Rocket (B) – WANTED (1992)(日本語)

1993年にWANTEDはデビューCD “OVER THE TOP”を発表。”GOTCHA”収録曲に新たな曲を加え、曲順を変更しました。1994年にはジャケットを変更した日本盤が、2019年にはEric Hawkが楽曲制作とVoを担当したボーナストラック3曲が収録され、更にジャケット変更された再発盤が発売されました。

 

 

 

1.WANTED – GOTCHAだよ。Side I: You Can’t Hurt Me, Shot In The Night, Wild Boy Side II: Angel, Summer Love, Your Love

2.Ibanezのベース・ギターとCarlsbroの120ワットを使っているよ。

3.今気に入っているのはCATS IN BOOTSなんだ。ヴォーカリストの歌い方がいいよ。もっと好きなのはMÖTLEY CRÜE、EXTREME、FAITH NO MOREにLIVING COLOURなんかだね。

 

 

4.本は読まないんだ、つまらないからね。でもエクソシストみたいな映画を観るのは好きだよ、Waaah!

5.音楽でやりたい事をする事、世界中をツアーする事、それにパーティーだな。

6.ノルウェーは沢山の緑は山々がある国だよ(本当に沢山なんだ)。ここの人々はみんな俺によくしてくれるよ。だから俺は生きているんだ。

7.幾つかのバンドに居たよ。凄く若かったし、DDT、BLACK RAVEN、TURNPIKE、そしてZERO MORTといったバンドで楽しく演っていたよ。でもWANTED、今俺がメンバーとして在籍しているこのバンドは、将来に対して凄く真剣なんだ。骨迄ロックン・ロールするぜ。

8.最善を尽くす事、WANTEDでベースを弾く事、そして勿論楽しむ事。パーティーに女の子だろ。

9.OK、君達をステージでRock ‘N’ Shockするのを楽しみにしているよ。See Yah!

Eric Piscatella (G) – WANTED (1992)(日本語)

1993年にWANTEDはデビューCD “OVER THE TOP”を発表。”GOTCHA”収録曲に新たな曲を加え、曲順を変更しました。1994年にはジャケットを変更した日本盤が、2019年にはEric Hawkが楽曲制作とVoを担当したボーナストラック3曲が収録され、更にジャケット変更された再発盤が発売されました。

 

 

 

1.WANTED: GOTCHAだよ。Side 1: 1. You Can’t Hurt Me, 2. Shot, 3. Wild Boy / Side 2: 1. Angel, 2. Summer Love, 3. Your Love みんないい曲だよ、大好きさ!

2.Ibanez Roadstar 550が俺のメイン・ギターなんだ。Ibanezのネックと、フロイド・ローズの認可を受けたトレモロと、DimarzioのHumbuckerと、Jacksonのシングル・コイルが2つ付いた手作りのギターもあるよ。ステージではMarshallのアンプとキャビネットも使ってるんだ。リハーサルではEVスピーカーを付けたMusic Man 115 RDを使うんだ。エフェクトにはRoland GP8とMidiverb IIIを使ってるよ。Roland FG-100のフット・コントローラーとJim Dunlopのクライベイビーもある。ピックはJim DunlopのTortex H3だよ。ヘヴィー・タイプが好きなんだ。

3.最近とにかく好きなのはEXTREMEなんだ。彼等は信じられない位グルーヴィーだね。Steve Vaiも俺の好きなアーティストの1人なんだ。彼は凄いよ!LIVING COLOURもいいね。

4.好きな本は、T. Lobsang Rampaの”THE THIRD EYE”だよ。欲しいものを得る為には一生懸命働かなくてはならないんだと教えてくれたんだ。好きな映画は、Steve Martinの”THE JERK”(「天国から落ちた男」)だね。成功するのは可能だと示してくれているし、観る度に笑って死にそうになるんだ。

5.WANTEDについての夢は、世界中をツアーして、最善を尽くす事だよ。いつか日本の素晴らしい人達を訪ねて、君達の国をツアー出来たらいいなと思うよ。

 

 

6.ノルウェーの自然が好きだし、殆どの人達は親切だよ。ここを訪れて歓迎されていないと思う旅行者はごくごく一部だと思うな。ノルウェーは伝統も大切にして、守っている国でもある。とてもいい事だし、賢いよね。

7.1988年の12月10日にギターを弾き始めたんだ。それから1年半アンダーグラウンドで演って、1日10~12時間練習したよ。完全にギターにイカれちまったのさ。そして、今のWANTEDになったRAG DOGSっていうバンドで演っていたんだけど、ヴォーカリストが違うんだ。言えるのは、Jojoにすっかりびっくりさせられているって事さ、彼は完璧だよ。

8.将来についてあれこれ考え過ぎない事と、1日1日を大切にする事。

9.Keep Rockin’, Stay Tuned.もうすぐ俺達から便りがいく事を保証するよ。Tusen Takk(本当にありがとう)。

Jojo (Vo) – WANTED (1992)(日本語)

1993年にWANTEDはデビューCD “OVER THE TOP”を発表。”GOTCHA”収録曲に新たな曲を加え、曲順を変更しました。1994年にはジャケットを変更した日本盤が、2019年にはEric Hawkが楽曲制作とVoを担当したボーナストラック3曲が収録され、更にジャケット変更された再発盤が発売されました。

 

 

 

1.WANTED: GOTCHAっていうんだ。凄い作品だぜ!誇りに思っているよ。

2.喉を特別いたわるという事はないよ、喉自体が自衛していると思うね。タバコはガンガン吸うし、ジャック・ダニエルズは断れないしね。でも10年間の厳しい練習の後、俺の喉はそんな状況に慣れたんじゃないかと思う…頻繁に歌のリハーサルをするし、まだ進歩の途中なんだ…多分ね。

3.KINGS Xだな。彼等の前作の曲”We Were Born To Be Loved”って曲は本当にスピードの限界って事を忘れさせてくれるんだ…。でもいつも好きなのはTRAPEZEの初期の編成の頃だ。彼等の初期の2枚のアルバム、”MEDUSA”と”YOU ARE THE MUSIC”は、この地球上の他の何よりも俺にインスピレーションを与えてくれているんだ。Glenn Hughesの歌は本当に凄いよ。

4.本や映画には刺激を受けないんだ。俺の観る映画は大抵フィクションだからね。俺は現実の生活を書きたいんだ。俺の曲全ては、俺かバンドの誰かに実際に起こった事柄ばかりなんだ、ただ、”Shot (In The Night)”は、B.T.(Beatyの事)の悪夢の1つの後に書かれたものなんだけどね。

5.全てのロッカーの夢って、とびきりのスターダムにのし上がる事だと思うんだ…。忠誠を誓うさ、でも今はLPを宣伝する為にツアーに出る事と、ステージに立つ時に感じる緊張感を味わう事の方に関心があるんだ。俺達はライヴ・バンドだし、最初の夢はそれで生計を立てる事さ。

6.俺達はこんなに素晴らしい自然を享受している事を言わなくてはならない。でも、もしそうでなくても、同じだけ愛しているだろうさ。家っていうのは一番いい所だからね。育ってきたから、そのままのこの場所に愛情を感じるんだ。

7.80年代の半ばはBASTARDっていうバンドで演っていたけれど、2、3年後には俺達はバンドを止めたのさ、何処にも行けないっていう理由でね。それから1987年にCRANK IT UPっていうバンドを結成したんだ。1989年にシングルを1枚出して、完成しなかったLPを制作していた。シングルは地元ではよく売れていたんだけど、LPが出せないという欲求不満があって脱退したんだ。その時にB.T.や連中に出逢って、バンドに入らないかと誘われたんだ。信じて欲しいんだけど、彼らは甘い誘いをする必要もなかったんだ、このバンドは本当にロックしているからね!

 

 

8.死ぬ迄永遠にロックン・ロールするよ!

9.WANTEDが日本に上陸する日には、俺達はゾッコンになってるだろうな。日本のロックの観客は俺にとっては磁石みたいなものなんだよ。君達みんなの為に演りたいよ。だから俺の日本の友達みんなに頼みがあるんだ、上手く行く様に手伝ってくれ!!君達をがっかりさせたりしないよ!

HUSH (1998)(日本語)

1998年にノルウェーのSpesial-Laboratorietから発売された当時のタイトルは”HUSH”でした。

 

 

1999年に発行された弊誌S-ROCK vol. 4に掲載された、1998年当時のHUSHの質問状回答を掲載致します。

原本が見当たらない為、冊子をスキャンしたものを掲載します。

Tusen Takk: Per Erik Jansen

 

 

1998年当時のHUSHのメンバー:

Patrick Simonsen (Vo)
Kenneth (Keith) Kristiansen (G)
Janne (Steve) Titz (B)
Ragnar (Rod) Rutle (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

 

 

 

 

HUSH FACEBOOK: https://www.facebook.com/HushNorway/

Ragnar (Rod) Rutle (Ds) – HUSH (1998) (日本語)

日本盤が発売された時にはタイトルは”IF YOU SMILE”に変更されました。

 

 

 

1.アルバムのプロモーションをしていて、新曲も書いているよ。

2.いい曲に注目して欲しい。好きな曲は、”Talk To Me”、”Heaven Ain’t…”さ。

3.素晴らしい人々、混雑した電車、レスリング、スズキ、鈴鹿。

4.俺にハッパをかけるいい音楽を壊さない事。

 

 

5.8歳の時にドラムを始めたよ。それからあらゆる種類の音楽を演ってきたんだ、ロック、ポップ、ブルース、ダンス・ミュージックすらね。

6.良い音楽なら何でも好きだよ。演りながら成長していった時に影響を受けたのは、Ian Paice、Carmine Appiceさ。TOTO、Steely Dan、SIMPLE MINDS、THE TUESDAYSの様なバンドを聴いているよ。

7.立ち止まるな、自分がしている事を続けるんだ。立ち止まるな、shoop your shoop (S-ROCK注:当時も現在も訳せません)。アルバムを買ってくれ、いい音楽が詰まっているからね。(俺達は文無しなんだ)

Janne (Steve) Titz (B) – HUSH (1998) (日本語)

日本盤が発売された時にはタイトルは”IF YOU SMILE”に変更されました。

 

 

 

1.今は”IF YOU SMILE”アルバムの為のあらゆるプロモーションをしているよ。ラジオ番組もライヴも両方本当に上手くいっているんだ。今の所反響もいいしね。

2.俺達の1stアルバム”IF YOU SMILE”で今の所1枚なんだけど、凄いデビュー作なんだ。本当に際立っているものは、強力な曲と素晴らしいプロダクションとの素晴らしいバランスだと思う。言う迄もなくアルバム全体を誇りに思っているよ。でも常に好きなのは”Talk To Me”さ。

3.「日本」という言葉を聞く時思う事は、主にBOW WOW、紫の様なバンドや、オノヨーコの様なアーティストか、多分黒澤明監督だろうね。

4.実際よく分からないけど、Billy (Sheehan)より速く、Gene (Simmons)よりハードに、Lemmyよりウルさくすればとても楽しいだろうけど、本気でやろうとは思わないんだ。だから分からないけど、多分楽しく演るって事がそうなんだろうね。

 

 

5.長い話を手短に済ませると、10年位スウェーデンとノルウェーの両方で演ってきているんだ。一番有名なのはノルウェーのDREAM POLICEだったよ。他は特に挙げる価値がないんだ。音楽のスタイルはいつもメロディック・ロックで、根本的な変化は本当にないんだ。

6.先に話したけど、音楽を聴き始めて以来俺の心で鳴っているのはある種のロックだ。少し挙げると、DEEP PURPLE、QUEEN、BLACK SABBATH、LED ZEPPELINや昔のものだね。

7.俺が作った時の様に、君達がアルバムを楽しんでくれる事を祈るよ。本当に本当に、そんなに遠くない将来日本へ行って、君達の為に演りたいんだ。乾杯、そしてKeep Rockin’

Kenneth (Keith) Kristiansen (G) – HUSH (1998) (日本語)

日本盤が発売された時にはタイトルは”IF YOU SMILE”に変更されました。

 

 

 

 

1.今は”IF YOU SMILE”アルバムのプロモーションでインタビューを受けたり、ギグをやったりしているよ。新曲も書いているんだ。クリスマス迄にはCDの準備が整っている事を祈っているんだ。

2.バンドとしてまとまっている状態を心掛けていて、ギター・ヒーローやVoが「俺は全能の神」と勘違いして、他のメンバーが奴隷の如く後ろに立って、さもバンドの様に振舞っている様なのは御免だね。それに俺達は曲に焦点を合わせてきたし、プロダクションが馬鹿デカい様なのは作らないんだ、勿論きちんとした音にはするけどね。好きな曲?うーん、それは…ある時はある1曲でも、次の日には別の曲になっているからなぁ。

3.日出る国…東京の混雑した通り、可愛い微笑みをたたえた女の子達…。決して諦めない働き者の人々、そしていつでも素晴らしいアルバムが出る所さ、DEEP PURPLEの”MADE IN JAPAN”みたいにね。

4.俺のゴールは、良い曲を作る事で、君達がそれらを気に入ってくれる事はボーナスだね。俺自身は、うーん、考えた事がないや。

 

 

5.本が1冊出来てしまうよ!AORが俺の音楽の基礎となってきているよ。。始めた時は、QUATTRO ROXXというバンドに兄弟のGlennと一緒に居て、Bruce SpringsteenタイプのAORを演っていた。活動していく内に、1986年にRodがバンドに加入して、バンド名をHEADSTONEに改めた。音楽性が更にハードになったのさ。(Yngwie)MalmsteenやDIO等の様にね。1991年にNick Tauber(DEEP PURPLEやDEF LEPPARD、UFOをプロデュースした男だよ)とダブリンで何曲かレコーディングして、マネージメントがヤラかしてしまって、Glennがダブリンに引っ越して…俺が曲を書いて…そして俺達はこうしている訳さ。

6.人々に何かを感じさせる音楽が好きなんだ。泣きたくなる様な音楽とは違うんだぜ、ロックン・ロールしたいって思わせるものさ!明暗がはっきりしているバンドが好きさ、LED ZEPPELIN、DEEP PURPLE、JOURNEY、KISS、WHITESNAKE、VAN HALENの様にね。

7.みんなが”IF YOU SMILE”を気に入ってくれるといいな。作る為だけに作ったCDじゃないんだ。このアルバムで俺達がしたのは、俺達の出来る限り曲を良い作品にする事なんだよ。心から、ね。本当に俺達の心からなのさ。

 

 

 

 

HUSH FACEBOOK: https://www.facebook.com/HushNorway/

Patrick Simonsen (Vo) – HUSH (1998) (日本語)

日本盤が発売された時にはタイトルは”IF YOU SMILE”に変更されました。

 

 

 

1.ノルウェーと欧州でHUSHのCDが発売される所だから、プロモーションの為にライヴをやったりラジオのインタビューを受けているよ。次のアルバムの為の新曲を書く事も始めていて、休暇を取るにはあと2~3週間かかりそうなんだ。

2.最新アルバムはHUSH – IF YOU SMILEだよ。みんなに望む事は、曲を楽しんで一緒に歌って、楽しい時を過ごして欲しいって事だね。好きな曲は”Believe”さ。

3.寿司、酒、相撲、車と、JAPANってバンドを思い出すね。

4.ミュージシャンとしては、ライヴをやり、曲を書いて、より多くのアルバムを作る事。そしてそれらが良い生業となる事。

 

 

5.7歳の時に歌い始めたのさ。1年後、ギターとピアノのレッスンを受けるのと同様、自分のバンドを結成したんだ。その後の10年間は基本的にはHR、ロックンロールにブルースを演っていたよ。20歳の時に全ての音楽に開眼して、その後演っていたのは…ファンク、ジャズ、ラテン音楽、アコースティック・ポップ、HRにブルースなんだ。

6.どんな種類の音楽でも好きなんだ。どんな音楽を聴いていたとしても、違った種類の音楽に素晴らしさを見出すものさ。ファンク、R&B、ソウル、ゴスペル、ラップ、ヒップホップ、ジャズ、アシッド・ジャズ、パンク、HR、ロックンロール…と何でも聴いているよ。俺にとって一番大切なのは、ミュージシャンが自分がしている事に魂を注ぐ事なんだ。好きなミュージシャンやバンドを全部挙げるとなると更に10ページ必要だけど、最重要なのはPRINCE、Trence Trent D’arby、Aretha Franklin、Stevie Wonder、George Michael、Seal、DEEP PURPLE、THIN LIZZY、(初期のWHITESNAKEの)David CoverdaleにVAN HALENさ。

7.楽しくやろうよ、いつもね。

 

 

 

 

HUSH FACEBOOK: https://www.facebook.com/HushNorway/

STREET TALK (1997)(日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1998年発行の弊誌S-ROCK vol. 3に掲載された、1997年当時のSTREET TALKの質問状回答を掲載します。

 

 

1997年当時のSTREET TALKのメンバー:

Fredrik Bergh (Key/Vo)
Tomas Olsson (G)
Andreas Lidberg (G/B/Key)
Jon Persson (Ds)

 

 

(質問)
1.最近はどんな事をしていますか?アルバム製作?コンサート?それとも休暇中?
2.最新アルバム/デモテープについて教えて下さい。どんな所に注目して欲しいですか?好きな曲は?
3.「日本」という言葉から連想するものは?
4.ミュージシャンとしてのゴールを教えて下さい。貴方自身はどうですか?
5.貴方の音楽キャリアとどんな音楽を演ってきたのか教えて下さい。
6.音楽的嗜好と好きなミュージシャン、バンドを教えて下さい。
7.S-ROCKの日本のファンにメッセージを下さい。サインもお願いします。

 

 

 

STREET TALK FACEBOOK: https://www.facebook.com/sttalk

Jon Persson (Ds) – STREET TALK (1997) (日本語)

STREET TALKの1997年当時の新作は”COLLABORATION”で、Göran Edman、Kristian Andrèn、Conny Törnell、Christian Johansson、Daniel Jonsson、Jörgen Anderssonを迎えて制作されました。

 

 

 

1.音楽の勉強をしているよ。

2.STREET TALKの”COLLABORATION”アルバムさ。2曲目の”If You Say It’s Over”と3曲目の”Standing In The Rain”が好きさ。

3.カメラと笑顔の人々!

4.自分が演る音楽を通じて自分の考えや感情を表現出来る様になる事。

 

 

5.若かった時はDEEP PURPLEやTOTO等の音楽を演るのが好きだったな。今はJohn ColtraneからJOURNEY迄何でも演るよ!

6.DEEP PURPLE、THIN LIZZY、John Coltrane(素晴らしいDsのElvin Jonesと共に)、Sting、Peter GabrielやJOURNEYがほんの一部だよ。

7.Carpe Diem(1日の花を摘め)