STRATOVARIUS (1996) (English)

 

From S-ROCK issue vol. 2 published in 1997. The latest album at that time was “EPISODE”.

Scanned files from the issue are online as we don’t find original papers.

 

Members for STRATOVARIUS in 1996:

Timo Kotipelto (Vo)
Timo Tolkki (G)
Jari Kainulainen (B)
Jens Johansson (Key)
Jörg Michael (Ds)

 

 

(Questions)

1. What are you doing these days, for new album, for concerts or having holidays?
2. Let us know your latest album / demo tape. What do you want people to pay attention on it? Let us know your favorite songs from it.
3. What do you image from a word “Japan”?
4. What is your goal as a musician? How about as yourself?
5. Let us know your music career and what kind of music you used to play.
6. Let us know your taste of music, your favorite musicians and bands.
7. A message to your Japanese fans for S-ROCK. And your autograph, please.

STRATOVARIUS (1996)(日本語)

 

弊誌S-ROCK vol. 2 (1997年発行)に掲載された質問状回答を掲載します。当時の最新アルバムは”EPISODE”でした。

質問状回答の原本が見つからない為、冊子をスキャンしたファイルを掲載します。

 

1996年当時のSTRATOVARIUSのメンバー:

Timo Kotipelto (Vo)
Timo Tolkki (G)
Jari Kainulainen (B)
Jens Johansson (Key)
Jörg Michael (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Jens Johansson (Key) – STRATOVARIUS (1996)(日本語)

 

弊誌S-ROCK vol. 2 (1997年発行)に掲載された質問状回答を掲載します。当時の最新アルバムは”EPISODE”でした。

質問状回答の原本が見つからない為、冊子をスキャンしたファイルを掲載します。

 

 

 

1.STRATOVARIUSとフィンランド流の休暇中さ!

2.”EPISODE”アルバムさ、素晴らしいハーモニーに富んだアルバムを聴いてくれ!好きな曲ねぇ、うーん、EpisodeかEternityかな。難しいな。

3.桜の木の下で座って寿司を食べる三船敏郎。

4.音楽を作り続ける事。個人としても同じさ。

 

 

5.1983年から色々なバンドで演っているよ。

6.バッハ、(PUPPETSの頃の)METALLICA、ストラヴィンスキー、モンテヴェルディ、DEEP PURPLE、RAINBOW (70年代の音)、Eddie Jobson、ZAPPA、Bartok等。

7.ハロー!S-ROCK誌を買い続けてくれ!

 

 

STRATOVARIUS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/stratovarius/

STRATOVARIUS – 20th Anniversary Message

最新アルバム / The latest album “ETERNAL”

 

Special Thanks to: Nine Lives Entertainment GmbH

 

 

 

STRATOVARIUS Official Site: http://www.stratovarius.com/

STRATOVARIUS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/stratovarius/

STRATOVARIUS – From The Issues

From S-ROCK issue vol. 3, published in February 1998.

Thanks to Anne Toivanen

 

The latest album “VISIONS” when the issue was out in 1998.

 

 

The message from Timo Tolkki includes sexual expressions in Japanese, S-ROCK got it masked before we get it online.

 

 

Timo Kotipelto (Vo)

 

Timo Tolkki (G)

The message from Timo Tolkki includes sexual expressions in Japanese, S-ROCK got it masked before we get it online.

 

Jari Kainulainen (B)

 

Jörg Michael (Ds)

Timo Tolkki’s messages are on the backside of this paper, S-ROCK tried to mask them as much as possible.

 

Jens Johansson (Key)

STRATOVARIUS – From The Issues

1998年2月発行のS-ROCK issue vol. 3より

Thanks to Anne Toivanen

 

掲載時の最新アルバム”VISIONS”

 

 

 

(Timo Tolkkiのメッセージについては性的な内容が日本語で書かれている為、今回のネット公開に伴いマスキングさせて頂いています)

 

 

Timo Kotipelto (Vo)

「フィンランドは寒いけど、熱い挨拶を送るよ!」

 

Timo Tolkki (G)

「ハロー S-ROCK、来年逢おうね!*******下さい」

(性的表現を含む為、今回のネット掲載に伴いマスキングさせて頂いております。また、同じ紙の裏にJörgのメッセージが書かれている為、文字が透けて見えておりますがご了承下さいませ)

 

Jari Kainulainen (B)

「ハロー 日本」

 

Jörg Michael (Ds)

「S-ROCKにハロー。ドラムスに語らせようぜ!」

(このメッセージの紙の裏側にTimo Tolkkiのメッセージが書かれている為、出来る限りTimoの書いたものが見えない様に加工してあります)

 

Jens Johansson (Key)

「ハロー」