実現出来ているんだからね。マリリン・モンローとブリジット・バルドーと同時にイイ事をするみたいなものさ!!
2.俺に影響を一番与えたのはEddie Van Halen氏だと思うんだ。彼等の1stアルバムを聴いて以来夢心地なんだ。つまり、彼はギター演奏の全体の考え方を変えてしまったって事さ!一方で、誰かに影響されるというよりも奮起させられる事の方が多いんだよ。ギタリストからだけじゃなくて、彼等が手掛けている何かが並外れて
素晴らしければ誰からだってワクワクさせられるのさ。彼等がミュージシャンである必要なんて全くないよ!ライターでも、画家でも、俳優でも、素晴らしい人格の持ち主ってだけでもいいんだ。そういう事が俺の視野を広げてくれるし、仕事において利益になっていると思うんだ。俺のキャリアの中では、2、3のバンドとしかツアーしたり、演ってきた事がない。でももし俺の心に尋ねるなら、俺のキャリアはTINDRUMを結成した日に始まったんだ!って言えるさ。
3.曲のタイトルのリストは次の通りさ。Drums Of War(1stシングルだよ)、Horoscope、Stranger In Paradise、Midnite Dynamite、Rain、Hello, The World Is Calling、Can’t Get Enough、Miracle Of Love、Keep Runnin’とOnce Bitten, Twice Shyだよ。
俺が誇りに思うデビュー・アルバムに仕上がったんだ。DRUMS OF WARっていうタイトルさ。Svein Dag Haugeのプロデュースで、ノルウェーの首都オスロでレコーディングされたんだよ。ノルウェーでの発売は9月9日に決まってるんだ。
4.あれは完全に運命だったと思うんだ!

 

 

5.7歳の時には既に母さんのEKOのアコースティック・ギターを持って鏡の前でポーズを取ってたのを覚えてるんだ。でも13歳で初めてのエレクトリック・ギターを手に入れる迄は演り始めなかったんだ。古いテープ・レコーダーを回しながらプレイしてて、最高!って思ってんだ。それから15か16になる迄近所の奴等と沢山のバンドで演ってたよ。でも本当に最初のバンドはバンドというより、共通の好みを持つ仲間、って感じだった。確かWILD DOGSとか何とかって呼んでたと思うよ。
6.彼等を公平に評価する言葉なんて見つからなかったよ!彼等は素晴らしいし、大好きなんだ!
俺自身?面と向かって話さない限り自分自身を語るなんてとても難しいよ。でも質問の下の俺の答えは、俺と俺の人生観について多くを語っていると思うよ!
7.山がどれだけ高いかなんて問題じゃないんだ。登らない限り君は頂上には辿り着けないんだ!!夢を諦めるな、その為に戦うんだ、信じるんだ、そして最後には成就するんだよ!

Tove (Vo) – TINDRUM (1988)(日本語)

“Drums Of War”のEPシングル。

 

 

 

1.沢山の経験よ…。TINDRUMはいいバンドだし、貴方達の前に立つのが好きなのよ…。
2.MISSLEADっていうHMバンドで歌い始めたわ。かつて影響されたのはJUDAS PRIESTやACCEPT、IRON MAIDENだったけど、他のジャンルのものも聴いているの。勿論今もHMは好きなんだけど、何かを教えてくれる人から何かを学ぶのが好きなのよ。
3.他の誰かが貴方達に話してると思うわ。
4.選んだ訳じゃなかったわ。バンドで歌いたいか尋ねられる迄は歌う事なんて全く分からなかったもの、そして今も挑戦しているの、でも今はTINDRUMだわ。「私、歌えるわ!」って気付いたのよ。

 

 

5.最初のページを見て。
6.Trond、Morten、Sid…何て言えばいいの?みんないい人達よ。私自身もいい人よ、素敵な事が好きなの、例えば高いTVとか速い車とかね。
7.先生になりたかったのよ、そして貴方達みんながノルウェーが好きって事だから、練習の為にノルウェーの文章を贈るわ(方言よ)。”Tæpp ætt dæra så itte smæret rætner”(S-ROCK注:Tove本人に尋ね、この意味は”Close the door so the butter don’t decay”(ドアを閉めておこう、そうすればバターは腐らない)だと確認しました)

DIEZEL (1995) (English)

“WILLPOWER” album released in 1995.

 

Answers for our questionnaire from DIEZEL in 1995 from S-ROCK issue vol. 1 published in 1995. These questionnaire were planned to be in NHRSPG issue vol. 2, NHRSPG became S-ROCK after that.

Scanned files from the issue are online as we don’t find original papers.

 

 

Band members of DIEZEL when they answered our questionnaire in 1995:

Frode Henriksen (Vo)
Jon Johannessen (G)
Tom Sennerud (G)
Sid Ringsby (B)
Diesel Dahl (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Would you describe each member of your band including yourself?
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for NHRSPG. And your autograph, please.