STREET TALK (1997)(日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1998年発行の弊誌S-ROCK vol. 3に掲載された、1997年当時のSTREET TALKの質問状回答を掲載します。

 

 

1997年当時のSTREET TALKのメンバー:

Fredrik Bergh (Key/Vo)
Tomas Olsson (G)
Andreas Lidberg (G/B/Key)
Jon Persson (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

 

 

 

STREET TALK FACEBOOK: https://www.facebook.com/sttalk

Jon Persson (Ds) – STREET TALK (1997) (日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1.音楽の勉強をしているよ。

2.STREET TALKの”COLLABORATION”アルバムさ。2曲目の”If You Say It’s Over”と3曲目の”Standing In The Rain”が好きさ。

3.カメラと笑顔の人々!

4.自分が演る音楽を通じて自分の考えや感情を表現出来る様になる事。

 

 

5.若かった時はDEEP PURPLEやTOTO等の音楽を演るのが好きだったな。今はJohn ColtraneからJOURNEY迄何でも演るよ!

6.DEEP PURPLE、THIN LIZZY、John Coltrane(素晴らしいDsのElvin Jonesと共に)、Sting、Peter GabrielやJOURNEYがほんの一部だよ。

7.Carpe Diem(1日の花を摘め)

Andreas Lidberg (G/B/Key) – STREET TALK (1997)(日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1.最近は音楽教師として働いているんだ。空いた時間で次のアルバムの為の曲作りをしているよ。

2.最新アルバムはSTREET TALKの”COLLABORATION”さ。素晴らしい曲と素晴らしい演奏、素晴らしい歌に注目して欲しいね。好きな曲は、”If You Say It’s Over”、”Borrowed Time”さ。

3.忠実な人々、音楽ファンとしても労働者としてもだけど、を連想するね。ワクワクする様な文化も考えるな。大事な事を最後に言うけど、最先端のテクノロジーの国だと思うよ。

4.ミュージシャンとしては、興味深い音楽を書き続ける事、俺の内面の感情をギターを通じて表現出来ればいいなと思うね。

5.10歳の時にTHE BEATLESのレコードに合わせてオルガンを弾き始めたよ。その後13歳でギターに転向したんだ。15~17歳迄音楽学校に通って、ギター、ピアノ、ドラムを習ったんだ。それから17歳でギターの先生になったよ。色々なバンド(AMBO、UPTOWN DOWN、SOLITUDE…)を始めて、オリジナルから、Joe Satriani、Yngwieのカヴァー迄演っていたインスト・バンドのSOLITUDEでは俺の仕事に好意的な反応を得ていたんだ。

 

 

19歳の時にミュージシャンとしての自分を高める為にL.A.に移住した。20歳の時にスウェーデンに戻って、VoのDaniel Jonssonと共にSUPERFREAKというバンドを始めたんだけど、STOCKHOLMレコードが接触してきて大いに興味を示したのさ。でも契約が成立する前にSUPERFREAKは解散してしまうのさ。17歳からずっと自分のスタジオでレコーディングやアレンジをしているよ。STREET TALKのデビュー・アルバムの為の多くの曲やアレンジもそこで完成したんだ。24歳の時にはG/B/Key/Dsの教師としてロックの音楽学校で働いていた。GとKeyを俺が担当していた9人編成のソウル・グループを始めたのもこの時さ。その後ソウル女性VoのTalithaから、彼女のデビュー・アルバムで演る様に誘われたよ。何千人の前でストックホルムのショーで演奏した事もあった。これ迄俺が演ってきた音楽は、AMBO(15歳)ではHR、UPTOWN DOWN(16歳)ではAOR、SOLITUDE(18歳)ではインスト・ロック、SUPERFREAK(20歳)ではウエストコースト・サウンド、ASSOUL BAND(24歳)ではソウル、Talitha(25歳)ではソウル、音楽学校ではブルース、ジャズからHR迄演っていたよ。

6.好きなミュージシャンは、Michael Ruff、ROBBEN FORDとNeal Schon、特に好きなのはブルース、ジャズ、ウエストコースト、ソウル的な音楽さ!

 

 

7.君達が俺達のアルバムを気に入ってくれるといいな。早く君達に逢いたいよ!元気でね。

Tomas Olsson (G) – STREET TALK (1997)(日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1.今大学で勉強しているんだ。自分の時間の大半をホームスタジオでのギターの練習や音楽制作に費やしているよ。その中からいい作品が生まれるといいけどね。

2.”COLLABORATION”アルバムの中の曲は全部好きなんだ。1つ選ぶのは難しいよ。でもそうしないとならないなら、”Where Does Love Go”かな。いい歌詞が付いているし、いい歌メロがあるからね。

3.日本という言葉を聞くと、何千年も続く伝統のあるエキゾチックな国で、同時にハイテクと品質の国だという事も考えるね。ワクワクする様な所なんだろうね、本当に行きたい所だよ。

4.俺のゴールは、前進して、ギター・プレイを出来るだけ素晴らしいものにする事。他の楽器にも挑戦したいと思ってるんだ。個人的には、音楽で生計を立てられる様になりたいね。

 

 

5.色々なローカル・バンドで、あらゆる種類の音楽を演ってきたよ。でも最後には俺が演りたいのはより洗練されたロックなんだ。だから俺はSTREET TALKに参加したんだし、それが正しい事だったと思っているよ。

6.RUSH、DREAM THEATERやJOURNEYの様な素晴らしいミュージシャン達が居るロック・バンドが好きだ。他にはMike Stern、Dave Weckl、John Scofield、Scott HendersonやSANTANAの様なジャズ・ミュージシャンのものも沢山聴くよ。

7.アルバムの曲を楽しんでくれた事を祈ってるよ。それと、いつか君達に逢って飲みにでも行けたらいいね、それ迄元気でね!

 

 

(彼は手書きしたものをタイプ&印刷したものも送ってくれました)

Fredrik Bergh (Key/Vo) – STREET TALK (1997)(日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1.今はSTREET TALKの次作のアルバム用の新曲を書くのにとても忙しくしているんだ。1998年1年丸ごとかかるだろうね!STREET TALKの2ndアルバムに入る事になる、最近書いた曲の幾つかのタイトルを挙げるよ。”I’ll Be There For You”、”If Ever You Need Someone”さ。1998年の初めには2、3週間休暇で出掛けられるといいなと思ってるんだ、アメリカに旅行出来たらいいね。

2.STREET TALKが一番最近発表したのは、勿論新譜の”COLLABORATION”さ。日本のメロディック・ロックやAORの全てのファンにはこのアルバムをチェックする事を勧めたいね。何故なら、この作品は全ての年齢の全ての職業の人々にアピールすると思うからさ。このアルバムではどんな人にも何かを感じて貰えるんだ。いいプロダクションに支えられた素晴らしいメロディックな曲の数々、と同時に演奏者の印象的な演奏がね。チェックしてくれ!

 

 

アルバム全体が好きだから、”COLLABORATION”アルバムから好きな曲を選ぶのは難しいけど、この4曲が特別なお気に入りさ。”Walk Away From Love”、”Standing In The Rain”、”If You Say It’s Over”と”Could You Be The Only One”だよ。

3.日本という言葉を聞くと、とても働き者で信頼出来る素晴らしい人々が居る国だと思うね。日本は音楽に関しても素晴らしい国だよ、日本のファンはしっかり教育を受けているし、好きなアーティストに応援を惜しまない。オーディオやビデオ製品等のハイテクについても日本はとても優秀な国だね。

4.俺のゴールは、俺の活動の産物を楽しんで敬意を払う人々の為に好きな音楽を書き続け、演奏し続ける事さ。ミュージシャンとしては、前進し、出来る限り上手く演れる様に努力する事。将来他にやりたい事は、他のアーティストやバンドの為の作曲者、ミュージシャン、プロデューサーとして働く事さ。

 

 

5.音楽のキャリアで様々な種類の全ての音楽を演ってきているよ。9歳の時にバイオリンを始めて、バイオリンの個人レッスンを1年位受けた後、10歳でトランペットに転向したんだ。トランペットは大体2年位やって、その後に2つのビック・バンドでブラス・セクションに所属していたんだよ。13歳の時にロックにハマってトランペットは止めて、ギターの個人レッスンを受ける事になったのさ。

6.音楽的影響となると、唯一無二の作曲者やミュージシャンに影響を受けてきていると言えるね。Don Henley、Prince、Peter Gabriel、John Waite、JOURNEY、挙げればもっとあるよ…。

 

 

7.S-ROCKのメンバーとファンのみんなへ!新譜を楽しんでくれ!早く日本へ行って、みんなの為に何回かライヴを演れたらいいな。

 

 

 

 

STREET TALK FACEBOOK: https://www.facebook.com/sttalk

MATCHES FOR MAGGIE (1997)(日本語)

1996年に300枚限定で発表されたMATCHES FOR MAGGIEのミニ・アルバム。

 

 

 

1998年発行の弊誌S-ROCK vol. 3に掲載された、1997年当時のMATCHES FOR MAGGIEの質問状回答を掲載します。

 

 

1997年当時のMATCHES FOR MAGGIEのメンバー:

Eirikur Hauksson (Vo)
Henning Ramseth (G)
Vidar Tyriberget (B)
Eskil Håkonsen  (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

Eskil Håkonsen  (Ds) – MATCHES FOR MAGGIE (1997)(日本語)


1996年に300枚限定で発表されたMATCHES FOR MAGGIEのミニ・アルバム。

 

 

 

1.クリスマスに発売される予定の俺達の新しいアルバムに向けてインスピレーションを得る為に、7月は休暇を取っているんだ。
2.1997年の1月に発表された俺達の5曲入りアルバムは、俺達が聴いているあらゆる種類の音楽に影響を受けているんだ。ロック、ポップ、ジャズ、スラッシュ、HMとね。このアルバムで好きなのは”After The Evening Prayers”さ。
3.沢山の人々と建物、外国人に対する友好やもてなしの気持ち。君達はみんなロックンロールを愛しているよね。
4.俺のゴールは、音楽で生計を立てられる事と、尊敬されるミュージシャンになる事さ。

 

 

5.かなり前の話になるよ。RETURNのドラマーをやってる俺の兄貴がドラムの叩き方を教えてくれたんだ。その結果が君達が聴いているアルバムの中身、という訳さ。
6.どんな種類の音楽でも聴くよ。これは素晴らしいドラマーになるにはとても重要な事だ。好きなミュージシャンとバンドは、KINGS X、VAN HALEN、Dave Weckl、Phil Collins、WHITESNAKE、Ozzy、 MARILLION、ANTHRAX、BLACK SABBATH、DREAM THEATER、Pat Travers、THIN LIZZY等だね。
7.自分の好きな音楽にこだわろう。いつかMATCHES FOR MAGGIEをライヴで聴ける日が来ると思うよ!

Vidar Tyriberget (B) – MATCHES FOR MAGGIE (1997)(日本語)

1996年に300枚限定で発表されたMATCHES FOR MAGGIEのミニ・アルバム。

 

 

 

1.休暇を終えて俺達はリハーサル・ルームに戻ってきた所さ。(希望としては)12月に発売される予定のニュー・アルバムの為の曲の作業をしているんだ。1ヶ月の内にスタジオで作業を始めるよ。
2.俺達の最新アルバムはCDデモで、5曲収録されているんだ。このアルバムの曲全ては、俺達が大好きなバンド、特に素晴らしき80年代のバンドから影響を受けているのさ。俺の好きな曲は”Big City Ghosts”だね。
3.俺にとっては、日本は世界の反対側の何処かの国で、人々が礼儀正しくて親切な所だ。そして最高な事に、君達は良い音楽を愛している!!
4.俺のゴールは、音楽で生計を立てる事さ。沢山のアルバムを売って、世界中をツアーして、勿論自分が成し得る最高のミュージシャンになるべく努力するのさ。

 

 

5.様々なスタイルの色々なバンドで演ってきたんだ。カントリーからブルース・ロック迄ね。ダンス・ミュージックにもハマっているよ。それらの様々な音楽が良いミュージシャンになる手助けになっていて、沢山の体験が出来たと思う。いつもロックンロールは俺が最後に行き着く場所だって分かってたけどね。いつもロックンロールを愛してきたのさ。
6.KING X、VAN HALEN、TNT、FREAK KITCHEN、DREAM THEATERがとても好きなバンドなんだ。好きなベーシストはStu Hammさ。
7.俺達の5曲入りCDを買ってくれ。(S-ROCK注:このCDは非売品だったと思われます)、そうすればいつかみんなと逢えるさ。

Eirikur Hauksson (Vo) – MATCHES FOR MAGGIE (1997)(日本語)

1996年に300枚限定で発表されたMATCHES FOR MAGGIEのミニ・アルバム。

 

 

 

1.6月と7月はノルウェーでも一番暑い時期なんだ。沢山の人がコンサートへ来る訳じゃないから、夏の間はクリーンな楽しみでも持とうかなと今は計画しているんだ。でも秋が来たら、新曲のリハーサルと、クラブ・ツアーを計画し始める予定だよ。
2.最新作は、MATCHES FOR MAGGIEの5曲入りのデモCDだよ。俺の好きな2曲は、”After The Evening Prayers”と”Big City Ghosts”さ。Henningの素晴らしいギターワークに注目して欲しい、でも最初に聞いて曲が複雑だと感じたら、また聴き直してみて欲しいんだ。じっくり聴けば分かって貰えると思うからね。
3.「太陽の国」、相撲、火山、人口の多さ、外国の文化。日本がワクワクする場所だって疑いもしないさ、だって俺は26万人の人口のアイスランド出身だからね。
4.ミュージシャンになるという事は豊かな人生を送るって事なんだ。俺のゴールは、幸せな人間であり続ける事。そしてシンガーとして、作曲者として成長し続ける限り俺は幸せであり続けるのさ。成功するかどうかは必須じゃないんだ、物事が進むのをありのままに受け入れるさ。

 

 

5.殆どの少年達同様、AからZ迄殆ど全てのアーティストのカヴァーを演る様々なアマチュア・バンドから始めたんだ。7歳の時からロック・ファンだけど、アイスランドではロックで生計を立てる事は不可能だから、様々な事柄に関わってきたし、アイスランドに居た頃は30から40のアルバムに関わっていた。でも1988年にはノルウェーのHMバンドARTCHに加入して、92年迄一緒に演っていたよ。出来ればMATCHES FOR MAGGIEをこの先一生続けたいね。
6.色々な音楽のスタイルがやって来ては去っていくけど、HMが常に一番さ。METALLICA、PANTERA、ALICE IN CHAINSの様なバンドを掘り下げるんだ。でもこれが常に好きだ、という事ならDavid Bowieだね、彼のキャリアの中でとても多くの紆余曲折を経て生き抜いてきたアーティストだからね。Ian Gillan、Bruce DickinsonやRobert Plantの様なヴォーカリストも俺のキャリアには大きな影響があったよ。
7.成功は一晩でやって来る事もあるさ。でも真の成功は地道に努力した結果なんだ。MATCHES FOR MAGGIEの名前に注目してくれ。今は話題の中心という訳ではないけれど、俺達の時代がやって来るさ。それが実現したら、日本は最初に訪れたい国だよ。ARTCHの2枚のアルバムのお陰で俺のファンが幾らか居るみたいだから、いつか何処かのライヴで彼等に逢いたいんだ。

 

CIRCUS MAXIMUS (2019)(日本語)

Special thanks to Rey Shiina

 

2019年06月に発表された最新作”NINE LIVE”アルバム。

 

 

大盛況だった2019年10月の日本ツアー中のCIRCUS MAXIMUSから、自筆メッセージとメンバー全員からのサインを頂きました。Tusen Takk!

 

(L to R) Truls Haugen (Ds) & Lasse Finbråten (Key)

 

 

 

S-ROCKへ!
Keep On (S)Rockin’!
Tusen Takk!(ノルウェー語で「本当にありがとう!」)
Tack Så Mycket!(スウェーデン語で「本当にありがとう!」)
Tusind Tak!(デンマーク語で「本当にありがとう!」)

 

 

Michael Eriksen (Vo)

 

 

 

 

CIRCUS MAXIMUS Official FACEBOOK: https://www.facebook.com/circusmaximusband